「劔岳 点の記」

~ただ、地図を作るためだけに~

2008年 東映 木村大作監督



映画館でトレーラーを目にするたび、いまどきこんな「八甲田山」みたいな題材に需要はあるんだろうか?などと思ったりしていたが、劇場へ行くたび否応なしに毎回トレーラーを見せられているうちに、香川照之浅野忠信という組み合わせは悪くないなぁ、と思い始め、そうこうするうちに肉眼では生涯見ることもないかもしれない山の景色に妙に心惹かれるようになった。完全に制作側のツボにはめられた形だが、お陰で撮影の苦労のほどがしのばれるカットの数々を堪能できた。日本の自然はスケールが小さいなんてチッチッチ!これぞまさしく劇場の大スクリーンで観るべき映画。名カメラマンの初監督作品だけあって、どのシーンも見事に絵になっていた。

梗概:明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける。立山連峰にそびえ立つ劔岳は、その険しさから多くの者が挑みながら誰一人頂上を極められずにきた未踏峰の最難所であった。さらに、最新装備で初登頂を目指す日本山岳会という強力なライバルが出現、測量隊には陸軍のメンツという重いプレッシャーがのしかかる。そんな中、柴崎は前任の測量手・古田盛作を訪ね、信頼できる案内人として宇治長次郎を紹介される。そして翌40年、柴崎たち測量隊一行は総勢7人でいよいよ劔岳の登頂に臨むのだったが…。(all cinema onlineより)



というわけで新田次郎原作のこの作品、明治と雪山と陸軍のケチなメンツ問題という要素が三拍子揃うとやっぱり「八甲田山」的な空気も立ちこめるのだが、非常な難所である剱岳に観測点を設置する事に付随して、陸軍上層部から「その未踏の山頂に初登頂せよ!」との指令がごり押しに下る。陸軍が何人にも先駆けて初登頂の名誉を勝ち取れ、というわけである。その困難さに腕組みをする陸軍参謀本部陸地測量部の測量技師・柴崎(浅野)の前に、「そこに山があるから登る」日本山岳会の面々がライバル意識満々で立ちふさがる、というライバル物語要素も盛り込んである。この山岳会のリーダー小鳥に仲村トオル。この人もかなり不器用な感じなのに息が長い俳優だ。


キメキメの仲村トオル カッコ付けすぎだが、ハイカラさんってことなんでしょね

また、柴崎より数年前に剣岳の登頂を目指して果たせなかった先輩古田に役所広司。およそどんなジャンルの日本映画にも必ず顔を出す役所広司。なぜ監督はみなこの人に出てほしがるのか。確かにいい俳優だろうけど、この激しい需要は一体何故なのか、役所でなければ夜も日も明けないといったこの需要はなにゆえ…。彼は碇みたいな存在なのだろうか。この人が出ていれば安心、みたいな?ともあれ、三つ揃いのツイードのスーツ姿で図書館の裏庭で浅野と並んで立つシーンは、二人とも長身で姿がいいので目に涼しく感じた。また、初登場の弓道場でのシーンも、きりりとした紺の胴着姿が決まっていた。 役所広司、やはり絵になるという理由もあるのか。…小さく納得。



時代設定は明治40年だが、文句なしに明治の人っぽい雰囲気なのは山の案内人・宇治役の香川照之と修験道者の夏八木勲ぐらいで、主要キャストは浅野を筆頭に明治臭のしない俳優ばかりである。が、山の強力(ごうりき)さんや案内人以外は敢て強く昔風な空気を出さずに行こうという意図はあったかもしれない。殊にアサノや仲村トオルの衣装など、クラシカルな明治色をそこはかとなく散りばめつつも、現代的なニュアンスを盛り込んだいでたちで、衣装担当グッジョブ!という印象だった。(ちおっと仲村トオルの衣装はスカし過ぎな感じもしたけれど…)明治や大正時代の衣装に現代風なニュアンスを持たせると、またいい具合にレトロモダンな味が出るのはお約束。アサノに仲村に松田龍平。身長180cm前後の長身男子が揃っているので、衣装も頑張り甲斐があったのだろう。荷を背負った案内人の宇治(香川)と柴崎(アサノ)との対比も効いている。アサノは細身で長身、顔も小さく、帽子を被って、身軽そうに山道を登っていく。荷を背負った香川は掛け声は勇ましいが足がさして進んでいないシーンもあったりして、本当にけっこう重量のあるものを背負って撮影したんだろうか、とその肉体労働ぶりにため息が出た。


モロに雪中行軍状態 天は彼らを見放した?

