「パブリック・エネミーズ」 (PUBLIC ENEMIES)

~Sooner or later~
2009年 米 マイケル・マン監督



ここ最近、どうもいまひとつ劇場まで引っ張られる映画が殆ど無いのだけど、これはまぁ、とりあえずチェックしとこうかな…という感じで東宝シネマズへ。なんとなく一応ね…、という気分が濃厚な観賞。
さてさてジョニデのデリンジャーはいかがな具合でしたでしょ?

始まってすぐから最後まで、臨場感だけは異様なほどに持った映画だった。真ん中より少し前で観たせいもあるが、とにかく自分もその場にいるような気がする。音響のせいもあるけれど、画面の質感やカメラ位置などにより、あたかも自分がその場面の中にいるような生々しい臨場感が終始つきまとっていた。最近の映画なら、どの映画を観てもそう感じるかというとそんな事もないので、この異様な臨場感はこの映画の特徴ではないかと思う。



で、ジョニー・デップのデリンジャーはある意味お約束というか、予想された通りのキャラである。劇場に行くたびにトレーラーで観て、大体こういう感じなんだろね?、と思った通りの表情にセリフ廻し。全編を通じてファッションもキマっていたし、義賊的銀行強盗にふさわしい、民衆ならぬ観客に愛されるギャングという雰囲気だった。申し分なくカッコ良かったし、ジョニデのファンなら楽しめるだろうなぁというシーンがあれこれあって、ワタシは、ファンの人はこのシーンを観るとドキドキしたりウルウルしたりするんだろうなぁ、という視点で眺めていた。(例えば、ビリーが拘引されるのを目の当たりにして車を運転しながら涙にくれるシーンとか)特にジョニデのファンというのでもないワタシからすると、ラスト以外は全て予想された通りの展開で、予想された通りのキャラで、何となく分りきったものを見せられているような感じもした。

このジョニデのデリンジャーが、一目で惚れてしまうビリー役のマリオン・コティヤールも、ハテ、なんで彼女にそんなにも惹きつけられるのかしらん???と微妙な気分になる。勿論かわいいし、巧いし、フランス人とネイティブ・アメリカンの混血というビリー役には雰囲気的にハマっているのかもしれないが、デリンジャーが何故彼女にそこまで一瞬にして夢中になってしまうのかが観ていてピンと来ない。理屈ぬきで、あぁこの女ならそうなっちゃうでしょうよ、というようなインパクトが無い気がした。



予想の範疇をやや超えていたのはFBIのやり手捜査官・メルヴィン・パーヴィスを演じたクリスチャン・ベイル。錦の御旗のように「正義」を振りかざす熱血漢をやってるのかな、と思いきや、蒼白な顔にまばたきもしない目の超鉄仮面状態で、目的のためには手段を選ばず、無表情でゴリゴリと使命完遂に突き進む男を演じて、それが妙にハマっていた。クセモノ、J・エドガー・フーバーの秘蔵っ子という役どころ。フーバーのFBIは胡散臭さの塊のFBI。この作品に描かれるFBIは単純な正義の象徴でないことは、フーバーを登場させた事でも明らかだ。そんな前提の中、今回のベイル氏は不気味と言ってもいいようなこわばった超絶的鉄仮面。顔色がやけに蒼白なので、不気味さも極まっている。ジョニデ演じるデリンジャーが熱い血の匂いのする人臭さを発散しているのとあまりにも分り易く対照的だなぁ、と思うぐらいに非人間的。うなるような声でセリフを言い、いかなる時にも無表情は崩れない。が、最後の最後に、鉄仮面から非情のマスクが剥がれ落ちる。その落剥した様子は少し前から微妙に予想される雰囲気になってくるのだが、そこで彼のそれまでの異様な鉄仮面ぶりを思い起こすと、そういえば少しでもヒビが入るとパリーンと割れてしまう張り詰めた薄氷のような、危うい緊張感も感じなくはなかったな、と思ったりするのである。



映画全体については、ビリー・ホリディの歌をBGMに随所に流し、時代色も一応は出ていたが、スターを出して頑張っていたものの突出した何かの無い、通り一遍の平板な作品に終わってしまったという気がする。FBI vs ギャングという図式なら「アンタッチャブル」の方が面白いし、ああいう事や、こういう事を描きたいんだよね、という作り手の触手は感じたが、どれも散漫になって何を芯に描きたかったのかあまり伝わってこなかったという印象だった。

