「ありふれた奇跡」 第2話

いやー、2話目は山田太一的アイタタが満載な回だった。冒頭のカフェでのやり取りはあまりに些細なところにコダワり、ほじくっていき、互いにギクギクと細い糸の上に乗って探り合った上に、同じような心情じゃなかったのね、と突如加奈(仲間)が逆上して勝手にキレるという流れ。山田節炸裂の上、仲間嬢のギコギコセリフでうわららら?、と思いつつも、山田太一的会話のイタいほどの相変わらずぶりにホロニガな笑いひとつ。



初回を上回って、主役二人の会話はイタタ度を増している。そうそう、そういえば山田太一って、男の子がちょっときれいな女の子に対すると、面と向かって「こんなキレイな人とボクが会っているなんて…」みたいなありえないセリフを言わせたりするのだったなぁ、と苦笑い二乗。お馴染み山田テイストなのだけど、ますますセリフ的にはリアルワールドとの乖離が進んじゃっている。そのくせ、「鬱」とか「ひきこもり」とかの現代必須アイテムを繰り出し、非日常的な会話に乗って、2009年的事象がつむがれるという不思議な事になっている。そのイタイタしいセリフの中に、ちらちらと仲間嬢演じる加奈のメンヘル系メンタリティが妙にリアルに浮き彫りになってくるあたりは、怪我の功名なのか、さすがの山田節なのか、いや、さすがの山田節なのでしょね。やはり。山田氏でなければ、そんな大技は使おうにも使えない。ベテランのヒネリ技。

それにしても、あまりに些細なところにコダワった会話のため、「えぇい、もう、そんな事はどうでもよくってよ!」と言いたくなってしまうのを堪えつつ、孫娘と祖母、母と娘の会話に(ホントはこういう事言おうと思ってるんでしょ? 内心、ああいう事思ってるくせに言わないんでしょう)みたいな腹の探り合いが入ってくることに微妙な疲れを覚えもした。今回は加瀬 亮もあまり上手さを発揮できず、「ア?!」の不器用な連発に苦笑い三乗。(これは笑いを取るために入っていたのだろうけど、さして笑えず)でも左官道具の扱いなど、早くも手付きがこなれてきている気配あり。役者だなぁ。

ニコニコしているが、ちょっと曲者なお婆ちゃん(八千草 薫)のキャラが徐々に出始めている。
八千草 薫、もはやカワイイだけではないのだ。
2回目の収穫は、松重 豊が期待通りのテイストを醸し出していたところ。正直、彼が出ていなかったら2回目はかなりキツい回になったかもしれない。期待の一徳さんはキャラの裏側を想定させる動きは何もなかった。一徳が演じるのはどんなキャラのお父さんなのか、水面下から少しずつ現れてくるであろう、その素顔が楽しみだ。

仲間由紀恵は変わらぬ透明感でいつも綺麗なのだが、彼女は案外顔が大きく、脚がかなりのO脚。スリムなパンツは穿かない方が賢明なのだけど、まぁ毎度スカートってわけにもいきませんしね。数年前にそれに気付いた時かなり意外だったのだけど、そういう些細なバランスの悪さがいい具合に乱調を作り出しているのかもしれない。あれで完璧なモデルボディがくっついていたら出来すぎってものでしょうしね。

脇のエピソードの味付けと展開比率のさじ加減が、
このドラマが面白くなるか、萎んでしまうかの分かれ目のような気がした。
メイン二人の会話シーン比率が多くなると、ちょっとキビシィかも…見続けられないかも…アテクシ
とささやかな危機感を感じた2回目だった。 

コメント

  • 2009/01/17 (Sat) 00:20

    このドラマ、1月スタートの連ドラの中では一番面白そうだなあ、と思って、実際初回が今後に期待できそうな内容だったので第二話も見ようと思っていたら、何故か録画に失敗してしまいました。でもkikiさんのエントリーで大体のノリがつかめたので、第三話から見ても支障なさそうです。

    しかし、初回よりあのぎこちなーい空気感はなはだしいというのも凄いですね。収録のタイミング上すぐには補正がきかないものなのかもしれませんが、演出でうまいこと収束させられるのでしょうか。ともかく期待値は大なので次回は録画に失敗しないようにします。

  • 2009/01/17 (Sat) 01:39

    いやもう、ほんとにギコギコ状態でハラハラしたんですが、仲間嬢の演技自体は初回よりは良かった気がしますねぇ。山田太一の表そうとしたところは出ていたような気がします。ギコギコしたのは脚本によるところ大。だってもうセリフが…。セリフとそれにより醸し出される心的風景が、見ててあらら、あららららという空気を醸し出すんですわね。痛かった。ギコギコ度は際限もなくエスカレートして、どこまで行くのぉ?と眉の上に手をかざしてしまったほど。初回の方が面白かったけれど、まぁ、3回目以降に期待ですわ。それでなくても一徳さんのキャラが浮き彫りになるまではチェックしないわけにはいかないってもんですわよね、yukazoさん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する