なにせ明治40年。陸軍測量隊は登山靴などではなく、底に金具をつけた草鞋で未踏の山に挑むのだ。対する日本山岳会は欧州製の最新装備に身を固め、荷物もスマート。かなり負担も軽そうに見える。なにせ測量隊は測量ポイントに三角点を立てる為の資材も背負っていかなくてはならないのだ。先に剱岳に初登頂するのはどちらのパーティなのか。陸軍の名誉を背負わされながらも、測量という使命を完遂しようとする陸軍参謀本部陸地測量部か、または冒険心に突き動かされて未踏の山頂を制覇したい日本山岳会か。陸軍の名誉だの、狭い国の中で違う登山隊が一番槍を争い合う事のみみっちさなどに呆れつつ、されど明治、それが明治、という感じもする。


というわけで、見せ場は何と言っても剱岳および立山連峰の景観に尽きる。まさに、そこに行かなければ撮れない映像のオンパレード。頂上手前に立ち塞がる雪渓や、吹雪で西も東も見えない雪原。雲海の中に沈む夕日。峰々の向こうに裾野を長く引いて青いシルエットを浮かべる優美な富士山。宵闇が迫る時刻、残照を受けた剱岳の脇にうっすらと浮かぶ淡い月…。秋の紅葉から春先の雪山の厳しさを経て、夏山の頂上の清々しさなど、これでもかと登場する山の景観に、ただただ、ほぉ?と見入ってしまう。ワタシ的にはまさにそれを観に行ったわけなので、観られるに違いないと予想していた景色をあれこれと見せてもらって満足した。



撮影が困難を極めたろう事も、俳優の肉体的な負担が半端でなかっただろう事も、映像を観ていてアリアリと感じ取れる。俳優が本当に登っているのでなければあんな絵は撮れないだろう。俳優というのはまさに肉体労働の極み。香川照之は体力の極限まで使い果たしたのではないかと推察するが、そういう試練を経たからなのかどうなのか、この人は尋常ならざる目力を発揮していた。「日本人のいい顔」というものがあるとすると、この映画の香川照之もまさにその1つの典型ではないかと思った。「面魂」という言葉が久々に脳裏に浮かんだ。そして、気迫のこもった光の強い、いい目をしていた。この圧倒的な山のパワーに対抗する人間としては香川照之ぐらいの面魂をしていないと拮抗できない。この映画はまさに山と香川照之あってこその作品だと思う。



といって、彼以外にいい仕事をしている俳優がいないわけではなく、主演のアサノもなかなか良かった。物静かなインテリの測量技師の雰囲気が出ていたし、セリフが聞き取りにくい事では定評がある彼だが、今回は持ち前の低い声でしっかりとセリフをしゃべっていた。本格的な測量の前年に下見に行ったシーンで、山についてぽつぽつと語る香川の説明を聞いている様子がドキュメンタリーで秘境に行っているアサノを観ているような感じがした。演技をしているというよりも、謙虚に専門家の話を聞いているという空気が出ていて自然だった。血気盛んで生意気な若造測量士を演じた松田龍平は、最初のうち話し方がまるきり今の若造の口調そのままで、全然明治じゃないじゃん、セリフがダメすぎにしても程がある、と苛々していたのだが、色々あって血気と生意気が沈静した後半では、セリフが聞き取り易くなっていた。前半のあれは計算だったのか。それにしてもねぇ…。モロ師岡や蛍雪次郎などのクセモノ役者がクセのない役で脇を固めていたのもご愛嬌。蟹江一平や小澤征悦などの二世俳優も目についた。小澤征悦は軍人とか西郷どん御用達俳優である。いまどきは貴重かもしれない。また、「陸軍の名誉」にばかり拘っている参謀本部の上層部連中、陸軍大将になんと笹野高史。大将っすか!?という感じだが、肉体的な貧弱さが却って明治らしい雰囲気を出していた気がする。ゴリゴリとゴリガンな陸軍中佐に國村隼。嫌味で倣岸な陸軍中佐を狙い通りに演じていた。そして行者役の夏八木勲。「行者さまです」と指差す先に、岩の上に立つ後ろ姿を見たときに、もしや勲では?と思ったらやはり勲だった。彼が映ると急に虚構の芝居の世界に入ったような空気の変化があったのもちょっと面白かった。アサノの妻に宮崎あおい。若いのに髷の似合う女優である。アサノと宮崎が醸し出す柴崎夫妻ののんびりとした空気感も良かったと思う。でもこの奥さんはちょっと可愛すぎって感じ。



