「カムイ外伝」

~走る松ケン~

2009年 松竹 崔 洋一監督



連休の中ほどで、ちょこっと出かけて(特に書くほどの事もないので記事はナシ)リフレッシュし、それじゃそろそろカムイ外伝でも見てこよかしらん、という事で観賞。去年の秋からこの映画が制作されるのを知って楽しみに待っていた作品なれども、公開が近づくにつれ、何やら残念映画であるらしいという風評もチラホラと聞こえてきて、それじゃまぁ、期待度をかなり下げて(というかゼロにして)どこがどう残念なのかを観る事に致すわ、という心持ちに。


梗概:鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おきてにがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)はそんな彼を裏切り者とみなし、執拗(しつよう)にその後を追う。ある日、漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことでカムイはその家族に歓迎されるが……。(シネマトゥディより)

白土三平の原作コミックも読まずに行った。原作を読んで映画に行くと、「ありえない!」「ダメすぎる!」という印象のオンパレードになってしまいがちだから。なにぶん、「期待」というのは大いなるクセモノ。持たない方が平和である。で、どうだったかといいますと…。

監督が崔 洋一というのも「……」だったが、ワタシ的には脚本がクドカン(宮藤官九郎)というのを最も懸念していたのだけど(コメディならともかく、あのノリをカムイで出されてもオジャンですしね)意外な程、全くクドカン臭は無かった。その代わりに始めと終わりに所々ナレーションが入ってしまうという致命的な欠陥が…。う?む。いかな名優・山崎 努のナレーションといえども、ナレーションは邪魔だ。映画としてダメである。生い立ちから必殺技までナレーションで解説してどうするというのか。そこを解説抜きにセリフと動きで見せるのが映画でしょうに。一体どうなるんだこれは…と思いつつ観ていると、中盤ナレーションはなかったのでどうにかこうにか最後まで観終えた。

とにかくこの映画では馴れぬ事の連続で、自らの怪我で撮影を中断もしたのも苦しかったのだろう松ケン。彼として思い入れの強い作品であるのはたどたどしい東北訛りで語られるカムイのプロモーション活動からも伺われた。結果として思い入れ甲斐のない作品に仕上がってしまったのは残念な事だが、彼としてはある程度までカムイらしさを出せていたのではないかと思う。


カ?ムイ?!!

元陸上部員・松ケン、なんたって足が早い。とにかくマシラのようにシャシャシャーっと画面を走りぬけるシーンは爽快感があった。彼自身の動きはスピーディでシャープ。殺陣も切れよく頑張っていた。が、全編を通して「あ?あ」と思うのはワイヤー・アクションのシーン。あのワイヤー特有のふわ?っとした動き出しや、高いところから地面に降り立ったのに、なんかふわりと降りちゃって…みたいな現実感のない浮遊感は白けの元だ。せめて動きだす時にはこれから動くんだから力が漲って勢いがなくてはならないだろう。なんかこう、動きにメリハリがなく、ふわんふわんしているのがどうにもねぇ…。垂直の崖を左右に飛びあがりつつ昇っていくシーンなどは、まさにゲーム画面の中のキャラクターのような動きで観ていて興ざめ。こういうモロCGというのも今更にダメな感じがした。
でも、松ケンはカムイにピッタリであるというのは観る前の印象と変わらない。今、カムイを実写映画化するなら、やはり主演は彼以外にいるまい。だから、折角の企画をちゃんと生かすための演出と脚本の人選を誤ったのは非常に残念な事だった。松ケンにとっても、観客にとっても。松ケンは初アクションのわりに動きの切れは良かったが、彼の少年時代を演じたイ・ハソンという少年も鋭い動きとアクションの切れで短い登場シーンながら目だっていた。

さて、松ケン以外に楽しみだったのは薫さんこと小林 薫だが、彼はさすがに期待された役割をきっちりと間違いなくこなしていた。薫さんはもっとお痩せさんだと思っていたけど、漁師のおとっつぁん役とあって、体がよくないと説得力がないと思ったか、薫さん的にはちっと増量し、筋肉もつけて、日に焼けた漁師のオヤジらしい感じを出していた。

 
漁師のとっつぁんの薫さん

女抜け忍・スガルを演じる小雪は、いやもう、とにかくデカくてゴッツいですね。顔も般若みたい。あらゆる危難を乗り越えて、強い猜疑心で生き残ってきた女抜け忍の感じは確かに出ていたと思う。女の割りにアクションの切れもよかったかもしれない。役には合っていた気がする。しかしゴッツいなぁ、小雪。
大雪って感じである。いや、雪崩かもしれない。



スガルの娘でカムイを一途に愛するサヤカを演じた大後寿々花は、素朴な顔の純朴な島娘がカムイに一目惚れで惚れてしまって、もう、身も世もなく好きで好きで堪らない…という感じがよく出ていた。彼女の演技が一番、真に迫っていたかもしれない。とかくに惚れてはいけない男ほど、のめりこんでしまうもんでございます。

主役・松ケンに対する敵役で登場の伊藤英明は黒装束でなにやら五右衛門のよう。眉毛をキリっとさせているのでルックス的には一番の男前だが、脚本のせいもあるだろうけど、何か役としてすっきりしない。特に伏線も無いし説明不足でなんだかなぁ、という感じは否めない。演じる側としても演じにくかったろうとは推察されるが、画面映えはしていた。



そして、こういう忍びモノにはつきものの「狂気の権力者」であるが、今回は西国の一領主・水谷軍兵衛がそれ。演じるのは…あら、これ佐藤浩市なのね。宮迫かと思ったわ。このご領主さまのキャラもなんだか中途半端で何のために必要なの?という感じでもあった。役が中途半端なので、薄っぺらく権力を行使する気まぐれな領主の狂気も、役者の力量不足があいまってただのアホ殿にしか見えない。その妻役の土屋アンナに至っては何しに出てきた、という感じでさっぱり無意味。ヅラも似合ってないし、引っ張り出された方も気の毒という気がする。


