「私の中のあなた」 (MY SISTER'S KEEPER)

~また逢う日まで~

2009年 米 ニック・カサヴェテス監督



キャメロン・ディアスもアビゲイル・ブレスリンもどちらかといえば苦手なので、当初はスルーしようかとも思っていたのだが、映画そのものはなんとなく気になるので観てみることに。観る前に予想したような、キャメロン母とアビゲイル娘のガチンコ対決がメインだったとしたらかなり引いたかもしれないが、そういう映画ではなかった。

梗概:白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。(yahoo映画より)

人生の大半を不治の病を抱えて生きるというのは、どういう気持ちのものだろうか。
好むと好まざるとに関わらず業病に取りつかれてしまった長女ケイト。幼くして抱えてしまった死病ゆえに彼女は親の、とりわけ母の、オブセッションと化した愛情と関心を集中的に浴びる事になる。弟は閑却され、妹はその存在自体が姉に捧げられるためにあるようなもの。妹アナは生まれながらに母の手で祭壇に捧げられてしまった子羊なのだ。だが、病ゆえに神殿に祭られてしまったケイトもまた辛い。愛情は不足すぎても問題だが、過剰に注がれ過ぎても苦しい。愛という鎖で生死をさえも十重二十重に縛られて身動きができないケイト。



2歳から苦しい病と闘いつつ、髪も眉も抜けおちながら、周囲に屈託のない笑顔を向けることのできる姉のケイトを演じたソフィア・ヴァジリーヴァの存在が作品の核。ハイライトとして描かれるのは、彼女の闘病と束の間の青春の煌き、そして彼女が家族に向ける慈愛の眼差しだ。ソフィア・ヴァジリーヴァは笑顔の屈託なさと、発作を起こした時の壮絶な様子との対比が見事。その「病い顔」のメイクはこれまでに見たどの映画の中の病人の顔よりもリアルに病人の顔になっていたと思う。それゆえ、何も考えずに夢を見ながら生きていていい筈のティーンの女の子が死病に取り憑かれているという事の残酷さがひしひしと伝わってくる。絶え間ない肉体の苦しみに加えて、自分を巡る家族の間の葛藤にも密かに心をいためねばならない。ケイトは若い身空で既にして何かを悟った者の微笑を浮かべる。その諦念にも似た慈愛の微笑で、家族を一人ひとり、懐深く受け止めるのだ。娘を盲愛するあまりに暴走機関車のように自らの思いこみにのめり込む母を許し、はぐれ気味な弟を慈しみ、妹を憐れみ、父を愛するケイト。

家族愛の一方で描かれるのは「踏み込んではいけない領域と踏み越えてはならない線」について。クローン技術の発達で、自らの細胞で臓器のスペアを作って保存しておく、などという事も研究されているご時世。人格のない単体の臓器ならまだしも、どんなに技術が発達しても人が踏み込んではならない領域というものは存在する。そして、病気というファクターにより家族の中に優先順位が付けられるという事、死病の子供を救うためにドナーとしての子供を作るという考え方や、それが異常な事である(無理からぬ心情とは思うけれどやはり尋常とは思い難い)という客観的な見解も持てなくなっている母親の姿を通して、親が踏み越えてはならない倫理や節度の存在が浮き彫りになる。

「自分の体の事は自分で決める」とは、一方的にドナーであることを強制され続けるアナが母親を相手に訴訟を起こす際の申したてだが、不治の病の場合、どこまで治療を受け続けるかは周囲の強制ではなく本人が決めていいのだ、という思いの籠められたケイトからの母へのメッセージでもある。
ケイトは妹と自らを母のオブセッションから解放し、海辺の夕焼けを瞼にしみこませるように目を閉じる…

冒頭にも書いたようにキャメロン・ディアスとアビゲイル・ブレスリンよりも、ケイトを演じたソフィア・ヴァジリーヴァが非常に立っている作品で、それがしみじみとした余韻を呼ぶ要因になっていると思う。また、姉を思い、妹を思い、クライマックスまでじっと黙って家族をみつめてきた弟ジェシーを演じたエヴァン・エリングソンも好演だった。(弟が描くケイトの肖像もいい味わいのタッチだ)ケイトの淡雪のような初恋の相手・テイラー役のトーマス・デッカーも印象的なハマリ役だった。



