独断と偏見で選ぶ「美しいテニス選手の妻および彼女」たち



テニスの試合中継を見ていると、観客席の、選手の関係者らが座っている「プレイヤーズ・ボックス」がよく映る。そこには大抵、コーチや選手の親などと一緒にガールフレンドや妻が座っている。スポーツ選手の妻や彼女には美人が多い(中にはそうでもない場合もあるけれど…)。そんなわけで、あくまで試合中継の合間に折々映る姿を見た印象によるのだけど、ワタシなりにこれはナイス!と思う「美しいテニス選手の妻および彼女たち」をピックアップしてみた。

休養明けのおっさん達の鬼神ぶりが凄い

−No.1、2シードが揃って早期敗退 大波乱の全豪2017−



2017年全豪の4回戦、錦織は健闘及ばずフェデラーにフルセットで敗れた。けれども、これは錦織のテニスが悪かったのではなく、フェデラーのテニスが神がかって凄かったためだろう。まずサーブの威力が強烈すぎ、スーパーショットが炸裂しすぎた。コーナーを狙ったショットの正確さは比類なく、悪魔的なほどの精度だった。錦織は出だしは良かったが、途中つまづきかけ、メンタルも崩れかけたが何とか立て直し、脇腹痛に耐えながら彼としてはあらん限りの力を振り絞って戦ったが、サーブの威力とショットの精度に差があり、フルセットに持ち込んだけれども勝てなかった。しかし、今夜のフェデラーを相手にしたら、錦織でなくても、誰でも負けたにちがいない。というか、2017年の全豪はフェデラーが勝つのではあるまいか。もうジョコもマレーも居ないし、何より、誰もあんなテニスに勝つことはできないにちがいない。

2017年の全豪が始まる

−錦織圭、またもヘビーなドローを引き当てる−



テニス・ファンになると、ほぼ1年中トーナメントが楽しめて、シーズンの開幕まで何ヶ月も待たなくていい、というのはありがたいな、と思う。とにかく1月からすぐにトーナメントが始まり、なんだかんだでTOP選手は11月まで公式戦をやっている。師走だけがオフで、年が明けたら、またすぐにシーズンが始まる。
というわけで2017年のシーズンが始まり、いよいよ最初の大イベント、全豪オープン本戦が迫ってきた。


「ザ・クラウン」(The Crown)シーズン1

2016年〜 Netflix(Sony Pictures Television Production UK他)
−王族という星のもとに−



Netflixお試し視聴中に面白そうなので見てみたNetflixオリジナルの新作ドラマ。
「英国王のスピーチ」のその後、という感じのこのドラマは、父王ジョージ6世亡きあと、若くして王冠を戴くことになった女王エリザベス2世の若い時代、女王のつれあいという立場に甘んじたくない夫や、周囲から認められない恋を貫こうとする妹と、女王という自分の立場との板挟みで悩むエリザベスをめぐる王室の人間模様、また、晩年のチャーチルなどの総理大臣を通じての政府との関わりを通して、即位から数年の若き女王の姿を描いている。
エピソードの端々まで、さもありなんという感じで、脚本もきめ細かく、撮影も美しく、クオリティの高いドラマだった。


今年も宜しくでございます