Are you willing to die? 久々の再会



ワタシは飽きっぽいという宿痾を抱えているので、あんなに愛した「カジノ・ロワイヤル」でもそうしょっちゅう観ていたのでは萌え尽き症候群を起こしてしまう。そこでここ2ヶ月弱ばかりは「カジノ」を封印していた。3ヶ月以上は観ないで置こうと思ったのだけど、昨今日本版の発売で、身辺で昨日も見た、今日も見る、という声がサワサワ、サワサワと起こっていて、やっぱり面白い、日本語字幕が出ると感情移入し易くてウットリだわぁなどと言われると「あぁ、ワタシも新鮮な気持ちでウットリしたい…」と少し周囲が羨ましくなり、新鮮な気持ちになるためにはもう少し封印した方がいいのだけど、禁断の玉手箱を開けて久々にボンドさんと対面することにした。

モノクロの「Yes. Considerably.」から、一転して極彩色のオープニングへ。この主題歌を聴くと、やはり劇場で最初にドキドキしながらスクリーンを見つめた期待感が甦ってくる。ワタシは、このオープニングのアニメーションのボンドさんの動きがとても好きなのだけど、殴られた時の体の反動とか、殴り返した時のネクタイの跳ねあがり具合とかが、本当に絶妙な間合いと角度で、とてもいい。  
♪武器を取れ、どこからも助けは来ない …あぁ俺の体を流れる冷たい血 その名は分っているはず く???。 でも冷たくないなぁ。ボンドさんの血は相当に熱い血である。

そしてモンテネグロの列車のシーン。丁丁発止とやりあったあと、バッグを肩にさっさと食堂車を出て行くヴェスパーを見送って、「ぷふん」と鼻で笑うシーンだが、猪口才だけど面白い女だな、という感じである。やっと噛み応えある女に出会った、という笑いのようにも見える。ちと噛み応え有り過ぎだったが…。


ぷふん

この後、ホテルに入り、化粧室のヴェスパーにドレスを持ってきて、凄い早口で、けれど息を抜いた独特の発声でダニエル・ボンドが言うセリフ。「君にはファビュラスでいてもらわないと困るんだ。君が入ってきて俺にキスすると、他のプレイヤーが君の首筋に見とれてカードの事を忘れる…どうだい、俺のために、やってくれるかな?」という時の、語尾の「You can do that for me?」の言い方が、またこれ、罪なぐらいにひそやかな抑揚なのである。やっちゃうやっちゃう、ワタシで良ければいくらでもなんでもやってあげてよ、と毎度思うシーンだ。

そして非常階段の死闘。前にも書いたけどヴェスパーをル・シッフルの泊まっている階に一緒に連れていく必要はない。見せ場を作るために脚本に無理が生じているシーンであるが、まぁ、そういう事には眼をつぶり(だってそのシーンがないとボンドとヴェスパーは魂で繋がらないわけだから)その後シャツを着替えてプレイを再開したボンドは、しかしヴェスパーがカジノに戻ってこなかったのに内心中っ腹である。「なんだよ、全く。俺にだけ仕事させやがって」かどうか知らないが、なんだかムカっ腹なご様子で部屋に戻ってくる。ドアを開け、カードキーをヤケクソのようにそこらに放り投げる。「なんで戻ってこなかったんだ」と文句を言ってやるつもりでいると、ワイングラスが欠けているのが目にはいる。気がつけばシャワールームから水音がずっとしている。ここでシャワーを着衣のまま頭から浴びているヴェスパーを見て、はっと胸を衝かれるボンド。初めて見た時から気になる女だったのだが、ここで彼の心は決定的に彼女に引き寄せられるのだ。彼女の中に潜む「不安な少女」を感じたボンドは、その横に迷わず着衣のまま座る。強気で、口を開けば小憎たらしい皮肉しか言わないヴェスパーが、そっと彼の太い腕に頬をつける。その瞬間、彼女の痛みが伝わったかのように一瞬はっとするボンド。その後いたましげに彼女をじっと見つめる視線が優しい。この時の「寒いかい?」という問いかけの声がまた、ねえ…。



そしてあのヴェスパーのテーマともいうべき音楽。音楽効果絶大。この曲はここぞというところで流れるのだけど、どの場面でもとても情感を盛り上げるのに寄与している。翌朝のシーン。バルコニーでマティスと話す時のボンドの顔はなんだか少しはれぼったい。二人で何時までシャワーに打たれていたんだか…。いくらお湯でも、いい加減にしないと風邪をひいてよ。


ソニー!

