スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブレードランナー(完全版)」

~永遠の強力ワカモト~
1982年 米/香港 リドリー・スコット監督



このほど「ファイナル・カット」版が劇場公開になった「ブレードランナー」。劇場で観るチャンスだし、行こうかどうしようかと迷ったが、何しろ東京では新宿三丁目でしかやってないんですわね。まぁ、府中とかで上映されてるよりは全然行き易いわけですが、なんだか微妙に億劫になっちゃって。(相変わらずヘタレなワタシ)レディースデーもないシネコンだし。銀座か六本木だったら行ったかもだけど…。そんなわけで劇場でみるのは断念し、久々に通常の「ブレードランナー(完全版)」を鑑賞してみた。
昔、ちょっと影響を受けていた先輩(♂)がこの作品の大ファンで、二言目には「ブレードランナーではさぁ」と引き合いに出していた。この人の薦めで最初にこの映画を観た頃の小娘だった自分を思い出す。お薦めに従って「ブレードランナー」に続いて「未来世紀ブラジル」も観たっけな。…懐かしい。

middle_1196256940.jpg

それにしても、この何年たっても色褪せない近未来社会の光景はどうだろうか?その後随分いろんなSFを見て、いろんな近未来社会を見たが、「フィフス・エレメント」で幾らか斬新なものを感じた以外は、この「ブレードランナー」の未来社会像を最初に観た時のストライキングな印象を超えるものにはまだお目にかかっていない気がする。
のちに「ブラック・レイン」で、あのワヤワヤでガチャガチャの猥雑な大阪を、どこか別の個性的な都市のように描いて見せたリドリー・スコットだが、漢字や、和や中のテイストを巧みに配して、奇妙な近未来感を醸し出すことに成功した第一人者だけあって、やはりこの「ブレードランナー」での不思議都市の描写は、もはや定番とか古典とかの域を越えた永遠の輝きを帯びるに至っていると思う。「強力ワカモト」にはびっくりしたなぁ、昔。ひょえ???!ってなもんだった。この映画の封切り時点でさえ、「強力ワカモト」は既に過去の遺物的な存在になっていたと思うのだけど、それにポップな色合いを帯びさせるとはねぇ。誰にでも出来る芸当じゃありません。

middle_1196256972.jpg
ワカモト!

町の上空をゆっくりと飛びながら、人々を洗脳するような言葉を降らせていく奇妙な広告塔(塔じゃないな、広告円盤?)。サーチライトを巡らせて、ゆっくりと低く飛びながら、女の声で謡のような節回しの奇妙な音楽を発している。これは妙に不気味で、監視社会というイメージを端的に持たせるのに凄く効果的だ。

音楽はヴァンゲリス。この頃もの凄く流行った。この人は「炎のランナー」と「ブレードランナー」が代表作。“ランナー”専任作曲家である。それだけあって、音楽が物凄く味わいを添えている。いまさらながらにいい仕事。ワタシが車を運転する時によく聴くお気に入りのCDの中には「ブレードランナー」のテーマ曲も入っている。夜、あの曲を聴きながら走るとなんだか心地よい疾走感が味わえるのだ。

この「ブレードランナー」の影響を受けたと思われる近未来像の最右翼に劇場用アニメ「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」(1995)がある。押井 守を一躍世界的クリエイターに押し上げた作品だが、この作品の持つ奇妙なテイストはかなり「ブレードランナー」に近いと思う。主題歌の、奇妙な節のついた大和詞の歌詞なども、「ブレードランナー」の広告円盤から流れる謡を彷彿とさせる。香港をベースにしたアジアな背景の中に、ピンポイントで和のテイストが混ざり、そのアジアテイストとしては特に先端的でもなんでもない昔からの光景が、妙に近未来社会としてシックリきているという点でも「ブレードランナー」をきっちりと踏襲しているように感じられた。

middle_1196258550.jpg
攻殻機動隊 香港テイスト

middle_1196258586.jpg
ブレードランナー的アジアはやや和テイスト

あれは機械化社会の生んだひずみと99%まで体が機械になっても人としての心(ゴースト)を失い切れない男や女の精神のさすらいを描いた話でもあるので、思えばテーマからして何やら「ブレードランナー」的なのである。ラスト近く「人形の館」のような古い家にデッカード(フォード)が入って行って、ダリル・ハンナと死闘を繰り広げる。廃屋の、無人の部屋の扉をあけると一斉に飛び立つ鳩…。この人形だらけの館なんてのも、ちょっと攻殻機動隊の続編「イノセンス」とカブったりするイメージだ。その攻殻機動隊に影響を受けた作家がまた新たなSF作品を作ったりするんだろうし、ジャパニメーションと欧米の映画は今後も互いに影響を与え合っていくのだろう。