また立山温泉の旅館のあるじ役で石橋蓮司も顔を見せていた。この人はある時期からすっかり穏やかな役が多くなってしまったが、毒がなくなっても出てくるとなんだか嬉しい俳優の一人だ。役所から蓮司まで俳優を贅沢に使っているのは、さすが名カメラマン。ひと肌脱ごうという役者がそれだけ大勢いるのだろう。

荒々しい自然に翻弄され、地図を作るためだけに命がけで難攻不落の山頂を目指すことへの懐疑心に浸されたりしつつも、万難を排し、数ヶ月をかけて望んだ観測作業。陸軍の身勝手のために全ては徒労に終わるかと思われるが、ラストは険しい道を制覇したものだけが知る「山の仲間の連帯」の中に不条理も軍国主義も溶かし込んでいくという、山の仲間と測量隊讃歌で幕。ラストが些か弱いかなという気もするが、とにかく圧巻の景色は一見の価値はあると思う。



峨々たる剱岳の峰々や峻厳な山の自然の荒々しさなど、なんでもチンマリと小さく纏まっているように感じられがちな日本の景色が面目を一新して、違う角度から新鮮に眺められたという満足感があった。雲海の上を赤く染める朝陽や夕陽は一度どこかで観てみたいものだと思っているのだけど…。そのうちどこかの山に「行ってQ」しなくちゃなるまいか、などと柄にもない事をふと考えたkikiでございました。

コメント

  • 2009/07/01 (Wed) 17:12

    kikiさん、さっそく観てこられましたか。
    俳優、裏方さん、映像美、素晴らしい! と前評判高いですよね。
    邦画はあまり劇場で観る方じゃないんですけど(最近では「おくりびと」は観ましたよ)私もこれは大スクリーンで観たいなと思います。だから記事はまだ詳しく読めません、残念。
    それと、いつもながら思うんですけど、kikiさんは鑑賞したその日の内に記事を書いちゃうっていうのがすごいですね~。

  • 2009/07/01 (Wed) 20:58

    本日観て来ました!いつも行こうと思う前にkikiレビューがUPされてるので、ムホ~っと焦りまするわ。笑 ワタシは木村大作センセ(ふふふ)と香川ちゃん(んー、やっぱりちゃん付けは阿部ちゃんに敵わず…)そして、山!が目当てでした。
    それがそれが思わずアサノ氏にもホホホーっと。彼はその昔、浅野温子の刑事もので目が怖い犯人役で見てからどうも苦手でしたが、今回は非常に良い人!笑
    最後エンドロールの「仲間たち」ってのも捻りが効いて良い感じ。ワタシも山へ行ってQしたくなりました。

    • 吾唯足知 #uqr/pqJA
    • URL
    • 編集
  • 2009/07/02 (Thu) 07:22

    そうなんですよ、ジョディさん。観て来ました。「おくりびと」は家のTVで観ても別に差し支えないでしょうが、「剱岳」は封切り時に劇場で観ておいた方が絶対にいいですよね。ジョディさんも是非、大スクリーンで堪能されてください。
    さて。劇場に観に行ったものに関しては、なんかその日のうちに書いてしまわないと気持ちわるいんですよね。翌日予定があって記事を書けなかったりする場合もあるので。別にその日に書かなくても、1日ぐらい置いたほうがあちこちに目配りの効いた落ち着いたレビューになっていいのかもしれないんですけどね。(笑)

