レーシック



昨今、友人知人でレーシック (LASIK: Laser in Situ Keratomileusis ) 手術(「角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術」(wikipediaより))を受ける人がちらほら出てきた。

みな、朝目覚めた時からシャキっと物が見えて世界がクリアだ?!と大喜びしている。
確かに、視力矯正にかかる費用がそれ以降懸からなくなるというのも嬉しいだろうし、なんといってもメガネやコンタクトをしなくても1.5の視力がキープできればそれに越した事はない。煩わしさからの生涯にわたる解放ですもの。旅行に出る時も、メガネだのコンタクトだの、その洗浄・保存液だのを一切持ち歩かなくていいなんて。
近視ばかりでなく乱視も治るらしいと聞くと、一石二鳥か三鳥のようにも思う。

ワタシが1.5の視力を誇っていたのは生まれてから10歳ぐらいまで。
その後は近視人としての人生を歩んできた。原因は小説や漫画の読みすぎ?(ぷ!) だろうけど、メガネというものをかけてみたかったので、自ら好んで近視になってしまったようなキライもある。
…ばかですねぇ。ファッションとして素通しのメガネフレームを買ってもらえば良かっただけなのに。でも、うちの両親はとぉんでもない!折角目がいいのにメガネなんて縁起でもない!というわけで素通しメガネを買ってくれなかったんですねぇ。殊に母は自分が猛烈な近視だった事もあり、子供をメガネっ子にしたくないという思いはひとしおだったようだ。それが災いしたか?結局のところ10歳ぐらいからみるみる近視になってしまい、両親は仕方なくワタシにメガネを買う事に…。その後、中学入学を機にメニコン・ソフトを買って貰って以降、コンタクトレンズ・ライフに突入し、現在に至っております。(現在は使い捨て系を愛用)

とにかく、家の中ではメガネ、それ以外はコンタクトレンズを愛用してウン十年、幸いにもこれまで特に不具合もなくコンタクトレンズ・ライフを送ってきた。かなり長時間装用し、目は酷使しているにも関わらず、時折クマは出来ても充血はしない。元々乾燥にはとても弱い体質なので、少し空気が乾くと肌や喉は元より、目でもそれは感じるが、ドライアイではないらしい。レンズを買う際の眼科診断でも「特に問題ありません」と言われ続けてコンタクトレンズ・ライフは継続中。

だが、コンタクトを快適に装用できないという人もけっこう多い。毎回、やたら充血してしまうとか、ずっと異物感を感じるとか、ドライアイなので常にヒリヒリ感があるとか、アレルギーで使用できなくなったとか、長時間装用すると目が疲れてどうにもならないとか…。究極は体質に合わず入れられないという人だろうか。
そんな人はやはりこの際、レーシックでしょう!という結論になるらしい。
ワタシの周囲の被レーシック人たちもみな、そんな感じの人ばかりだ。
彼らが手術して良かった!と思う理由は視力が戻った事以外にもあるようで、友人の一人は、術後5年間は視力が落ちたら無料で再手術してくれるという生涯保障つきのクリニックで手術を受け、もし視力が落ちて来てもアフターケアがあると思うと安心だ、とご満悦。また、別の知人は加入していた保険がたまたまレーシック手術にも適応していたため、費用の大半が保険でカバーできて実費はいくらも懸からなかったので余計にラッキーな気分!という人もいる。そうなると、半年や1年おきにコンタクトレンズを買いだめするなんて、ばかばかしく思えてくるでしょね。確かに。

…いや?それにしてもスゴい。レーシックってスカイダイビングよりも勇気が要る気がする。チキンな事を言うようだけれどキヨミズもんですわよ、ワタクシ的には。
そんな大袈裟なものでもないのかもしれないけれど。

ちなみに、ワタシの周辺の友人・知人でレーシック手術を受けた、という人は普段から思いきった事をぱっとやる、という手合いではない。他の事ではワタシよりずっと慎重な人が多い気がする。が、合理的な人が踏み切るのね、という感じもする。それゆえ、費用対効果とかクリニックの評判とか様々な要素をじっくりと考えた上でGo!サインを出して手術に踏み切ったのだろうと分かってはいるのだけど…。
でもねぇ。目ですよ。目をいじられるなんて、あ?、怖いわ。考えただけでも怖い。万一失敗したらどうなるの?