その後、毒を盛られてヘベヘベになりアストンに。SOSを出し、本部から「指示をよく聞け」といわれて泣き笑いのようなシワシワの顔で「I’m all ears」という時は一瞬、やたらジェームズ・カーンに似ている。脂汗をいっぱい掻いて、瀕死の状態のシーンでも売りの青い瞳のアップ。どんな場面でも非常にキレイに発色している。とにかく、いつでもどこでも常に、彼の瞳は澄んだブルー。曖昧な色に映っている場面はなく、常にきっちりとブルーなのだ。


常にBlue


拷問の後、誰もいない砂浜を二人で占領し、「君は本心が見えない。だから君が好きなんだ」というシーンの顔は光線の加減でなんだかマイケル・キートンにとても似ている。


キートン顔

折角いいセリフを言っているシーンなのに、もうちっと別なアングルで撮れなかったものだろうか。そして、この本心を見せない女のために、仕事さえ投げ打つボンド。冷たい血どころではない。あつあつの熱湯状態である。裏切られても、その肉体が滅んでも、一人の女を愛しつづけるのだ。純情一途な人殺し。それがダニエルのボンドなのである。

                  >>この記事へのコメント





些か気になること



ちょっと気になるのさ

なんとか手元に届いて、気になるセリフをチェックしたり、あれこれと楽しんでいる「カジノ・ロワイヤル」UK版ではあるが、UK版のせいなのかどうか、どうも映像がさしてクリアではない気配がする。チャチな間に合わせのリーフリデッキで見ているせいなのかどうなのか、音声も貧弱である。まぁ、これは自分のもっているAV機器が今のところ古色蒼然たるシロモノなので、UK製DVDのせいばかりにも出来ないけれど、劇場で何度も見てきた映画をDVDと比べて画質や音質が気になったのは今回が初めてである。(むろん劇場のスクリーンや音響とうちの貧弱というもオロカなAV機器の差は100も承知、割引に割り引いて考えた上でのことである)それはやはり海外版という事も影響しているような気がする。なんというか、劇場で見たときのイメージに比べると映像はピントが甘くなんとなしにシャープさが足りない気がするし、音はとにかく薄い。だから、買わずに済ませようと思っていた日本版ではあるが一応押さえておくことに決めた。画質や音質の違いがもしあったとしたら、それを比べてみるのもまた面白いかもしれないし、何しろ今回日本版は初回限定生産の割引価格なのでUK版よりも安いのである。買っておいても損はなさそうだ。

音声はミニコンポに繋ぐとプチプチプチシアターぐらいな感じにはなって、TVで音を出しているよりはいいのだけど、それでも何か音が薄っぺらいという印象は否めない。映像のクォリティとともに、そのへんは些か気になるところではある。(ただ、あのオープニングのアニメーションはとても鮮やかで劇場で見たイメージと変らなかった。主題歌は音が貧弱なので薄味で聞こえてくる)

けれども、字幕で何と言っているのか知りたかったセリフが把握できたのはささやかな喜びだった。たとえば列車で最初にヴェスパーとやりあうシーンで、「あなたは素敵だけど、その素敵なお尻よりもワタシは政府のお金を見張っているわ」というヴェスパーに対してボンドが「そりゃ残念だ」と答えているところ。ボンドは何と言っているのか私は凄く知りたかった。「You noticed」とおっしゃっていた。ふほ、小さくスッキリ。

