「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

~伝説の証明~ 

2009年 米 ケニー・オルテガ監督



とにもかくにも行く先々の映画館で流れていたトレーラー。トレーラーの編集などもキレが良かったので、ふぅん、とは思ったが、マイケル・ジャクソンのファンなわけでもないワタシゆえ、格別行こうとも思っていなかった本作。しかし、例のhちゃんを始め、周囲の友人知人が口々に「観に行く」と言い、観て来ると「良かった」と言うので、そぉか、それじゃ公開中にやはり劇場で観ておくか、と行って参りました。

このドキュメンタリーはロンドン公演の為のリハーサル風景をマイケルのプライヴェートな記録として残すため撮影されたものゆえ、冒頭に数人登場するバックダンサー達は、観客ではなくマイケルに語りかけている。それゆえ、ダンサー達の、芝居などではない掛け値無しの興奮と思い入れは、こちらにもストレートに伝わってくる。そうか、そんなにも思い設けてリハーサルに励み、晴れの舞台で共演する日を指折り数えていたのに、本番は遂に来なかったのか…夢は幻と終わったんだね、とのっけから感慨に浸された。

が、MJことマイケル・ジャクソンが登場すると、イメージ通りの体型と動きに、そんなしんみりした感慨もいつしか薄れ、体重など無い、または感じないかのような、軽やかで精妙な動きとキメどころでの鮮やかなキレの良さに「あら、さすがだわ」とひたすら見入った。顔は随分変わったが、体型と動きの軽やかさはそのままだ。



近年では、マイケル・ジャクソンはコンサート活動から遠ざかり、マスコミを騒がせるのは奇行のニュースやスキャンダルだけ、という感じになっていたような気がする。なんとなく、もう人前でパフォーマンスをしない(できない)のではないか、とも思っていた。しかし、ファンじゃない人間にそんな事を思われつつも、彼は人知れず、ずっと欠かさずに体を動かしていたんだろうなぁ、と、その昔通りのキレのいい動きを見て思った。

こんなエピソードを聞いた事がある。
以前、マイケル・ジャクソンが来日した折、ホテルの部屋でもダンスの練習をしたい、という彼の要望に応えて、ホテル側が部屋の床にボードを敷いた。ボーイか清掃スタッフが彼の部屋に行った時に、そのボードの上が異様なほど一面にびっしょりと濡れているのを見た。それはマイケルの汗だった、と。つまり、そんなにも滝汗をかくほどに真剣に、何時間も、ホテルの部屋でさえダンスの練習をするのがマイケル・ジャクソンという人なのだ。何の努力も積み重ねもなしに、いかにマイケル・ジャクソンとて、日頃怠けていて、突如コンサートが決まったからといって、そのリハーサルにやって来て、いきなりあんなに体が動くわけはない。
ファンのイメージ通りの体型と動きは何もせず保たれてきたわけではないのだ。
ローマは一日にして成らず。



が、久々にマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを見ていて感じたのは、軽やかさが増した事。
背後で踊る元気盛りの若いダンサー達は、マイケルのバックで踊るんだ!というのもあって、皆張り切っている。力が入って動きがぎゅんぎゅんしている。それらの元気で勢いのいいダンサー達の前に立ち、中央で踊るマイケルは頭のてっぺんからつま先まで良い具合に力が抜けている。どこにも力みがなく、無駄な力が入っていず、エアーを感じる軽やかさ。歌声も力を抜いて軽?く出している。それはリハーサルだから、という事もであるのだが、ただ力を抜いているだけではなく、それで立派に芸になっているのが見事だった。軽く動いていて、一瞬一瞬のポーズはどれもこれも決まっている。どこを切り取っても、どこから映しても絵になっている。歳月と精進が、いい具合に動きのエッセンスだけがスッと閃くような、力みのない軽やかな新しいスタイルを作り上げたように感じた。マイケル以外に、こういう軽やかな動きを見せたダンサーといえば、後にも先にもフレッド・アステアがただ一人居たのみだろうと思う。アステアが50代になって第2の黄金期を迎えたように、マイケル・ジャクソンにも輝かしい第2の黄金期はきっと訪れたに違いなかった。マイケル・ジャクソンは終わってなどいなかった。全然、終わっていなかった。現役真っ盛りだった。
細長い手足が精妙に動く。一瞬も気を抜いていない。リハーサルをしながら、その場で閃いた演出を加えていく。プロデューサーであり、ディレクターでもあり、パフォーマーでもある。
柔らかく、しかし、きっちりと要求と主張は通す。
「文句を言っているんじゃない、これは愛だよ」なんてね。

背景の映像も随分いろいろと撮ったり作ったりしていたようで、いきなりリタ・ヘイワースのギルダが手袋ストリップをするシーンが映って、「なに?」と思ったが、ボギーなども登場する合成寸劇だった。ははは。こういうの好きそうだな、マイケル。


