「天皇の料理番」

-案外いい感じの2015年版-
2015年 TBS



そういえば昔、堺正章主演で「天皇の料理番」て連続ドラマがあったなぁ、と、新しく「天皇の料理番」が連続ドラマになるという噂を聞いた時に思い出した。昔のドラマは1980年だったらしい。そうだっけ。まぁ、とにもかくにもけっこうな昔だ。日曜の夜に家族で観ていた記憶はあるのだが、細部はすっかり忘れてしまっている。明石家さんまが出ていた事を漠然と覚えているけど、あれは何の役だったんだろう…。あのテのドラマを今のキャストでやってどうなんだろうねぇ、と思っていたが、評判が良さそうなのでちらっと観てみた。篤蔵に佐藤健てスマートすぎやしないの?と思っていたけど、案外ハマっていて面白い。おまけに薫サンも出てるなんて。…侮れない。

「ウォルト・ディズニーの約束」(SAVING MR. BANKS)

-ほろにがい追憶への香華-
2014年 米 ジョン・リー・ハンコック監督



いかにもな邦題もイヤだったし、メリー・ポピンズにも原作者にもウォルト・ディズニーにも興味がなかったので、観ることもなかろうと思っていた映画だったが、少しまえに、たまたまWOWOWから流れてきたので何とはなしに横目で見始めてみると、想像していたノリの映画とは違ったので、いつしか最後まで観てしまった。

「日本のいちばん長い日」

-昭和20年8月14日正午から昭和20年8月15日の正午まで-
1967年 東宝 岡本喜八監督



前に一度見た事があったのだけど、ヘビーな内容ゆえに、その気にならないとそうそう再見できない映画なので、暫くご無沙汰していた本作。先日、日本映画専門chで放映されたのを捕獲しておいて、たいそう久しぶりに鑑賞してみた。この映画は三船敏郎演じる阿南陸相の切腹シーンがやたらに印象が強いのだけれど、今回再見して、他にも忘れがたいシーンが沢山ある見事な群像劇だと改めて感じ、この映画の放つメッセージもしみじみと受け取った。