…というような懸念の他に、ワタシ的にはなんとなく、目がいい人には分からない近視+乱視的世界の面白さ、みたいなものも妙に捨てがたかったりする。
それを最初に実感したのは、小学校を出て中学に入学するまでの春休みに明治神宮にお参りし(何故明治神宮に行ったのか理由は忘れてしまった)、参道を母と歩いた時。頭上には緑の枝がトンネルのように広がってそよ風に静かに揺れていた。ふとメガネを外してその光景を見上げると、そこには陽の光に透けた濃淡さまざまの緑が、葉の輪郭がぼやけて大小の六角形になり、重なってさざめきあい、キラキラと揺れながら輝いていた。グリーンの万華鏡のようだなぁ、と思った。それは視力が0.1以下の近視+乱視の目にしか映らないアナザー・ワールドで、その時に見た緑の万華鏡の印象は今も強く網膜に残っている。メガネやコンタクトは面倒くさいけど、これも悪くないかな、と思った。いつもそんなじゃ困るけど、よく見える時もあれば輪郭がぼやけてよく見えない時もあっていい気もする。時にはよく見えない方がいいものもあるんじゃないか、と思ったりもして。

な?んて、いくら友人たちが視力回復でラキラキしてても、どうもレーシックには踏み切れないチキンの言い訳、って感じもありますけれど…。
そんなわけで当分は、コンタクトレンズ(時にメガネ)・ライフが続くであろうkikiでございます。

コメント

  • 2009/10/18 (Sun) 19:34

    ワタシもチキンです。
    レーシック受けても元に戻ったという話しも耳にしまっせ。
    人それぞれでしょうか・・・。
    どうも時計仕掛けのオレンジ的を想像するのです~。おっかい!(怖いという北海道弁)
    ワタシもアナザー・ワールドの住民でいいや。ちなみに視力は0,06だとか。
    1番上のデカ文字さえ見えん。メガネ歴は小学校から、コンタクト歴は高校から。どすえ~。

    • 吾唯足知 #uqr/pqJA
    • URL
    • 編集
  • 2009/10/18 (Sun) 21:12

    シークレットコメントさん、どうもどうも~。確かに身近なところで失敗したって話は聞かないし、案外気軽なもんなんでしょうけどね~。ワタシ、これまで一度も手術ってしたことないもんで、どうもそういう事もチキンの背景にあるかも。できればやらずに済ませよう、みたいな。(笑)ただ、唯一の欠点として老眼に早くなるらしいですね、これやると。

  • 2009/10/18 (Sun) 21:23

    吾さん。あなたもチキン同盟なりね?そうそう、時計じかけのオレンジっぽい雰囲気を想像しちゃうよね、手術。考えただけでもゾワゾワ。そして元に戻るってこともありそうですわな、確かに。身近な被術者の数年後の経過をまずは見守らねヴァ、という感じかしらん。ワタシも現在0.02か1で視力検査表の一番上なんて全然見えぬよ。おまけに左目は乱視が強いの。でも、レーシック受けるよりは普段使いのメガネを少しでも薄手でオシャレっぽいのにしてみようとか、安くレンズを買えるところを見つけるとか、な~んかそっちを考えちゃうわねん。

  • 2009/10/18 (Sun) 21:56

    こんばんは。
    私も昔から近視&乱視持ちで小5から眼鏡、高校からはコンタクトにもお世話になってます。

    レーシックか~、簡単な手術で視力が向上するなら受けてみたい気もするけれど、
    手術自体が怖いというよりも、その後何回もしなきゃならないとかだったら嫌ですね。

    視力のいい人が老眼になりやすいと聞いていたので、近視の私は老眼は人ごとだと思っていたのですが、私もついに去年45歳にして近視・乱視に加え老眼まで入ってしまいました。
    パソコンのやりすぎがで目が疲れやすくなってはいましたが、老眼とは…。

    • ようちゃん #4ihH6cqY
    • URL
    • 編集
  • 2009/10/18 (Sun) 22:50

    ようちゃん、こんばんは。
    ワタシの周辺ではどういうわけか今年に入ってレーシックを受けた人が数人居て、みんなやけに気軽く受けに行くもんで「ええ~~!?」って感じなんざんすよ。日帰りできるらしいしねぇ。1回でOKなのか、時間がたつと再び手術が必要になるのかは個人差もあるんでしょうけどね。ようちゃんも近視と乱視が混ざってるタイプざんすか。おまけに去年から老眼も?老眼になると一瞬近視がよくなったような気がするの?それとも近いところが見えにくくなるだけ?後者だったら近・乱・老の三重苦の始まりってことに?(笑)ワタシは1回だろうと数回だろうと目をいじるって事がとにもかくにも嫌なので、いかに友が快適にその後を過ごしていこうとも自分はレーシック受けないな、という気がしてますわ。