「ビリー・ジーン」は昔、好きな曲だったので、お馴染みのイントロが流れてくると「お!」と耳をそばだて、「彼女と僕は無関係 その子は僕の子じゃないよ」というリフレインの部分では、体は動かさずに心の中でリズムを取った。知人がこの映画を観に行った時、近くの席のおねーさんが途中で立ち上がって踊り出しちゃった、という話をちらと思い出した。「迷惑だったけど、気持ちは分る」と知人は言っていた。

特にファンではないので、知っている曲も知らない曲もあったが、どれもマイケルの動きやリハーサル風景を見ていて飽きない。ダンサブルな曲だけでなく、環境保護を訴えるメッセージ・ソングをしみじみと歌っても聴かせるものがあった。
リード・ギターが若いブロンドのカワイイおねーちゃんなのも良かった。テクは確かなのにいきがっている風がない。おまけにとても綺麗なブロンドで、しかもあまりでしゃばらない性格らしいのに好感が持てた。



バックヴォーカルの人々、バンドの面々。そしてダンサーたち。みな、3ヶ月にわたるリハーサルの間、人生が一番燃え上がる瞬間を生きたのだろう。冒頭、ダンサー達のメッセージを聞いていて、こんなにも思い入れて本番を待っていたのに公演が幻に終わったなんて、さぞかし虚脱したろうねぇ…と思ったりしたのだが、観終る頃になると、3ヶ月もの間、伝説と共に舞台を作るという作業に従事できたんだから、その事だけでも「わが生涯の輝ける日」として、彼らの心にずっと残り続けるだろうなぁ、と思うようになった。

マイケル・ジャクソンからすれば、裏側を人目に晒すなんてありえないこと、完成したパフォーマンスを観客に提供することにあれだけ神経を使っていた彼からしたら、これは公開してほしくなかった記録かもしれない。しかし、これぞ、マイケル・ジャクソン、まさしく「THIS IS IT」というべきエンターティンメントが生み出される裏舞台の「人には見せぬ水鳥の足」が公開された事は、マイケル・ジャクソンが第1級のエンターティナーであることを忘れかけていた人々?ワタシのような?の認識を改めさせる効果もあったと思う。



それにしても、亡くなる直前まであんなに滑らかに動き、長時間のリハーサルもこなしていたマイケル・ジャクソン。世間が想像するよりも体重はあり(下手すると栄養失調みたいな痩せすぎのイメージもあったがそんな事はなかったらしい)、50歳とは思えない、性も年齢も超越したダイナモを放っていたというのに、その心臓はあっけなく停止してしまった。

だが、このドキュメンタリーを観ている間、マイケル・ジャクソンはもうこの世にない人なんだなぁ、という感慨は湧いてこず、彼が何故「マイケル・ジャクソン」たりえたのか、ということが、今更ながらによく分った2時間だった。劇場で観ておいて良かったと思う。

コメント

  • 2009/11/14 (Sat) 20:49
    ほんとね~

    ホントにこれは劇場で見ないと意味ないよね。
    私もマイケル=才能あっても変人という見方してたので、これ見て
    はは~失礼しました!って感じでした。彼はプロ中のプロだった。
    誤解してて、本当にすみません・・・って感じでね。
    踊りだしたおねーさんって気持ちわかるわ~。
    私も”I’ll be there ”とかで、あのダンサーズみたいに手を振りたくなったもん(笑)。
    kikiさんの書かれてる通り、彼の動きはとっても軽かった。
    あの気合いの入ったダンサーたちのダンスも凄く良かったけど、マイケルの動きは
    明らかに異質だったもんね。あの動きやスタイルもとても50歳には見えなかった。
    あのギターのオリアンティちゃん、私も凄くいいな~と思って見てました。

  • 2009/11/14 (Sat) 21:59

    そうそう。こういうものは特に劇場で観るべきよね~。おうちシアターと音が段違いだしね(笑) ファンの人にはマイケル・ジャクソンというのはずっとああいう人だったんだろうけど、ファンじゃない人間には(ワタシたちみたいな?)今回とても新鮮な衝撃だったよね。ここ10年ばかりはロクな事で話題にならなかったので、すっかり、彼が才能に溢れたプロ中のプロだった、という事を忘れちゃってたけど、そういう人にとって、今回の公開は認識を改める機会を貰ったってことで、確かにファンじゃない人にとってより良かったのかも。 みんな、”I’ll be there ”が良かったって言っているよね。ワタシも知らない曲もあったけど、耳に馴染んだ曲のところでは、なんか自然にノリノリになったわ。(笑)ギターの彼女もヴォーカルの彼女も、なかなか良かったよね。ほんと、本番が観たかったもんですわねぇ。