また、大勝負が終わってヴェスパーと食事をしているシーンで「あなたって人を殺しておいてすぐに気分を変えられるのね」といわれて「それが仕事だからな」と答えるシーンのセリフは正確には何と言っているのかというと「Well, I wouldn't be very good at my job if it did 」とおっしゃっているのであった。この時の声の低さ。その低音のなんたる心地よい響き具合か。

今日みたいな大風の吹く春の嵐の日には、居心地のいい部屋のなかで寝転んだり、ワインやビールを片手に好きなものを食べながらボンドさんの「I'm Yours」をじっくりと味わうのもDVDのある楽しみである。ミニコンポに音声を出すと、ダニエルの声が本当によく響く声だという事がわかる。チェロみたいな響きの声である。この声と青い瞳は、本当に天が彼に与えた大きな財産だ。微妙にピントが甘く感じる映像の中でも、ダニエルの目は変ることなく冴え冴えと青い。地中海の青にも負けないその瞳。じっとヴェスパーを見つめるその瞳を、またワタシもじっと見つめつつ、至福の日曜日を過ごそうと思う。

             >>この記事へのコメント

誰よりも君を愛す

at long last…ボンドさんご到着。もうとっくに着いていなければならないところだったが、ダンボールの包装がかさばって郵便箱に入らずに再配達となり、不在票は郵便箱のチラシや広告の山の中に紛れてしまっていた。20日あたりには到着のはず、と思っていたのに届かなくて一体どうしたのかと思いつつ、21日は祝日なので配達もあるまいと諦め、昨日は友人たちと飲み会で御前サマになってしまい(桜の近くの店で花見も兼ねるはずが、先週の寒さで予報も外れて桜もまだ蕾だった。花見はまた来週にでも持ち越しである)、それでも部屋に入る前に郵便箱も一応チェックしたがDVDはまたも届いておらず、あれれれ?と思っていた。今日の午前の配達まで待ってみたがまだ来ないので、よもやと思って郵便箱の底3分の1ほど積もっていたチラシやDMの山をつかみ出してチェックしていたら…不在票がありました。そこに「外国郵便」の文字が。定型外にマルがされていて、20日の午前10時に一度は我が家に来ていたボンドさんはひゅるる?っと郵便局へ舞い戻ってしまっていたのだった。ナンタルチヤ。2日も郵便局に寝かせてしまって…。けっこう大きな郵便箱なのでたかだかDVD1枚エアメールで来ているんだし、そのままスポンと入っているはずだと思いこんでいたのである。何事も安易な思いこみはいけませんね。
でも、今夜7時、ついに我が家にご到着。最後のところでもたついて、いい加減ヤキモキしたが、待ちに待ってようやくのことに彼と再びの逢瀬である。


ついに我が家に!

ああ、懐かしいその声、その姿。その面影。どんなにこの日を待ったことか。劇場での音がイメージに残っているので、我が家のお粗末なAV機器では映像はともかく音声がとても貧弱なのが残念なところだけれど、そんなことは脇へ置いて、我が家にボンドさんがやってきた。いつでも会いたい時に会えるようになったことが、とにもかくにも嬉しい限り。思えば昨年の秋にトレーラーを見て以来、封切を待って待って待ちわび、ダニエルその人が初日に新宿ミラノに来るとか来ないとかの噂に行こうかどうしようかと迷い、でも来なかったら新宿で見るのはいやだなぁ、などと迷っていたら、本当にちゃんとミラノに現われて(おすぎと共に)舞台挨拶もしてくれたダニエル。「BOND22」のキャンペーンでは、もう舞台挨拶まではしてくれぬかもしれないし、折角東京に住んでいるんだから新宿ミラノまで行けば良かったとちと後悔もしているけれど、帰らぬ繰言はさておいて、やはりボンドさん、あなたはこそは最愛の男。XXXXもケルソーさんもそれぞれに素敵だけれど、ああ、夢ではない ただひとすじ 誰よりも、誰よりも君を愛す。

しかし、いまさらながらに「カジノ」はデヴィッド・アーノルドの音楽が効いている。場面場面を的確に盛り上げるこの音楽と、テンポよく流れるシーン。そして、ワタシがもう一度見たいと願っていたこの顔。Mに厳しく突き放されて、ふっと目元に翳のさすこの時の表情。



