スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシの好きな男たち


久々のやんちゃくれ

先日、「カジノ・ロワイヤル」地上波初放送がありましたねぇ。
ワタシの周辺には、ボンドのダニエルは最高!という女子が3人ほどいる。
みな、ご他聞に漏れず地上波で久々に「カジノ」及びダニエルを見て
萌えが再燃した、と口々に言っていた。

その代表格のhちゃんについて書くと、地上波放送を英語で聞いて字幕を出して観たそうな。
DVDよりも翻訳が良かったし、新鮮だった、と言っていた。
ワタシは日本語版を観るのは初めてだったので、吹替えで時折ちらちらと観ていた。
ダニエル・ボンドの声はピッタリで、ふむふむと満足して頷いた。

「やっぱりカッコいいわ?、あんな人居ないかなぁ」(…居ないよ)と
×イチのアラサー美女・hちゃんは言い、「話も切なかったよね、改めて涙したよ」とシンミリし、
「ダニエルはなんたってスーツ姿が最高よ?」とまたウットリしていた。
そう、彼はスーツ姿が特に良いのである。いつも背筋がシャキっとしている。

ダニエルは動きがキビキビしている。切れがいい。
セリフも歯切れよくシャキシャキしゃべる。
姿勢がいいし、動きもシャープで綺麗だ。
このまえ、「ライラの冒険」を、冒頭のダニエル登場シーンだけ初めて見たが、
アスリエル卿をやっている時でさえ、動きの切れがよく、キビキビして
広い肩幅で着こなすスーツの肩が、いい感じに「男」だった。
彼が言いたい事を言って、ユキヒョウを連れて立ち去ってしまうと、
この映画への興味は消え、ワタシの「ライラの冒険」観賞は終了した。

***
話は変わるが、二度目の観賞は女子と一緒に行こうと思っていたので、
「男と女の不都合な真実」を先日、hちゃんと観に行った。

hちゃんは、「映画は面白かったよ?。キャサリン・ハイグルもいい感じだったし。
でも、あのジェラルドなんとか(注:ジェラルド・バトラーのこと)って人は私はダメだわ?。
もう一人のお医者さんの方がいいんじゃない?」と予想された通りの事を言った。

はいはい、そうね、といなしていると、
「あのジェラルドさんさぁ、あのまん丸な顔に汗かいちゃって
どうしちゃったの??あのラストシーン、暑苦しすぎるわ。
あの“怪人”と同一人物とは思われないよ?、太っちゃって。
あんなに肉がついたら、もうあの仮面は付けられないんじゃないのぉ?」 と来た。

はいはい、君が彼を苦手な事は分かったわよん。
でも、ワタシは仮面の怪人の彼に惚れたわけじゃないから
仮面はもう付けられなくてもいいのよ、マイ・フレンド。
彼は油断すると顔に肉がついちゃうのが玉に瑕なの、見逃してやってちょうだい。


やはりこのぐらいに引き締まっていないとね

ワタシはダニエルも好きだし、Mr.Gも好きだ。
二人はそれぞれに持ち味が違うし、どちらがよりどうこうという事はない。
どちらもワタシのお気に入り。ワタシの愛する男たち、だ。

彼らはまるで異なるようでありつつも、共に駆け出し時代に「トゥームレイダー」物でアンジー先生に
鍛えられた過去を持ち、ダニエルの「レイヤー・ケーキ」とMr.Gの「ロックンローラ」
どこかしら印象のカブる作品だ。同系統の映画だという事もあるのだけど、
ガイ・リッチーとマシュー・ボーンの関係性は元より、
出演者が微妙にカブっている作品でもある。

「レイヤー・ケーキ」でドラガンという殺し屋を演じていたドラガン・ミカノヴィッチは
「ロックンローラ」にも登場してロシアの大富豪の用心棒を演じているし、
「ロックンローラ」でハンサム・ボブとして登場するトム・ハーディは
「レイヤー・ケーキ」では冒頭、ダニエルと共にドラッグを袋詰するシーンで、
ケンブリッジを出たが奨学金を返すためにこの仕事をしているという
クラーキー役で出演している。Mr.Gが演じるワンツーは、ダニエルのXXXXほど
際立った存在感はないのだが、そこがこの2本の映画の大きな違いかもしれない。
映画としての出来も「レイヤー・ケーキ」の方が良い。

ともあれ、ダニエルには「カジノ・ロワイヤル」をしのぐような感銘を
与えてくれる作品にまた出てほしいと望むし、
Mr.Gには「Dear フランキー」の時のように、出てきた途端に有無を
言わさず鷲掴まれるような雰囲気をまた期待するワタクシ。

ともあれ、ダニエル萌えの気分が少し甦ったところで、近々「慰めの報酬」でも借りて来て
死んだ女への思いに浸りつつドライ・マティーニを啜る
憂わしいボンドの表情でも久々に堪能するとしましょうかね。

コメント

  • 2009/10/15 (Thu) 00:39

    お久しぶりです。
    このところ、夫が定期購読しているアシェットジャパンの007コレクションでダニエル以前のボンドを見てるうちに欲求不満がたまってしまいました。どのボンドも全然魅力を感じないんですもの。やっぱりダニエルボンドのように人間の内面を表現されてないと、心動かされません。