この作品を作るにあたって、最後の最後にデリンジャーが映画館で観る映画(クラーク・ゲイブル主演の「男の世界」)にかなりインスパイアされたのかしらん、という感じもした。ジョニデのデリンジャーの目つきや表情がゲイブルのそれと似ているような気がしてくるのだけど、意図的にそういう感じがするように撮っているのかもしれない。極めつけは、ゲイブルが劇中で言う台詞がデリンジャーの心を決めさせるということ。否、その前から彼の中で答えは出ていたのだろう。映画好きなデリンジャーはゲイブルに背中を押してもらったのだ…。

***
余談だが、予告編タイムに初めて「Dr.パルナサスの鏡」のトレーラーを観た。なかなか面白そうで、期待してもよさげな空気を漂わせていた。いや、あまり期待しないで片目を薄く開ける感じで様子をみているのが一番かも。なにしろ期待しすぎというのは禁物ですからして。 ふほふほ。

コメント

  • 2009/12/17 (Thu) 10:04

    マリオン嬢に一目ボレしたのは、ジョニデのロケットにママンの写真があったから、その面影に似ていたからじゃない~。と、言うようにこの映画はそんな「ヒト情報」に欠けまくりなのであります。
    そうだ、ラスト前の映画「男の世界」は良かった。ちょっとセリフとジョンの気持ちをリンクさせすぎ?な感も否めないが。しかし、あのラストは・・・。ムムム

    • 吾唯足知 #uqr/pqJA
    • URL
    • 編集
  • 2009/12/17 (Thu) 21:19

    吾さん。あれはママンの写真だったのねん。本編の中で、あれがママンの写真だって匂わせるようなセリフとか一切無かったと思うんだけどねぇ。ワタシはまた、やけにくたびれた様子のビリーのお写真をロケットに入れてるのね…なんて思ってたわよ。(笑)ラストの映画鑑賞シーンを観てて、「パブリック・エネミーズ」は制作サイドが「男の世界」にインスパイアされて作った映画なんじゃないの?とヒシヒシ感じたわ。まぁ、ラストは唐突だったけどね。ワタシ的には全体にどうもイマイチって感じだったから、ラストだけムムムって事もなかったよ(笑)

  • 2009/12/18 (Fri) 00:41

    待ちに待った本作。誰だってこのキャスティングにこの監督ならば期待します。
    そしてふたを開けてみたならば・・・う~んたしかに物足らない。
    あ、この肩すかし感は、去年「アメリカンギャングスター」を見た時と同じかしらと。
    銃撃戦はまあ見応えありましたが、もっと肝心のドラマを、もっと濃い男のドラマを見せてほしかったですよね。デリンジャーとメルヴィスとの絡みもたったあれだけなんて。そこのあたりすごく期待してたんですよ。デップVSベイル。銀行のカウンターを軽々と飛び越えるシーンやら、デップはカッコよくて当たり前みたいな感じで、でもそれ以上のものを見たかったんですけどね。
    そしてさすがクリスチャン。kikiさんの「鉄仮面」はずばりかな?ははは
    FBI捜査官としての苦悩を滲ませていい感じでした。(メルヴィンが後に自殺というのはショックですね)
    部下が撃たれて息を引き取る時のあの悲しい目、最後にネルソンを仕留めた時の表情、なんだかぐっときてしまったですわ。やっぱり彼は内面的な演技が素晴らしいと思います。
    それからセリフは南部訛りの英語で話してるそうなので「~ずら」なんて調子かな、ふふ。
    ヴィジュアル的にはスーツとコートが似合ってステキ! お姫様だっこのシーンにもファンにとってはたまりません。あの刈り上げも好評であるファンサイトでは「小梅ちゃん」って言われてます(笑)。あのイラストからかな~と。




