「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

~ポール・ダノの神懸り~
2007年 米 ポール・トーマス・アンダーソン監督

middle_1209729446.jpg

久々に満員の映画館で映画を見た。上映館が非常に少ない事もあるだろうし、ハコが大きくない事もあるのだろうけど現在のところ需要と供給がつりあっておらず大盛況のこの作品。のんきなワタシは最初に観に行った日は最終回でソールドアウトを食らい(まぁ割引デーだから仕方がないけど)、たまげて前売りを買って捲土重来、やっと見てきた。

ダニエル・ディ=ルイスの映画を劇場で観るのは実に「存在の耐えられない軽さ」以来。何年ぶりになることか。今回はまた猛烈なオッサンの役で久々のご対面。静かな靴職人の境涯を投げ打って復帰を果たした作品ゆえに、ご本人は数々の主演男優賞に輝いたが、さて、作品の出来映えはいかに。

20世紀初頭のアメリカ。しがない山師で細々と穴を掘っては、足場が外れて穴底に落ちて骨折するなど、うだつが上がらなかったダニエル・プレインビュー(デイ=ルイス)だが、ある時ついにささやかに石油を掘り当てる。彼はそれを足がかりに、なおも石油の出そうな土地を巡っては土地を安く買い叩き、石油が出るとメジャーの石油会社に売る事を繰り返して蓄財していく。彼は常にH.W.という息子を連れ歩いているのだが、この可愛く賢そうな少年が脇についている事で、見知らぬ土地でも彼を人々は信用してしまいがちであり、彼はその効果をよく知っているので常にどこにでもH.W.を同道していくのだ。

middle_1209729486.jpg

少年H.W.を演じるディロン・フレイジャーが、とても目の印象的な少年で、大人のすることを自分なりに批評しつつじっと見ているような賢げなところが役柄によく合っていて好演だった。この少年時代のディロン・フレイジャーのイメージが強いため、大人になったH.W.を演じた俳優は違和感があって聊か残念だった。少ししか出てこないので別にいいようなものではあるが、あの少年が大人になって、こんな凡庸な雰囲気の青年にはならぬでしょう、というガックリな落差があった。
存在の色合いが違うのだ。
ともあれ、プレインビューがH.W.にもつ「愛情」は複雑である。仕事の為に必要であるからという事もあるし、誰にも気を許さない彼が、心の奥底では自分の縁者(実際には血縁でなくても)を強く求めているという副意識もあるだろうか。H.W.への感情は純粋に愛情だけでもないが、打算だけでもないのが随所にうかがえる。彼は自分の魂の拠り所として、少年時代のH.W.を求めていた感じもする。

ダニエル・デイ=ルイスはその小さな奥目が油断ならず、用心深く狡猾そうにチロチロと光って、常に髭だらけ、油まみれ、汗まみれの薄汚い姿で人を騙して土地を買い叩き、鉄のストローをつっこんでちゅるちゅると黒い水を吸い上げる欲ボケの巨大なキリギリスのような男を表現していた。 が、プレインビューという男のバックグラウンドについてあまりに語られないので、故郷や家でどういう事があって飛び出して山師になったのか定かでない為、元は普通の男だったものが次第に欲に歪んで行き着くところまで行ってしまったのか、なるべくしてそうなったのかの判別がつかない。
最初からクセがありそうで善人には見えないし、根っからの悪人というのでもなさそうな。
人が嫌いだから、早く大金持ちになって周囲から人を遠ざけたい、と彼は言うのだが、その望みがかなった果てにあったものとは…。

middle_1209729646.jpg

が、演技者としてデイ=ルイスよりもインパクトが強かったのがポール・ダノ。なりきって違う世界まで飛んでいきそうだった。この人は「リトル・ミス・サンシャイン」でしか見た事がなかったのだけど、モサーっと黙って無言の行を続ける内向的な長男ドウェイン役は強い印象が残った。頑固な黒ヒツジみたいで。メモに何事か走り書きしてうっすら悲しそうな目でそれを相手に見せる様子など、不思議な存在感がある俳優だなと思ったが、今回は存在感があるどころではなく、神がかっていた。若き宗教家イーライ・サンデーを演じる彼はアメリカ版の吉岡秀隆という雰囲気。

middle_1209729600.jpg
秀隆っぽいダノ

掘建て小屋のような彼の教会に信者を集め、関節炎に悩む老婆の足を祈祷で直すというくだりで「あなたの体内には悪魔が棲みついている。さぁ、悪魔よ去れ!」と手をぷるぷる震わせつつ、次第に熱して戸口の方へと憑かれたように両手を動かして「悪魔よ出て行け!」と祈るシーンのいっちゃってる事は凄かった。
薄気味悪そうにそれを見るプレインビュー。ワタシも引き気味で眺めつつ、イーライ、君が追い払わなくてはならない悪魔はそこにいるでしょうに、と思った。


神の代理人を標榜しながら、みみっちい自己顕示欲や計算を捨てきれないイーライ。
イーライの放つ偽善者のニオイに過激な拒否反応を示すプレインビュー。その彼は競争心が強く、誰とも折れ合っていく事ができないながら、どこかで自分が信頼できる相手を求めていたりもする。それは白か黒かなどと単純に決める事ができない等身大の人間の姿であり、H.W.への複雑な愛情も含めて、状況により善でも悪でもありうる人間の姿を描いているようでもある。結局、両者の人間関係のこじれがプレインビューに破滅を齎すわけではあるが、プレインビューの中に元々あったどす黒いものがイーライの存在によって掘り起こされて噴出した、という感じがした。
黒い石油が地底から噴き出すように。
それにしてもイーライ、悲しいほど最初から最後までプレインビューに負けっぱなしである。
あぁ無残、神サマなんていやしない。

石油といえば、地の底から地響きがしてきて、ガスが噴出し、ついで黒い油が轟音とともに湧き上がってくるシーンは迫力がある。やっぱり「ジャイアンツ」をちょっと思い出す。木の櫓の中を吹き上がる石油の柱が引火して空を焦がす炎が燃え上がる。石油が燃える炎というのは、なんだか異様な迫力がある。いずれにしても20世紀初頭はアメリカにもこんなに石油が埋蔵されていたのだなぁ、と妙な感慨が湧いたりした。

middle_1209729693.jpg

冒頭、乾いた西部の土地が映るあたり、なんとなく「ノーカントリー」とかぶるのだけど、あちらは無音の迫力で迫ってきたのに対し、こちらは絶えず背後に音楽が流れている。昔の黒沢映画みたいな音楽。どんなシーンにも必ず音楽がついてくるので時折邪魔に感じた。
映画としては「ノーカントリー」の方が面白かった。
俳優も、ワタシにはダニエル・デイ=ルイスより、ポール・ダノの方がインパクトが強かった。
しかし、久々に見るダニエル・デイ=ルイスは相変わらずひょろりと長身で脚が長く、最初の方で坑内に落下して脛の骨を折るシーンでは、ねじれた長い脚が本当に痛そうで、あの長い脛がもし本当に折れたらうまく繋がらなさそうだなぁ、ちょっとズレちゃいそう、などと余計な心配をしてしまった。

              コメント(10)