どこから見ても宮迫の佐藤浩市

原作を読んでいないので何とも言えないが、ご領主さまの追っ手と、カムイを追う大頭(イーキン・チェン)の追っ手とが互いに何の関係もなく島を襲ってくるので、観ていると混乱する。何がどうなってるの?一体、どうしてこんな皆殺しのバラードになってるの???とはてなマークが充満してしまうのだ。これはやはり脚本がマズイんでしょうね。意表をつくストーリー展開を狙ってるんだろうけど、ただ説明不足な感じでドタ!ドタ!と不器用に話がトンでしまう。クドカンだけじゃなく、崔 洋一も脚本に手を入れているようなので、余計にまずくなっているのだろう。イーキン・チェンという人もこれで初めて観たのだが、こんな使われ方でいいんだろうか。気の毒に。

観終っての印象は、予想したほど酷くはなかったが、残念映画には違いない、という感じ。やはり演出と脚本のまずさは如何ともしがたい。折角松ケンをカムイに持ってきながら残念な事だと思わないわけにはいかない。忍びの世界の非常さも、狂気の権力者のおぞましさ、恐ろしさも、映画の中でしっくりと噛み合わず、また個々にもなんらじんわりと胸に響いてこない。映画はつくづく脚本と演出である。忍び映画でこれ!というものを作るというのはかなりハードルの高い事なのかもしれない。殊に白土三平の世界ともなると、映画化はよほどの出来でない限りドン・キホーテを免れない事になってしまうのだろう。

…と、結局のところ、かなりのコキ下ろし大会になってしまったけれど、良かったところも挙げときますと、クナイ(シュリ剣みたいなもの)などが切っ先鋭く飛んでくるのをスローモーションで捉え、それをすんでのところでカムイが交わすシーンは何度か出てくるが、これは良かったです。それなりに迫力もあったし、臨場感もあった。そして、なんといってもこの映画は、ハヤテのように森や砂浜を走り抜ける松山ケンイチの姿、これに尽きると思う。

コメント

  • 2009/10/08 (Thu) 00:40

    松ケンさん、ずいぶんと厚着(原作カムイは結構肌を露出してたよ)
    小さい頃アニメ見てました(たぶん再放送)。原作マンガはその後兄貴が買ってきました。
    なのでかっこいい予告編にちょっと期待したんだけど、ネット上ではえらい言われようで。
    宣伝すごかった甲斐があってか興行成績も上々のようですが、それと映画の良し悪しとは別問題なんですね。
    原作もアニメも知らない人達(40年程昔の作品だしね)からこうもダメ出しされるとは。松ケンさんの頑張りしか評価されてない。なんか「MW」を思い出してしまいました。
    かえって知っている人のほうが余計な説明なくても瞬時に理解できるのかもしれないですね。でも私はTV放映まで待つ事にしました(←意気地なしです、すみません)
    白戸三平氏のホンネが聞きたいところです。
    今度は「ヤマト」の実写版が控えているけど、大丈夫なのかなあ?

  • 2009/10/08 (Thu) 21:18

    garagieさん。松ケンは厚着でしたねぇ確かに。あのアニメでの赤い衣装はかなりの露出度だったけど、あれを着せるんでもないだろうし衣装はどういう感じになるのかしらん?とも公開前には思ってました。ワタシも子供のころに多分再放送でアニメの忍風カムイ外伝は見てます。(サスケもね)そのへんの事は2月の記事「松ケンasカムイ」に書いてます。白土三平の原作コミックも「スガルの島」は読んでないけど他の巻は2冊ほど持ってましたよ。だから背景については一応分かって観に行ったわけですが、この映画のダメさ加減は背景を知っている、知らないとかの問題じゃないんですねぇ。何がどうダメなのかは観れば分かるのでお楽しみに。確かにう~む、な映画化としては「MW」といい勝負かな。でもワタシ的には「MW」の方がまだ楽しめた気がしますわ。なもんで結局、「走る松ケン」以外観るところのない映画になってます。ほんとそれだけですね、これは。出来のよくない映画がヒットだけしてしまうのも考え物ですが、涙ぐましく奮闘し、宣伝にも努めた松ケンゆえに、興行配収は彼への努力賞って感じかな、と。予告編だけはよく出来てたんですけどね。

  • 2009/10/11 (Sun) 03:12

    kikiさんこんばんは。
    私もこの作品、予告編はうまくできていたと思いますよ。予告編が面白そうだったから、楽しみにしていたのに・・・冒頭のアクションシーンで、もう私的にはダメでした。10年前の「マトリックス」の方が滑らかでシャープな動きですよ。これはもう監督の力量の問題なのでしょうか。
    役者陣・・・特に松山ケンイチが頑張っていただけに、ワイヤーアクション&CGのダメダメさ加減にうんざりしました。残念としか言いようがありません。

  • 2009/10/11 (Sun) 20:38

    mayumiさん。
    これはいろんな意味で残念映画って感じでしたね。ワタシはワイヤーアクションもだけど、序盤の語りも凄く興ざめ。「そして運命の女・スガル…」ってなんだそれは?って感じ。演出もダメだけど、一番ダメなのはやはり脚本でしょうね。クドカンもあまりに自分のフィーリングを出せない仕事だったんで投げたのかも。松ケンが雑誌のインタビューで「もう一度カムイをやりたい」と言っていたけど、今度はちゃんとした脚本演出でもう一度やりたいって意味かしらん…と言葉の裏を読んでみたりして(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する