  • 2009/12/18 (Fri) 07:17

    ジョディさん。そうそう「アメリカン・ギャングスター」も思いっきりなんじゃこりゃ?なシロモノでしたねぇ。ヒネりもなく、ただ漫然と流れて行って、え?これで終わり?みたいなね。近いですねぇ、本作も。シチュエーション的にはもっと幾らでも面白くしようがあるのに、なんでこんなに通り一遍な事になったもんだか…。ベイル氏のあの異様な無表情は、フーバーの期待が重圧になってもいる少壮指揮官の必死さでもあったのかも、と思ったりしますね。30年ぐらいたってから自殺したのは何故だったのか原因は分りませんが、それが分かってみると、あの不気味なまでの鉄仮面もなにやら悲壮感を伴ってきますね。折々、照明やアングルの加減でひどく陰惨な顔つきにも映ってましたよね。右目の下に血管が浮き出て、それが照明で黒く蜘蛛の巣みたいに浮き彫りになって見えるシーンもあったりして…。今回は彼の内面的な演技もどちらかと言えば控えめだったような気もするんですが、ジョディさんは本当に、よくよくベイル氏がお好きなんですねぇ。熱い思いが伝わってきますわよ。ふほふほ。

  • 2009/12/20 (Sun) 00:16

    kikiさん、再びコメントです。
    メルヴィンの自殺については、FBI時代のダークな任務と良心との葛藤があり、退任してからもずっとそれを引きずっていたからではないか、と云われてるようです。負傷したデリンジャーの手下を執拗に痛めつけて吐かせる部下を背に苦悩の表情のメルヴィン、に特に象徴されてましたかね。
    出来ない上司と部下に挟まれ大変なメルヴィン。あぁ~。
    最初「アンタッチャブル」のエリオット・ネスのような颯爽としたイメージを想像してたら~?違ってましたね。
    ”不気味なまでの鉄仮面”かぁ、彼の得意とするところだわ。何を隠そう、そこらあたりが私にはツボなんですよ、ふふふ。もしかすると私はセレブなブルース・ウェインよりメルヴィンの方が好みかも、ですね。
    あ、それからよく気づかれましたね、右頬の上の蜘蛛の巣(笑)。あれは子供の頃の傷跡なんですって。でもそれが却って役の上でプラスになってる場合もあるようで。今回もそうかな?
    なんだかんだと言いつつ、あと2・3回は観たいんですけどね。





  • 2009/12/20 (Sun) 09:19

    ジョディさん。フーバーはあんなに早い時期からFBI長官の座を追われそうになりつつも、あちこちに職権乱用で張り巡らした盗聴網から人の弱みを握ってはそれを使って自分の立場を守ってきた腹黒い奴で(自分はホモであるという世間に知れたら一発でアウトな弱みを持っていたにも関わらず)、結局、終生FBI長官だったんですよね。ロバート・ケネディも彼を引き摺り下ろそうとしたけど、ケネディ家も脛に傷が多いもんで(兄貴の女狂いとか)フーバーに弱みを握られてて上手くいかず…。まぁそんなフーバーのFBIで管理職になればなるほど嫌な事を沢山させられ、嫌なものも沢山見聞した事でしょうし、メルヴィン・パーヴィスも降り積もったトラウマに耐えられなくなったのかもしれませんね。確かに表情を押し殺した演技、というのはベイル氏に合っているかもしれません。そういえばいつもそう表情豊かな方ではないですもんね。あの蜘蛛の巣は子供の時の傷なんですね?役者は顔の傷も武器のうちですものね。あと数回は行かれれば行きまするか?この映画を何度も観る人はジョニデかベイル氏のファンだけでしょうけれど、ファンというのはつくづくと有難いもんですね。(笑)ベイル氏もそれを知ったら感謝してくれますよ、きっと。ふほ。

  • 2009/12/20 (Sun) 22:19

    確かにジョニーはいつもながら、非の打ちどころはなかったし、
    カッコよかったけど、演技自体は予想の範疇だったかな。
    これだけ有名どころ(過去や最近の主役級まで混ざってたし)
    集めた割には、映画自体はどうも平凡でした。
    だから、ついファッションやら、インテリアに目が行ってしまったのかな~。
    ベイルさん、見間違いでなければ、目の下に凄い血管が走ってるんだなぁと
    ビックリしたけど、彼は相変わらず、スーツ姿素晴らしくて、また見惚れました(笑)。

  • 2009/12/21 (Mon) 23:22

    acineさん。まぁ、とにかく中途半端な印象の映画でしたね。ファッションやインテリアにしても、この時代をテーマにしたら、もっと美術や衣装が素晴らしい映画は他に沢山あるから特筆すべきものでもないし、総体に平板な感じ。背後関係も説明不足だしね。ジョニデは昔のような路線の作品に戻った方がいいと思いますわ。一般受けなんか狙わずにね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する