スラムドッグ$ミリオネア (SLUMDOG MILLIONAIRE)

~純愛と踊るマハラジャ~

2008年 英/米 ダニー・ボイル監督

1_20090507002444.jpg

今年のアカデミー賞で最多8部門を取ったと聞いても、何やらどうもいまひとつ食指が動かず、ずっと観賞がのびのびになってしまった本作。トレーラーの印象がイマイチどころかイマサンぐらいであまり面白そうに思えなかったのが、けっこう尾を引いたのね、とか思いつつ、ようやくの観賞。
いやまた、これがけっこう盛況でして。シャンテは近年、かける映画がかなりヒットしているので、TOHOシネマズに加わってネットでチケットが買えるようになったのは結構なのだけど、映画館の構造的にそんな大ヒットする映画をかけるようには出来てないのでもう大変。チケット売り場もエレベーターも、なんかもう本当に構造的にキビシイ。シャンテのチョイスは当る映画が多いので、大勢が詰めかけてもスムーズに収容できるよう折りをみて改装されてみてはいかがかしらん? と映画館に注文をつけたところで、本題へ。

インドはいまだにカースト制度に縛られている国なので、貧富の差は厳然として抜きがたい。とはいえ、貧しい人ってまだこんなに貧しいの?などとかなりあっけに取られてしまう貧しさ。主人公ジャマールとその兄サリームの生い立ちを観ていると、まぁ、確かにこんな状況で育てば、ちっとやそっとじゃめげないバイタリティも培われるでしょうねぇ、と納得した。

冒頭、ムンバイのスラムを活き活きと走りまわる子供たちをカメラが俯瞰で捉えるが、いやー、貧しいトタン屋根が入り組んでカスバのよう。そこにあのタムタムと太鼓の適宜入る、チャンカチャンカしたインド音楽が被る。
音楽使いはやはりダニー・ボイル。上手いですね。
それにしてもボンベイっていつムンバイになったの?アテクシちっとも知らなかったのことでしたわよ。インド門外漢。

この映画、ジャマールの少年時代は面白い。インドの子供ってとにかく目がくりくりして可愛いし、いかに貧しかろうと逆境にあろうと明るく元気で一向にめげない上に生活力旺盛で、体さえ動けば、いかなる状況も乗り切っていかれるという生活運動神経の良さをこれでもかと見せてくれる前半には妙なカタルシスがある。子役は幼少時が兄も弟も最も可愛いく、兄と弟の性格の違いも笑えるエピソードでしっかり描き込まれている。

2_20090507002445.jpg

貧しくても一応学校にも通い、転げ回って明るく生きていた兄弟だったが、ヒンズー教が圧倒的多数を占めるインドにおいて、兄弟の家はイスラム教信者だったため、ある日これを排撃しようとする暴徒に襲われ、目の前で母は殺される。兄弟は住むところも親も一挙に無くして、さすらいの旅に出るハメになる。この時、兄弟と同じく暴徒に追われてスラムを出た少女ラティカが行動を共にするようになる。

青年になったジャマールが「クイズ・ミリオネア」のインド版に登場して次々と正解連発で大金を手中にする。そのあまりの正解率に八百長疑惑を持たれて警察でリンチのような取調べを受けるシーンと、何故問題に答えられたか、という謎解きとして彼の生い立ちが交互に挟まってくるという構成。それにしても、いくらインドだってクイズの八百長容疑の取り調べにこんな非合法な手を使ったりしないんじゃないの?スラム出身だからったってクイズ番組の素人回答者にこんな事しちゃっていいわけ?などとちょっと見ていて引いてしまったりもする。

少年時代は可愛いのに、青年になったジャマールはきゅうりみたいな間伸びした顔でひたすらラティカ!と執念で初恋の少女を追い続ける。ラティカ役の少女は幼少時、少女時代、大人になってから、とどれもそれなりに美形の女子が演じていたが、大人になってからが一番詰まらなかったかしらん。キレイはキレイだけど、インド美人というよりもどこともしれないアジア系の汎用的な美人になってしまったという感じ。幼少期、少女期の少女たちはそれぞれにインドらしい風情があり、成人してからのラティカを演じていた女優よりも魅力があったように思う。