そして、なぜか劇場で見たときにいつも「ほぅ…」とウットリしてしまった豪華列車の食堂車で、メニューが手元に来るまでの僅かな間なにげなく窓の外を眺めているこの横顔。他にもっとウットリするシーンはいくらでもあるのだけど、ワタシはなんだかこの時の横顔がさりげなくてとても好きなのである。ふぅ???。



これからはいつだって好きな時にこの列車のボンドさんにも会えるのだ。好きなだけ見つめていられるというのは、なんと幸せなことであろうか。

ついでに挙げると、このMの用意してくれたアストンに乗りこむ時、上体をきゅっとひねって車内に座り、斜めに視線を滑らす時のこの表情。これも好きである。



これから、カジノでの大勝負もあるし、ベネチアでのヨットのシーンもあるし、あれこれと見たいシーンが目白押しである。リーフリデッキのご機嫌を損ねたら目も当てられないので、ヤワヤワと貴婦人のように恭しく取り扱いつつも、好きなシーンは何遍も繰り返してみなくては。でも、特典映像の方は既に何度も Youtubeで見てしまったものばかりなのでなんら目新しいものはなかった。毎度思うことだけれどあまりYoutubeであらかじめ動画を見てしまうのも考え物である。有り難味や新鮮味が幾分薄れてしまうのは否めない。けれどもそれは今後の教訓に活かすとして、今宵は久しぶりの再会に酔いしれたいと思う。「カジノ・ロワイヤル」は何度見ていようとも不変の輝き。久々にステキング・ダニエルのシャワーを浴びてうっとりとため息のワタシ。今夜は長い夜になりそうである。

*補足*

久しぶりに「カジノ」を観ていてふと気づいたのは、ここ2、3ヶ月、あれこれとダニエル作品を観たお陰でその顔が脳裏にもうおなじみになり、最初に「カジノ」を劇場で観た時に比べると、あ、こういう顔はあの作品でもしていたな、とか愛嬌のあるカワユイ表情も随分しているな、と思うと同時に、画面の中のボンドさんがボンドさんではなくてダニエル・クレイグとして見えてくるという奇妙な逆転現象が起きてきた。


ボンドでなくダニエルと認識してしまう感じ

あまりにその顔にあらゆる角度から親しんだのでそんな現象が起きてきたらしい。面白い。そして、もう一度会いたいと思っていたもう一人の人物にも再会できた。オーシャンクラブの受付嬢である。


ベイビー 久しぶり!

このブロンディをワタシは初めて観た時から妙に気に入ってしまい、彼女にも密かにもう一度会いたいと思っていたのだった。この望みもささやかに実現したので二重にハッピーな夜である。