  • 2009/07/02 (Thu) 07:28

    お。吾さんも山に惹かれて行きましたか。「香川ちゃん」て、ちっと違和感あるなぁ。ふほほ。そうそう。アサノもいいでしょう?かなり毛は危なくなったけど、いい感じに役の幅を広げてきましたね。一時期オダジョーに押されて心配してたけど、どうやら乗りきりましたな。昨今いい具合に落ち着いてきたけど、あぁ、でも若い頃のロンゲの似合った美しいアサノがやはり忘れられないなぁ。昔のカフェレシオのCMでの白いザックリセーター姿、良かったなぁぁ。
    ところで吾さん、マラソンと並行して山登りもスタート?今年中にどこかに行ってQしそうな気配なり。(笑)

  • 2009/07/14 (Tue) 22:09

    私もようやく観てまいりました。
    今まで、実話!感動の何たら~というのがどうも苦手で敬遠してましたが、今回は何だか期待できそうな気配(kikiさん調ヨ)でしたので。
    圧倒的な映像美ですねぇ~。こんな過酷な撮影に挑んだスタッフ、俳優たち、すごい。吹雪のシーン、雪崩のシーンはどうやって撮ったんだろう???
    上の画像の中でもあげてる七人で歩いてるシーン、見事な雲海も印象的でした。
    浅野忠信は演技臭さがなくていいですね。(kikiさんには申し訳ないけど、彼の映画はほとんど見てなくて、昔のテレビドラマで何度かみたくらい) ドキュメンタリーのようで~自然というくだり、うんうんわかるわ~(笑)。この役を、変な熱演で空回りをする俳優が演じてたら、つまらない作品になってたでしょうね。
    それにしても、あの最後の譲り合い。奥ゆかしい謙虚な日本人の心とでもいうんでしょうか。
    二世俳優といえば、もう一人、強力の中にひょっとしてと思ったら、川谷拓三の息子がいましたね、そっくり。それから宮崎あおい、ちょっとイチャイチャし過ぎよ~(笑)

    立山連峰からあんなにはっきり見えるので驚いた富士山。実は二十歳の頃、富士登山したことがあるんですよ。御来光を拝んでまいりました。子どもからお年寄りまで登れるといわてれますが、結構しんどかったですよ。








  • 2009/07/14 (Tue) 22:56

    ジョディさん。ご覧になりましたのねん。これはやっぱりどうしても映画館で見ないとね、勿体ないです。ワタシは映画館至上主義ではないので、何がどうでも映画館で見なくては!という考えはないんですが、映画館で見なくてはならない映画、というものは存在するんですよね。そういう作品の封切り時にはなるべく劇場で見ようと思っています。で、これは大スクリーンで観て、ほんとうに映える映画でしたねぇ。出演者はみな3時間も4時間も山小屋から撮影場所まで歩いて移動して、ちょこっと撮影してまた山道を延々と戻る。強行軍ですよね。観測隊と撮影隊が完全に被ってる感じ。(笑)吹雪や雪崩は待って待って撮ったんでは?アサノは今回は素朴な実直な物静かな人を、自然体で演じてましたね。違うジャンルの映画では全く違うキャラになりますが、この映画ではさら~っと力を抜いていた感じで良かったです。最後の譲り合いですが、あそこまで行って何モチャモチャやってんだか、という気もちょっとしちゃったんですが、明治っぽく、日本人っぽいなという気もしましたね。拓ボンの倅さんについては気付きませんでした。香川照之の息子役かな。
    木村大作氏が「日本の屋根は全部映ってるよ!」と満足そうに叫んでいたけど、立山連邦から遥かにだけど、随分綺麗に富士山のシルエットが見えるんですよね。ほんと、あんな風に見えるのかと新鮮でしたね。富士山は誰でも登れるといわれているけど、今日も落石で人が死んでますからね。山で油断はできませぬ。でも富士山からの御来光というのはやはり一度は拝んでみないと、ですね。

  • 2015/04/24 (Fri) 14:47
    悪い映画ではないですが

    悪い映画ではないと思いますが。
    木村大作は、晩年の黒澤明に付いたので、その悪いところを受け継いでいます。
    その最大のものが、音楽が陳腐なことで、木村大作には音楽のセンスが全くなくて、その分映画の魅力を削いでいると思いましたね。

  • 2015/04/26 (Sun) 15:59

    この映画にどんな音楽が付いていたのか全く記憶がありません。ということは、あまりセンスがない音楽という事なのかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する