  • 2009/11/15 (Sun) 03:12

    kikiさん、こんばんは。これ、私も観て来ました~。
    特にマイケルのファンってわけじゃないのですが(むしろあまり曲を知らない)、予告編がとても興味深かったので。
    で、観た感想はというと・・・ファンになりました。素晴らしいです。天才であり、努力家だったんだなあ、と。スキャンダルばかりに目がいってしまって、彼本来の姿を見ていなかったんだなあ、と反省しました。リハであそこまでできる人ってそうそういませんよ。ホント、凄かったです。素晴らしかっただけに、彼がステージに立てなかったのが残念でなりません・・・。

  • 2009/11/15 (Sun) 08:08

    mayumiさん。これが公開された事で、特にファンじゃない人々の間で飛躍的なイメージアップになりましたよね。ワタシなぞもその恩恵に預かったクチ。そして、彼の為にも公開は正解だったんだろうなと思います。逆に、実際に公演が行われていたとしても、真髄は公演を観に行った人にしか伝わらず、ここまで多くの人にマイケル・ジャクソンの「真の姿」を認識させることはできなかったかもしれないな、と思ったりしましたね。随分遠ざかっていたから、体なんか動くのかしら、と思っていたけど、バリバリでしたねぇ。しかもより洗練された動きになっていて、脱帽しました。道を極めた人の至芸という感じでしたね。

  • 2009/11/15 (Sun) 08:28

    フフフ、kikiさんも魔法にかけられたね。耳慣れた歌ばかりでしたが、『I JUST CAN’T STOP LOVING YOU』のデュエット、Siedahさん歌いずらい?と思いつつ、カッコ良くってあれとても印象に残ってます。『Man In The Mirror』とラストの『This Is It』なんか詞を見るとメッセージ性高く、またメロディもよく・・・改めてMJは観せるだけじゃない伝道師でもあったのかな、と。彼の人生全てがエンターテイメント。未だに生きていると思ってしまう、しつこいワタクシ。多分今は素顔だと思うよ。笑

    • 吾唯足知 #uqr/pqJA
    • URL
    • 編集
  • 2009/11/15 (Sun) 08:44

    吾さん。そうだね、劇場で観て良かったよ。迫力が違うものね。Siedahさんって女子ヴォーカルの人かな?彼女はあまり声量ある感じじゃないけど、なんかブルージーなフィーリングを出せる人っぽかったね。メッセージソングもあまり前面にこれみよがしに出すとあざとい感じが強くなるけど、いい具合にしみじみ伝わってきたわ。オルテガ氏の演出も冴えてたんだね。
    ともあれ、今回は鍛え抜かれたいぶし銀の底力をさらっと見せて貰いました。「さすが」の一言なり。

  • 2009/11/22 (Sun) 14:59

    わたしも水曜に観てきたんですよ。
    もうまるでライブステージを見てる感じでしたね。
    マイケルの踊りは本当に切れがよくて軽やかで。たしかにバックダンサー達は力みすぎて少し重く感じましたかね。マイケルの特に足のラインがきれいで。その動きにみんな釘付けですよね。
    それと少年のようなピュアな雰囲気は変わってないなと思って。でも仕事では妥協してませんでしたね。優しい物言いの中に厳しいものを感じましたわ。
    何はともあれマイケル・ジャクソンを堪能できました!
    ジャクソン5のちいちゃい頃から少しは知っていました(何をかくそう同い年です、フフ)。
    そんな彼がスリラーで登場した時は、それまでのダンスミュージックのイメージを吹き飛ばす激しい歌と踊りに衝撃を受けましたわよ。そして「な~~んてかっこいいんだ!」
    わたしも特別ファンではなかったけど、好きでした、今回CDも買っちゃいました(笑)

  • 2009/11/22 (Sun) 19:34

    おお、ジョディさんもご覧になりましたか。公開期間が長くなって良かったですよね。でないとワタシを含め、見逃した人が多かったかも。リハーサルなのに本番さながらでしたね。歌はかなり流しモードでしたが、ダンスは達人の至芸を見せて貰いました。後ろの若い子たちが芋臭く見えましたね。力み過ぎて。マイケルの動きは「精髄」という感じがしました。ワタシはマイケル・ジャクソンは「今夜はドント・ストップ」あたりで知ったんですが、それが入ったLP(「オフ・ザ・ウォール」)を弟が大好きで部屋でよく聞いて踊って(ぷ!)いたのを覚えてます。まだかなりソウルチックな音でしたよね。その後「スリラー」で大ブレーク。でもワタシは「ビリー・ジーン」が好きでした。(しつこい)小林克也のベストヒットUSAが毎週放送されてた頃でしたかね。懐かしいな。CD買われたんですね。ワタシはダンスも観たいので、もっぱらYoutubeで楽しんでいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する