                 >>この記事へのコメント







最後の鑑賞



行ってきました。見納めに。初見者二人と連れ立って。
この二人、一人はRさんといって、予告編で例の水着姿のマッチョぶりにびっくりし、ひたすらそればかりが脳裏に残り、何かといえば「あー、あの筋肉凄いよねー」ばかり言っていた人。もう一人のHちゃんは、絵に描いたようなイケメン好きで、伊藤英明とかベッカムのファン。ダニエルのことは「あー、あのいけてない水着で海から上がってくるシワの多いおじさんでしょ?」とのたまっていた。ふっふっふ。そんなことを言っていられるのも今のうちだよ。たんと言っていなさい。たんと。
シネコンはざらっと6割5分の入り。まあ、一番頃合の客数だ。今回は、4回のうちで、一番センターで、もっともスクリーンの観易い位置だったかもしれない。
ワタシは3人のうちスクリーンに面して左端に座った。これはけっこういいポジション。初見者の反応をなんとなく覗いつつも、自分だけの感興に浸りたいときには浸れるポジショニングである。我ながらナイスだった。ちなみにワタシの左側にはラッキーなことに誰もいなかった。ワタシの右隣はRさん、その向こうに Hちゃんが座を占めた。
そして、「カジノ」が始まった。モノクロシーンから一転して鮮やかなオープニングに入るあたり、二人とも身じろぎもしないでスクリーンを観ている。このオープニングが気に入った、という事だろう。そこから更に畳み掛けるようにマダガスカルのシークエンスに突入。二人がオープニングで結構画面に入っているようだったので、このあたりはワタシもまた手に汗を握りつつ高層アクションを堪能した。
Mに叱られる場面から一転してバハマのグリーンの海が一面に広がり、例のボンドさんが海から上がってくるシーンが来た。筋肉だけをひたすら言っていたRさんがどんな食いつきをしているかと横を覗うと、彼女は更に自分の隣のHちゃんの方を観ていて肝心の画面を見ていない。あれれれ?と思ったらなんとそのシーンの始まる前にHちゃんがニヤっとしつつRさんの横顔を見たので、恥ずかしくなってしまい、Rさんはついにあれだけそのシーンだけを唱えていたのに、肝心の部分を見逃すハメになったらしい。妙なところで純情である。
マイアミ空港の爆破阻止後のニヤリが終わり、手首に発信機を埋め込まれると、森の中を走る列車が見えてきた。ここは二人なんかに気を取られている場合ではない。ワタシの一番大好きなショット、食堂車でメニューが配られてくる前に一人で窓の外を観ているボンドさんが映るシーンである。なんでもないところだけど、この時の横顔がとっても好きなので、ここを見逃してはならないのだ。なんかこの時の横顔は本当に男前でさりげなくていい。十二分にうっとりさせていただいた。このあと勢いよくヴェスパーが歩いてきて二人の丁丁発止のやり取りになる。横の二人がこのやり取りに興味を持っているのがわかる。その後カジノのシーンに移る。彼女たちはやはりルールが分らないらしく、何やってるのかわからないなりに、どうにか読み取ろうとしている気配が感じられた。でも、やっぱり二人が、というかワタシからはすぐ横のRさんしかはっきりとは分らないのだけど、例のシャワールームのシーンになると俄然、一段階、中に入ったな、というのが感じられた。やっぱり女性客にはあのシーンは最強のカードである。うまく考えてある。でも、Rさんはその前の非常階段の死闘後にボンドが洗面台の前で疲労困憊で傷を洗い流すシーンでも息を詰めて見ている気配が感じられた。う?ん。今日もとても辛そうに血を洗っている。お疲れなのね…。でも、また賭博場に戻るのね。ご苦労さま。
と、まあ、こんな調子で、とにかくその後はもう、流れのままに一気呵成に見て、エンドロールに達した。そして、いつも見ると思うことだけど、非常階段の前のシーンで、ボンドはヴェスパーを連れてル・シッフルの部屋の階に行くことはないし(自分だけ行けばいいのだ)、勝負に勝ったあと何故間抜けなフェリックス・レイターはル・シッフルを取り逃がしたのか(このへんは原作もそういう流れで、全く説明もない)とか、最後の金の受け渡しで、ヴェスパーがわざわざ現金を引き出して自分で持っていく必要があるのか、とか、見せ場をこしらえるためにムリにそうした部分の不自然さというのはどうしてもぬぐえない。(お金については拷問の件で支払い先が変更になったので仕方なく、という事もあるだろうけど、この電子マネー時代に、些か古風すぎやしまいか)そしてベニスの廃屋で、ホワイトは一体、いつの間にどこからケースを拾ったのか。あの爺いめ、と、もう、最後なので、一応妙なところへの突っ込みは入れておくことにした。次回はもう少し???の無い設定で脚本を作ってみてほしい。
というわけで、基本的には、ただ黙って見つめてきました。ボンド別れの晴れ姿。DVDでまた逢う日まで、しばしのお別れである。そして同行の二人はどうなったかというと、劇的に変ったのは否定度の高かったHちゃんのほうだった。「かっこよかった、目が凄いきれい」とちょっとうっとり目になり、明日から PCの壁紙をベッカムからダニエルに変更するとのこと。来たよ、来たよ。ダニエル症候群が。Rさんの方も肝心の水着は見逃したものの、顔が童顔だよねー、時折少年みたいな感じでカワイイとのたまっていた。筋肉だけではない事が分ってなによりである。よりファンになってしまったのはHちゃんの方だったようである。否定から入ると、イメージが逆転した時の反動はその分大きいので、最初から筋肉は肯定していたRさんより、インパクトが強かったのかもしれない。このへんが妙味である。ともあれ二人とも「面白かった」と大喜び。ワタシも4度目ともなると3人ぐらいで見にいくのも悪くないなと認識を改めた次第。ダニエル効果で、誰にとってもハッピーな一夜だった。