    というわけで、最近また「カジノ・ロワイヤル」を見直しています。一年ぶりに再見した翌日に、偶然地上波初放送してたのも見ました。
    正直これまで、この作品を見る目的が、ボンドの表情や動きのセクシーさを堪能するためのみで、そこから醸し出されるす内面は漠然としか想像していませんでした。
    でも、さすがに今回はストーリーの一連の出来事やボンドやヴェスパーの事情とか、内面についていろいろ考えるようになりました。

    そしてkikiさんの3年前のレビューを再び読んで、さすが、ここまではっきりと諸々のことをイメージできてらっしゃるのに改めて感服いたしました。

    当分私は暇さえあれば、ボンドとヴェスパーそれぞれのストーリーを想像したり、フェリックスは何でル・シッフルを取り逃がしたのかなどあれこれ考えたりしそうです。

    • ようちゃん #4ihH6cqY
    • URL
    • 編集
  • 2009/10/15 (Thu) 01:00

    ようちゃん。ダニエル以前のボンド物というのは娯楽性優先のおちゃらけスパイ映画的なノリですよね。いまだに人気の高いショーン・コネリーの作品にしても、改めてみるとビックリする程バカバカしいシーンがあったりして唖然、そして大笑い、みたいな。あれはひたすらにコネリーが体現したイメージのみが売りなんでしょね。他のボンドに至っては特に言及する事もないぐらいですが、そうそう、一番地味なジョージ・レーゼンビーのボンドは半年ぐらい前に映画チャンネルでちょろっと見たけど、「あ~、こりゃ当らないわ」という感じでした。ようちゃんは3年たってまた「カジノ」萌えが盛り上がってるみたいですね。ワタシはこのブログを始めた時に散々書くべき事は書きつくしてしまったのであの作品については一段落しちゃってますが(昔のレビューを楽しんでいただけて何よりざます)、数日前、本当に久々に地上波初登場を見ていたら、「カジノ」のトレーラーに夢中になっていた3年前の秋をふと思い出しましたよ。ようちゃんも暫くは頭の中でサブストーリーを考えたりして楽しめそうですね。久々に観る、というのもいいもんですわ。

  • 2009/10/16 (Fri) 08:18

    こんにちは。ほぼ最初の時期から拝読させていただいてます。
    ひさしぶりのダニエル・クレイグの記事なので、思いきって初コメントさせていただきました。
    たまにこうしてTV放映を観るような事があると、「やっぱりいいな…」と思いますね。
    私はジェラルド・バトラーについてはよく分からないのですが、そのうち何か観てみようと思います。

  • 2009/10/16 (Fri) 23:52

    私もダニエル熱再燃の一人です。地上波では吹き替えも違和感なく楽しめました。隙あればボンドのあれこれを妄想しています。
    ところでhさんはもしかして「エヴァちゃん」にたいする意見が私と同じ「圧倒的少数派」の方でしょうか?ダニエルボンドがドレスを持ってきた時、鏡に向かって「ベストを尽くすわ」って言う彼女はナチュラルメイクで可愛いのですが、他の時は目の周りが黒々しすぎて気になる・・・でも以前ほどの違和感はなくなりましたけど。
    ジェラルド・バトラーも好きですが、一番好きなのはやっぱり仮面の怪人さんの彼・・・

  • 2009/10/17 (Sat) 00:53

    kamomeさん、初めまして。かなり早い時期から来ていただいてるんですね~、ありがとうございます。
    ダニエルについては、ボンド映画封切り時に再燃し、普段は潜在意識の中に潜っている…という感じなのですが(笑)こんな風に時折観るとやはり「お!」と思うんですね。やはりあの役は特別な何かを持ってるんでしょうね。ジェラルド・バトラーも悪くないと思います。最近の作品はイマイチですが。あとほっぺたの肉ももうちょっと落さないとねぇ、という感じもあるんですけどね(笑)また、いつでもお気軽にコメントしてください。

  • 2009/10/17 (Sat) 01:08

    Rikoさん。暫くぶりに観て「ふふふ」と思うのも悪くないですよね。
    そう、当ブログに登場するhちゃんは、そのhちゃんです。Rikoさん同様?エヴァちゃん否定派の急先鋒です。(笑)でも、このまえの地上波放送後にはもうエヴァちゃんブーイング発言はしてませんでしたが(どうでもよかっただけかも)、とにかくもっぱらダニエル、カッコイイ~とウットリ目になってましたよ。Rikoさんも前ほどの違和感はなくなったんですね?やはり見慣れた、という事かも。そして、Rikoさんは怪人としてのバトラーをお好きなんですのねん。ワタシ、申し訳ないことに怪人にはサッパリ来なくて(出演作中あれが一番苦手かも…あの歌声も)、ずっと名ナシの船乗りさんに惚れてるようざます。もう一度、すっきりと全体的に引き締って、あれこれ出まくらなくていいので年に1本程度、グっと来るような役で出て来てほしいものでございます。ダニエルにはボンド役でないキャラで、もう一度グワシ!と掴まれてみたい気がしますわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する