  • 2009/10/18 (Sun) 23:50

    老眼になって近くが見えにくくなるからといって、逆に遠くがよく見えるかというと、そういうわけではないですね~。気のせいですら、そんな瞬間は起きなかったです。

    今のところ、遠近両用眼鏡は特に必要ではないですけどね。

    • ようちゃん #4ihH6cqY
    • URL
    • 編集
  • 2009/10/19 (Mon) 07:29

    なるほど。ただ近くのものが見えにくくなるだけなんざますね~。そうか。そのうちに老眼という第3のファクターが加わってくるんですよね。レーシックは老眼を早めるかもなので、ますますワタシはレーシック人にならず、そのままGo!の可能性大ですわ。(笑)

  • 2009/10/20 (Tue) 18:27

    私、目だけは良いんですよぉ。他は自慢できる所はないのですが、視力だけは軽く2・0見えちゃうんです。ここ数年は1・5までしか検査して貰えないのが不満!それが、それが・・・視力の良い人は老眼になるのが早い、とは聞いていたのですが、私の場合は完璧に当てはまっちゃいました。近くの物が見えない!離せば見えるんですが・・・で、試しに一番弱い老眼鏡をかけてみたら・・・あ~ら、良くみえるじゃありませんか。やっぱり老眼、来ちゃったのですね(涙)
    ですからテレビを見ながら、新聞や雑誌を読む、なんて時は大変です。眼鏡かければテレビは見にくい、テレビに合わせれば文字が見えにくい。ただまだ眼鏡を持ち歩くほどではないのですが・・・

  • 2009/10/20 (Tue) 23:36

    Rikoさん。2.0超なんですか?スゴイな~。2.0以上見える世界というのも経験した事がないのでしかと分からないですわ。そのハッキリクッキリの度合いが。どこまで見えてしまうものなのか。たまにお目にかかるんですよ。2.0以上から視力落ちない人。割に酷使してても涼しい顔で全然視力は落ちないって言うんですよね~。く~。癪なような羨ましいような…。Rikoさんもそのクチですのね。でも噂通り、目が良い人は早く老眼が襲ってくるんですね~。老眼て実は一番厄介?もしかして。かけたり外したりを頻繁にやらなくちゃならない感じですよね。2つ良い事はないものなのねん…。会社のオジサンで数年前に老眼になったけど、どうも遠近両用メガネは癪なので作らずに意地を張っている、という人がいます。近視用メガネをかけたり外したりしてますよ。そうか、意地があるんだなぁ、楽ならいいってモンじゃないのね…と認識を新たにしましたわ。

  • 2009/10/25 (Sun) 07:04

    そうか~。そんなにkikiさんの周りではレーシック受けた人がそんなにいるんだ~。
    私も昔はまったく問題なし(家族も近視はいない)だったのに、ハタチ頃から
    急に悪くなって、今や、0.06と0.1で、普段はコンタクト、家ではメガネです。
    だけど、角膜にそんなことするなんて、怖いわ~! 何か先であったら、どーするんだろ?
    と思うと怖すぎだわ~。きっと私は一生することないかな~。
    かと言って、コンタクト代も馬鹿にならないし、コンタクト自体もあんな異物を目に入れてて
    大丈夫なのか?よくわかんないし。
    ホントはメガネが一番いいんだろうけど、どうもメガネが似合わない顔なんだよな~。
    しかし、視力がいいというのは物凄い財産だと思う。だけど、レーシックは怖い!

  • 2009/10/25 (Sun) 10:07

    acineさん、そうなのよ。なんだか知らないけど今年に入ってやけにレーシック受けたという話を周辺で耳にしてねぇ。なんでそんなに気軽に飛びつくのかすぃらん、と不思議な気がして…。どんなに簡単で日帰りできても、目に何かするというのは嫌よね。どうしても取らざるを得ないデキモノでもできれば別だけど。でも、acineさんはさほどヘビーな近視でもないのね。もしかすると視力回復センターとかでちょろっと鍛えれば両眼0.9以上くらいには戻るかもしれないわよ。コンタクトも最近は競争で安売りしてるし、処方箋も1年有効でその間通販でも買えるなんてところもあるから、前に比べたら大分買うのも楽にはなってるけどね。メガネは害は無いけどコンタクトより目が疲れる気がするの、ワタシ。いずれにしても、自分に一番合った方法で近視や乱視と折れ合って行くしかないよね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する