「ブレードランナー」といえば、レプリカント。レプリカントといえば美人レプリカント、レイチェル というわけで、この作品でのショーン・ヤングは何度見ても美しい。ゴージャスな毛皮のコートがよく似合って40年代のハードボイルド映画に出てくるヒロインのようでもある。その襟を高く立てた毛皮のコートは、20年代にガルボ様がお召しになっていたようなデザインで、非常にゴージャスである。美人が羽織らないと、とても観ちゃいられないシロモノ。ヤングは美人の上にスタイルも抜群で、程のいいコケットリーもあり、ワタシはけっこう買っていたのだけど、ふ?、伸びなかったなぁ。ショーン・ヤング。

middle_1196258673.jpg
美しかったヤング

何せ、あまりにもビッチ過ぎたのである。愛されるビッチじゃなく、本当に「ケ!何をこいてやがる!!」と思われちゃうようなビッチだったんだろうと推察される。かなり変った性格だったらしいし。何よりもエキセントリックな性格とビッチな言動が災いして、あの素晴らしいルックスを、この作品以降うまくキャリアに生かすことができなかった不運な女優だ。この作品以外では「追いつめられて」で途中で殺されてしまう政府要人の愛人役が良かった。
この人のエピソードでは、あの「バットマン・リターンズ」の際にどうしてもキャットウーマンがやりたくて、お手製のキャットスーツを作り、それを一着に及んでプロデューサー宅に押しかけアピールしたものの、アッサリと役はミッシェル・ファイファーに浚われて、その涙モノのアピールも甲斐なく終わったというもの。いかにもという感じで好きである。そういう空廻りをしてしまいそうだ、ショーン・ヤングって。美人なんだけどなぁ。中途からすっかりB級路線に格下げになってしまい、昨今ではついに姿も見かけなくなってしまった。どこでどうしているのやら…。演技も下手じゃなかったので、余計に惜しい気がする。彼女のキャットウーマンも良かったと思うんだけどねぇ。製作側は撮影中のゴタゴタを懼れたんだな、きっと。

middle_1196258731.jpg

この作品でのハリソン・フォードはひたすら影が薄い印象だったのだけど、今回観なおしてみたらそうでもなかった。彼の語りが時折入って話が進んでいくのだが、その語り口がワタシの大好きなマーロウ物を想起させる。マーロウの一人語りのハードボイルド物にかなり近いテイストなのだと今回気付いた。久々に観ると前には気付かなかった色んなことにふと気づいたりする面白さがある。

レプリカントは緑の血を流し、老化が早い。刷りこまれた偽モノの家族の記憶を後生大事に抱え、自分は人間だと信じて生きている。感情も芽生えるのに、ただ使役されるために作られ、人間より遥かに短いほんの数年の寿命しか持たない。ただ道具のように使役されるためだけに製造されたと知ったら、そりゃ反乱も起こしたくなるだろう。だが、ただ少し長く引き伸ばされただけで、それは人間もさして変らないのである。どこから来て、どこに行くのか、誰も知りはしない。分っているのは、いま、ここにいる事だけである。自分が生きている事の意味など、ちゃんと把握している人がどれだけ居るのか。
だとしたら、人もレプリカントも、そこにどれほどの差異があろうか…。

middle_1196258776.jpg
クールで哀しいルトガー・ハウアーのロイ

ネクサス6型は特に外見からでは区別がつかず、熟練者の特殊な尋問により、瞳孔の開閉を拡大鏡で仔細にチェックしつつ、人かレプリカントかを識別する、なんていうのも、観ていてけっこうワクワクした。(レクサスって車の名前を聞いた時、どこかで聞いたような響きだと思ったのだけど、このネクサスだったのか。ふ?、小さくスッキリ)タイレル社の内装といい、どこのシーンも美術がいい。独創的で世界観が確立している。

主要な出演者の中で、とにかく一番目立たないのがハリソン・フォード。対するレプリカント役のルトガー・ハウアーのクールでかっちょいい事と来たら全くもう、この当時は映画を観終わった後で、作品全体が彼の印象で覆われるほどだった。彼といい仲の女レプリカントにあぁ、キュートだったダリル・ハンナ。別の映画で人魚だったこともあったが、彼女も中途から恐るべき変貌を遂げ、タラちゃんに請われてカリフォルニア・マウンテン・スネークとして隻眼のオソロシイ姿で遂に殺し屋になってしまった(キルビル・シリーズ)。この人もショーン・ヤングとはまた別な方向で変ってる人のようだけど、この作品では若くて可愛かった。 が、観ていくと後にカリフォルニア・マウンテン・スネークに変貌していきそうな気配がこの作品でも既に漂ってはいるのだ。やっぱり元々その人間の内部に全くない方向へは、人は進まないものなのだ。出演俳優のその後の動向を踏まえつつ観るという事ができるのも、再見の面白いところで、歳月がたつとあれこれひとしお感慨深い。

middle_1196258842.jpg
人形の館

それにしても、リドリー・スコットのイメージ世界は少しも古くなっていない。むしろ、他のいろんなSF映画を観たあとで、これを観ると「あぁ、やっぱりこうでなくちゃね。これが観たかったんだな、ワタシは」という気にさえなってしまう。金字塔を打ちたてた作品はなんでもそうだと思うけれど、傑出したオリジナリティだ。
シド・ミードの美術とヴァンゲリスの音楽も、相乗効果で最高の仕事っぷりを残している。

ラストで、ルトガー・ハウアー演じるロイの手元から飛び立っていく白い鳩は、さまよう魂の救済の象徴か…。それとも遂に自由になった彼の魂が鳩の姿で空へ飛び立っていったのか…。
飛べ、鳩よ レプリカントの友よ。


「ディレクターズカット」版は、このラストとは全く異なるラストだという事なので、是非観なくてはと思っているのだけどなかなかお目に懸からない。でも、それを見た後でも、ハードボイルドタッチが好きなワタシは、この最初の公開版の方がいいと感じるような気がする。なんとなく…。頑固なもので。くふくふ。

      コメント(20)