地味だが良識的な父親役のジェイソン・パトリックも地味に好演していた。弁護士で登場のアレック・ボールドウィンは思うさま太ったので却ってこういう役がハマるようになった感じがした。久々に観たジョーン・キューザックが随分老けていたので少し驚いたが、娘の死についてアナに尋ねられ、まだ自分の中で娘の死を整理できないでいる判事の胸中を目の表情でじっくりと見せていた。


91%の勝率を誇る弁護士役のアレック・ボールドウィン 肥満継続中

そして、ケイトの病室を見舞う親戚たちが口々に「治ると信じて強く念じれば治る」というような励ましを口にするのだが、逃れられないさだめを静かに受け入れる事にした病人とその家族の耳には、それがいかに空疎な繰言として響くかという事もアリアリと伝わってきた。全編にわたってニック・カサヴェテスの淡々としていながらも押さえるべきところはしっかりと押さえた演出が効いている。

***
…物事は流れるべき方向へ流れ、来るべき時は来る。それで世界が変わったわけでもなく、家族の中にドラスティックな変化が起きるわけでもない。ただ、ある日、大切な人がこの世界から永久に消えてしまっただけだ。

死は、死者にとっては多分「無」なのだと思う。死んだらそこで全ては「無」となり、青空に帰すのだ。
死者が「無」でないのは、残された人々の心の中でだけ。悲しみと喪失感の中で、いつしか心の中にその存在を常住感じるようになる。あの人は自分の中にいる、と思う。そして、いつかあの世でまた会えると思う。そう思う事で大切な人がいなくなった世界と折り合いをつける。何年か何十年かののちに、いつかきっとまた会える、と。

「迎えにきてね」とアナ(アビゲイル・ブレスリン)がケイトに言うシーンで、やはり泣かされてしまった。
周囲が中盤から鼻を啜る中、わりに冷静に観ていた筈のワタシだったのだけれど…。

コメント

  • 2009/10/25 (Sun) 06:53

    私もkikiさん同様、二人はちょっと苦手で、でも映画自体は意外といいかも?と
    いう期待半分、でもどうかな?半分で見ましたが・・・。
    で、これもkikiさんが書かれてる通り、ケイト役のソフィアがとにかく凄く良かった!
    彼女と彼女+テイラーのシーンはどのシーンも隅から隅まで良かったなぁ。
    ポスターとか、彼女だけでいい感じするんだけど・・・。
    それにしても、アレックはどーしたんだろ?!顔のパーツ自体は割合スッキリした
    ままだけど、まるで肉襦袢着たみたいになってて、ビックリ!
    そして、モンタナのシーン、LLBeanのカタログみたいでした(笑)。

  • 2009/10/25 (Sun) 09:53

    acineさん。母と子の法廷対決は客寄せパンダ的話題作りで本質はそこにない作品だったからほっと一息よね。長女ケイト役のソフィア、一人勝ちみたいに輝いてましたねぇ。キャメロンは顔のゴツさが年とともに隠しようもなくなってきたので、この取り憑かれた母にはハマってたかも。ウザいけど。思うにこれ、子供が居ない人じゃないと観に行けないわね。現在子育て中の人はキャメロン母的考えや提起する問題に身震いして「考えられない、観られない」という感じだろうな、と。友人と観たけどワタシも友も物語として観られたのは子供が居ないからだろうな、とも思ったわ。ともあれ、アナとケイトのラスト間近の会話にはしみじみ涙しました。

  • 2011/02/08 (Tue) 12:23

    またまたちょっと古いところから失礼いたします。

    この映画、封切り時に珍しく映画館で見たのですが、何だかねぇ…いろいろ考えちゃって泣くどころじゃなかったです(苦笑)
    私も7歳と5歳の子供がいるんですが、その立場から思ったことは1つ。
    「母親って、何て因果な商売なんだろう」
    ってこと。

    サラは確かに“入ってはならない領域”にドカドカ踏み込んでそれを正しいと言い募り、挙げ句に自分に賛同しない周囲を攻撃する困った母親だと思います。
    でも、もし彼女が娘の意思を尊重して、あっさり「これ以上の治療はしない」と決めていたら、世間は彼女を「冷たい母親だ」と非難しなかっただろうか?とも思うんですよね。
    母親が誉められるためのストライクゾーンというのは結構狭くて、そこに上手くはまるように振る舞うのは結構しんどいんだよねぇ、と映画の本質とはあんまり関係のないことを思ったりもしました。