…ダニエル、今日もまた、ちょっとキレイ目の女子二人がファンの列に加わったよ。ニクいなぁ、この女殺し。

          >>この記事へのコメント

パスワードはV・E・S・P・E・R   

ヴェスパーは自分が囮になったために、捕らえられてしまったボンドがどんな目に遭わされるか、分っていただろうか?彼の苦悶の声を聞きながら、どんな思いで居たのだろう。ホワイトと取引をして、辛くもボンドの命を救った時に、彼女はそこではっきりと自分は死ぬ覚悟をしたのだろう。ル・シッフルが死んだという事もあったにせよ、彼女は恋人を捨て、最終的にボンドを取った。運命とはいえ、二重三重の裏切り。

死の拷問から蘇ったボンドが小康状態になった時、彼の前でヴェスパーが素直になったのは、過去を振り切ってボンドの愛につかの間でも応えようと思ったからに違いない。死線を脱し、好きな女を目の前にして生まれたての子供のように安らいでいるボンドを見ては、彼女は高ぶってくる自分の感情を抑えることができない。



「たとえあなたが全てを失って、笑顔と小指の先だけになったとしても、
あなたは私にとって、男の中の男よ」




(なんでそんなに高ぶってるんだ?俺はもう大丈夫だよ)
「…君は俺の小指の技を知ってるか?」
「知らないわ」
「試してみたい?」



ここでボンドは究極の愛の言葉を彼女に囁く。  
「俺の鎧は君に脱がされた。裸の俺は、いついかなる時にも、まるごと君のものだ」
彼女の頬をつたう涙。
I'm yours. こうまで言われて裏切らなければならぬとは、いかなる星のもとに生まれて来たのだろう。
そして、彼女は更にボンドの想いを知ることになる。彼が決めたスイス銀行の口座のパスワードは「V E S P E R」。それは二人が出会った日に、カジノで決めたパスワードだ。6文字以上で、と行員に言われて彼の脳裏にはすぐさま彼女の名前が閃いたのだ。ボンドは愛と信頼の証に、彼女にそれを入力させる。スペルを辿りつつ3文字目で自分の名前に気づき愕然とする彼女。入力しおわると、よろめくように背を向け、椅子にへたりこむ。額に手を当てて身を支える。ボンドの無垢な笑顔さえ、見るだに辛い。彼を愛さなければここまで辛くもなかっただろう。初対面の印象通り、ずっと厭な奴だと思っていられたらどんなに良かったか…。

体が回復し、二人の関係が深まるにつれ、ボンドは明日をもしれないスパイではなく、ただの、一人の平凡な男として生きたいと願うようになる。二人のベッドで、ボンドが彼女との将来を夢見ている時、傍らのヴェスパーは彼を残して、一人旅立たねばならない日の事を考えている。それは今生の別れ、二度とこの世では会うことのない別れだ。この次、連中から連絡が入ったら、彼女は行かなくてはならない。それは本当に遠くない未来、ほんの数日先のことかもしれないのだ。
平穏な未来を思う男と、永遠の別れを考える女。
つかの間の幸せに浸りながらも、二人の間には既に此岸と彼岸とを隔てる川が流れている。


●当ブログのダニエル・クレイグ関連記事(「カジノ・ロワイヤル」関連含む)一覧

           >>この記事へのコメント