「007カジノ・ロワイヤル」-筋肉ボンドと沈む女-



2006年 ソニーピクチャーズ マーティン・キャンベル監督

そもそも、「007」映画については何も思い入れなどなかったワタシ。
大昔のコネリーさんの代表作は、いくつか子供の頃に懐かしの日曜洋画劇場とか水曜ロードショーとかで見た覚えがある程度。その後はもう全く見ておらず、代々役者が変わっても、「へえ、そう。勝手にやって」ってなもんでしたが、今回はなんだかもう異様に公開前から見たくて矢も盾もたまらぬ心持ち。
それはやはり、6代目襲名に際してあっちこっちからイチャモンの嵐を受け、ボイコット運動まで展開されたという大逆風の中を撮影スタートしたというダニエル・クレイグの記事を読んだあたりから始まったんだと思われる。この人がボンドに決まったというのは、「ぢごくみみ」という有名なブログに出ていたのを読んで、ふぉふぉ?ん、と思ったけど、知らなかったので、何の感想もないというのが正直なところだった。
それが一挙にひっくり返ったのは予告編を見てから。久々に短いトレーラーを見ているだけでワクワクしてきて、何がどうでも本編を見なくては!という気持ちに駆り立てられた。そこで彼の声を聞いたことが決定的だった。「誰であろうと始末する」とカクテルグラスを傾けながらヴェスパーに語るシーンの、声の低さと渋さにぐわんと掴まれ、「00要員は早死にしますから、あなたの失敗もすぐに消えますよ」とMを見上げて言うシーンの上目遣いの青い目にチクっと心を刺された。

そして、観てきました。
私としては面白かったの一言。
公開されるや、世界中で大ヒット。ダニエル・クレイグも絶賛の声に包まれて、まずは製作陣とクレイグの大博打は大成功。メデタシメデタシ。今回は、とにかくボンドガールの代わりにボンドが脱ぐわ、脱ぐわ出血の大サービス。海から髪のしずくを切りながら水着で上がってくるのはボンドガールのお役目と相場が決まっているのに、今回はボンドさんが2度も海からあがってくる。シャツの前をはだけるシーンも2回もある。極めつけは全裸さえ登場。ちょっと脱ぎすぎという観もあるけど、もてる限りのカードをフルに使って勝負に出たという感じのダニエル・クレイグの心意気はしっかと受け止めた。

(以降はネタばれありなので未見の人はご注意を)
私の個人的なツボは、カジノでゲームの合間の1時間の休憩中に、ルシフルを締め上げにきたテロリストたちに姿を見られて非常階段で格闘し、血まみれになりつつ2人のテロリストを始末したあと、部屋に戻って、裂けて血のついたシャツを脱ぎ、頭や顔の傷をお湯で洗い流すシーン。疲労困憊といった感じ。顔も半べそ気味に苦しげに歪んでいて、気付けにぐっとブランデー(かな?)を飲み干す、そのゴキゴキという喉の動きが異様にリアル。ドキュメンタリーでも見ているような臨場感。その後シャツを着替えて何事もなかったような涼しい顔でカジノテーブルに戻ってくる。このエライ目にあったあとで、何事もなかったようにカジノテーブルに戻ってくるのはもう1回ある。例の毒を盛られて心臓発作のあと、ヴェスパーの助けで蘇生して、ヨレヨレになりつつはだけたシャツの前を合わせていたかと思うと、まったく何もなかったようにルシフルの前に戻ってくる。この心臓発作のシーンで解毒剤の入った注射器を首の静脈だかに、ものすごく無造作にグサ!!と突き刺すシーンがあって、そこも結構ツボ。

そして今回は、ヨーロッパ風味の横溢するミステリアスなエヴァ・グリーンが「運命の女」役で登場したのもよかった。一抹哀愁の漂う彼女の面差しは、どこか竹久夢路型美女のフランス版という趣で、ボンドは彼女のルックスだけでなく精神性に惹かれたわけだから、このキャスティングで正解。相性もよかったんじゃないかと思う。二人で映っているシーンに、何か特別な空気がちゃんと流れていた。私が好きなのは、モンテネグロに到着してタクシーでホテルに向かうシーン。ここでソフトに丁丁発止という感じのやりとりがある。「君は俺のタイプじゃない」と言って、ふっと窓に顔をそむけるダニエル・ボンド。「知的だから?」と彼女。「独身だから」とボンド。エヴァちゃんはブロンソン主演のサスペンス「雨の訪問者」で彼につきまとわれるかわいい人妻を演じたマルレーヌ・ジョベールの娘さん。母は赤毛のファニーフェイスだったのに、娘はミステリアスな美人になったね、などと思っていたら、エヴァちゃん、フルメイクの下からうっすらとそばかすが…。うん、確かにジョベールの娘さんだね、と納得した。水底に沈む女、というのも彼女らしくていい。救い出そうとするボンドに一瞬近寄って、いとおしげに彼の指にほお擦りをし、キスをするシーンは痛切きわまりない。これじゃとても忘れられない。

ポーカーのシーンはもう少しハラハラとスリリングにもできたんじゃないかと思う。これは演出の問題だけど、少し平板な描写だった。だからその間にあれこれアクシデントを入れて場をもたせているんだろうと思うが、ゲームシーン自体にもう少し工夫があると更に良かった。残念。

ともあれ、公開中に何度も行こうなんて思える映画はそうそうない。あと2回は行こうと思う。できればそのうち1回はpure 4Kで観てみたいかな、と。

そういえば、どこかで誰かのブログにあったけど、無意味に話に関係ないところで美女が出てくるってのは本当にそうで、オーシャンクラブの受付嬢はブロンドで、ゴージャスでちょっと目を引く美人だった。歴代ボンドならここで彼女に一振りコナをかけてってなところだけど、なんせ今回はまだ余裕がないだけにただの事務的なやり取りで終わってしまう。少しもったいない。

●当ブログのダニエル・クレイグ関連記事(「カジノ・ロワイヤル」関連含む)一覧

   >>この記事へのコメント