    自分が親になってみてつくづく思うのは、親は最初から親なんじゃなく、子供と共に“親になっていく”ものなんだ、ということ。子供から見ると「そういうもの」だと思っていた親自身が、実は一番戸惑っていたりするんです。サラもいきなり「不治の病を抱える子供の母親」という立場に置かれて動転し、その混乱を誰も鎮められないまま何年も過ぎてしまったのでしょうね。

    結局、それを軌道修正したのが病気の娘自身、というところが何とも皮肉ですが、それにしても自分の寿命を悟ったかのように静かに海を見つめるケイトの表情に圧倒されました。娘にあんな表情をされたらねぇ…辛いですよ。テイラーとパーティへ出かけるためにおめかしして出てくるシーンにも涙、でした。

    キャメロン・ディアスは年々、顔が……ううむ。瞳の色がやけに薄いのもちょっと怖かったりして。この先、どんな方向へ行くのがいいのか悩みますね。余計なお世話ですけど。

  • 2011/02/08 (Tue) 22:38

    xiangさん、前の記事にありがとうございます。
    いつの記事でもコメント歓迎でしてよん。どしどしどうぞ。
    確かにお子さんがいたら単純に泣くとかいう世界じゃなくなりそうですよね。ワタシは自分に子供が居たら、この映画はもしかすると見なかったかもしれませんわ。
    母親ってのは確かに因果な立場だろうと思うし、みんな、母親をやりつつ母親として成長し、子供が手を離れる頃に一人前になるのかもしれませぬね。でも、人からどう見られるかばかりを考えて母親をやっていくわけにはいかないのではなかろうか…と。個々の家庭の事情や考え方はそれぞれですから、絶対こうすべき!なんて規範はないわけで、それぞれの家で出した結論がその家の方針なわけですよね。この映画のような場合、周囲や世間からどう言われても、娘(=当人)の要望を第一優先にするのが理に適っているような気がします。子供が自分の考えを持てる年齢になっていれば。…なぁんて、まぁ、そうそう理屈通りにいかないのが人生ですが。
    それにしても、親が大人げない場合、よくしたもんで大抵、子供は精神的に大人になりますよね。サラとケイトのように。ワタシにもし子供がいたら、きっとかなり精神的には大人な子で、ワガママな母のワタシをたしなめたり、呆れたり、諭したりしたのかもだわ、なんて時折思います。ふほほ。
    ワタシはこの映画を見た頃、近しい人を亡くしてあまり間がなかった事もあり、アナがケイトに「探し出せないかもしれないから、迎えに来てね」と言うのを聞いた途端に、何を考える暇もなく滝涙が滂沱と頬を流れ出して止まりませんでした。その頃、自分が思うともなしに思っていた事が台詞になって聞こえてきたからかもしれません。映画の本筋のテーマよりも、逝ってしまった人と、いつかまた、あちらの世界で逢えるだろうか…という想いの方が強く心を捉えたみたいです。
    キャメロン・ディアスの劣化は止まらない気配ですね。既にチャリ・エンの2作目あたりで、もうアップは厳しいシワシワ状態だったので、今後はホウレイ線や額のサル皺との負け戦が明確になりそうですね。そもそも顔がゴツイしねぇ…。ともあれ、ロマコメには今後けして出ないこと、ですね。

  • 2011/02/09 (Wed) 12:32

    そう、他人の顔色をうかがいながらの子育てなんてすべきじゃないし、社会規範から逸脱しない限り、それぞれの家のやり方・考え方が尊重されるべきだと思います。
    でも、母親の愛情の匙加減って、ちょっと多すぎたり少なすぎたりするだけで、父親のそれよりも批判を浴びやすい気がするんですよね(被害妄想?(笑))。多すぎれば鬱陶しがられるし、少なければ非難される。「あなた(子供)のためなのよ」という言葉が時に凶器にもなることは重々分かっているんですが、自分の行動(子育て)の結果が子供に反映されるまでに時間がかかるだけに、何とも難しいことよ……と思う日々です。(とはいえやっぱりどう考えても、サラは行き過ぎだと思いますけどね。)
    すみません、映画の感想というよりすっかり愚痴になってしまいましたね。

    「Brothers」がレンタル開始になりましたね!これも公開時には見逃しているので、ぜひ見なくては~。

  • 2011/02/10 (Thu) 00:27

    xiangさん、子育てにお疲れなご様子が伺えますね。子供にかまい過ぎてもいけないし、かまわな過ぎてもいけなかろうしね。ともあれ、先は長いのであまり考えこまずに母業をこなしてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する