4_20090507002445.jpg
ラティカ 少女期

とにかく、面白いのは前半。ジャマールと兄サリームの子供時代が活き活きしていて楽しい。何しろインドって猛烈かつ苛烈なので、そういう世知辛すぎる世界を、子供がサバイバルするという状況を通して笑いながら見る事ができる。親なし宿なしの子供二人、それでも「どっこい生きてる」という雑草的なバイタリティには思わずニヤニヤ。浮浪児を集めて小銭を稼がせて巻き上げる組織に掴まった兄弟だが、そこから逃げ出して列車に飛び乗る。逃げ遅れた少女ラティカとはここで暫しのお別れ。兄弟は列車の屋根に乗って移動するだけではなく、折々客車に闖入しては通路で物売りをしてちゃっかりと稼ぎ、また屋根の上に引き上げる。ただ逃げるだけでは飽き足らず、寸暇を惜しんで商売するその根性がいい。描き方に暗さがなく、彼らが一時期浚われていく組織なども、子供をいたぶるオソロシイ組織なのだろうけど、なんだか手ぬるいところもあるのはご愛嬌か。このへんは1ミリの救いも妥協もない子供いたぶりの世界を「闇の子供たち」で見てしまったので、浮浪児を喰い物にするこの組織なども案外ヌルい感じなのね、などと思ってみていた。(確かにチップを増額させるために無理に目を潰される子供のシーンなどは…という感じではあったけれど)

3_20090507002445.jpg
バイタリティ兄弟

後半は、青年になったジャマールがなんとか大金を得て、執念のように思い続けるラティカと結ばれるためにあらゆる試練を乗り越えるという純愛物語になる。前半のカルチャーショック的面白さが消えて、よくあるベタな青春モノになったわけで、見終ると、ふぅん、なんだか他愛もないお話ね、チャンチャン、という気分になる。先週これを観てきたという友人が「インド映画はよく踊るよね?。踊るマハラジャって感じだったよ」と言っていたが、どこで踊るのかすぃらん?と思っていたら、エンディングでお約束ともいうべき踊りのシーンが待っていて、笑わせてもらいました。インド映画にはこれがツキモノで、いかに資本がUKやUSAであろうとも、そのお約束は外せないのね?、と妙に納得。ダニー・ボイルもそのお約束にしっかりと乗ってみた、というところだろう。
余談ながら、ワタシが子供の頃「三銃士」を読んで一番好きだった登場人物はアラミスだった。そのアラミスがポルトスよりもマイナーな扱いで第3の銃士だなんて、どういうこと!?クイズの問題として成立しちゃうぐらいに答えを知る人が少ないなんてアテクシ的にはありえなくってよ、とちらっと意義申し立てな気分になった。

アイデアやスピーディな展開で娯楽映画としてそこそこ面白くは観たのだけど、これがアカデミー8部門を取った作品となると、「へ?」という感じは否めない。インドという第3世界に目をつけたダニー・ボイルのアイデア勝利だったとしても、こんなんで8つも賞持ってかれたら、対抗馬の監督たちはさぞかし顎ダーンだった事でしょうねぇ。隙間なところに目をつけたのはお手柄だったにしても、あれこれ賞取るような映画なの?なんでもかんでも重苦しいテーマの作品に賞を出しておけばいいってもんでもないだろうとは思うけれど、でも、これはちょっと違うんじゃないかしらん、という気がした。トレーラーの印象ってやはり過たない。トレーラーから感じたもの以上の何かがあるのかな、と思ったけれど何も無かった。脳天気で楽しかったのでいいんだけど。でもこの手は二度とは使えなくってよん、と心の中でダニー・ボイルに囁いてみた。

コメント

  • 2009/05/09 (Sat) 08:14

    kikiさん おひさしぶり~!
    ホント!ホント!大人になってからのジャマールは
    きゅうりかへちまみたいだった(笑)!
    kikiさんのおっしゃる通り、緩急もパンチも
    効いてた前半と比べると後半はちょっと失速でしたねぇ。
    インドくささもアジアくささも感じないただの恋愛ものに
    落ち着いてしまったのは残念。
    そして、このニッチ商売、確かに同じ手はもう使えないね(笑)。
    ダニー・ボイルにはこんな華々しいスポットが
    当たるより、ホームのイギリスで、アメリカ資本も
    入らず、ウィットの効いた映画を撮ってもらいたいです~。

  • 2009/05/09 (Sat) 10:04

    acineさん。これ、面白かった、感動した、という人の方がマジョリティですね。感動はともかく面白かった!という人が圧倒的多数で。確かに面白かったんだけど、ワタシはけっこう拍子抜け感もあったりして。でも少年ジャマールが肥え溜に落ちるところあたりは、トレスポのトイレシーンを思い出しますね。あぁ、相変わらずだなぁ(笑)なんて。前半の乗りでそのまま後半はもっと問題提起みたいな事があれば「おお!」という感じになったのかもだけど、なんかご都合主義な娯楽映画で終わってしまったのねん、と残念な気もしました。でも久々ダニー・ボイルにスポットが当って、それこそ「どっこい生きてる」ぶりを見せてもらいましたね。このままメジャー路線にシフトしようなんて思わずにUKで原点回帰を目指してほしいもんですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する