「風の視線」

~オトナの男・佐田啓二
1963年 松竹 川頭義郎監督



まだ一度も観た事のない佐田啓二のレアな出演作を観てみようという事で、ピックアップした松本清張原作の「風の視線」。共演者には新珠三千代岩下志麻とくれば、万一ハズしてもそこそこ楽しめるかもしれぬしね、などと思って観賞スタート。

松本清張原作だから無条件にサスペンスに違いないと思って観ていたら、最初の方で名刺代わりのように死体が出てきたりもするが、それは本筋とは何の関係もなかったりする。なんとこれはサスペンスではなくメロドラマであるのだった。松本清張原作のメロドラマか…。なんでも書きまくってますね。しかも出たがり清張さん、またちょろっと出演しちゃってるんですのね。なんか嬉しそうに。…やれやれ。まぁ、出たがり清張は脇へおいて、このたびはいい具合に中年にさしかかった男の色気がくゆる佐田啓二をとっくりと拝見した。
あらら、あなたったら今回はW不倫でらっしゃるのね。…まぁ。


替え上着も素敵な佐田啓二 さすがの二枚目

お話は、中年男女と若い男女の恋愛模様の縺れを描いたもの。佐田啓二は不仲の妻をよそに、大会社の支社長夫人である竜崎亜矢子(新珠)と恋愛関係にある。その亜矢子を慕う売り出し中の若いカメラマン奈津井(園井啓介)は、彼女に薦められるまま好きでもない女・千佳子と見合いをして結婚するが、千佳子(岩下志麻)は亜矢子の夫、竜崎の愛人だったという過去があった…。

というグジャグジャとした相関図の元に展開するメロドラマ。ぶっちゃけてしまうと映画としてはあまり面白くないし、スターを配しているのにどこがどうというわけでもない出来ではあるが、ワタシの大好物の愁いの影をそこはかとなく纏った佐田啓二が、オトナの男の落ち着きと色気と渋みを出していて単体でふるいつきたいほど良いのと、声や姿のしなしなとした(声がとにかく色っぽい)奥様のしっとりお色気なら任せてね、の新珠三千代がいかにもな奥様っぷりでいい感じなのと、上司に酔い潰されて不倫関係に陥り、そんな男がなかなか忘れられないおぼこいOL(カメラマンの新妻)の役で若い岩下志麻がとても初々しい爽やかな色気をにじませていて、やっぱり良かったのだった。


しっとりした三千代さん(左)と お志麻さん(右)この時期は初々しいのでお志麻ちゃんという感じ

そしてこの相関図のカナメにいる竜崎という男に山内 明である。上手い。お目当て佐田啓二以外に、この山内 明が良かったので、大した映画じゃないけどずっと観てしまった次第である。良かったといっても男振りがどうとかそういう事ではなく、女は弄んで捨てればいい、と思っている、名門の家に生まれた鼻持ちならない男を、これ以上なく上手く表現していた。妻に「あなた」と呼びかけ、言葉使いが紳士的でやんごとない。「君、○○してくれたまえよ」みたいなノリで常に殿様風に落ち着き払っているが、女房は老母の世話係として置いておき、彼女が別れたがっている間は絶対に離婚しないと残忍な笑みを浮かべる。要するに女は消耗品で、その場その場で適当に遊んで乗り捨てればいい、という傲慢な男である。嫌味なまでの余裕といい、殿様風のオーラといい、山内 明、とってもナイスだった。


丁寧な言葉使いの傲慢不遜かつ唯我独尊な男を演じる山内 明 さすがの好演

そんなわけで主要キャストがみな、それぞれにきちんと仕事をしている中、一人ズボっと陥没しているのが園井啓介という俳優である。この地味な俳優はこの時期に松竹売出しの若手だったのかもしれないが、いかんせん、大根でズブの素人という感じ。人妻に恋しつつ、それが叶わないのでヤケクソになり、好きでもない女と結婚してその女にも過去があるらしいので余計に屈折する、というねじれたキャラを演じるにはあまりにも演技力が不足しすぎである。しかも、彼の職業は雑誌のカメラマン。そんな仕事をしている男に見えないのよね。山男か、気の効かない田舎の体育の先生あたりならともかくも。おまけにこいつは、新婚旅行の初日から可愛い新妻のお志麻ちゃんに対して「僕には干渉しないで欲しい。君にも干渉しないから」なんて身の程知らずの高飛車な宣言をかます勘違いぶりで、居丈高に自分勝手な事をほざいた挙句に唐突に旅行先も変更する始末。一体全体ナニサマだ、お前は!しかも、そうやって一方的に妻と距離をおいていながら「彼女には何か過去がある。だから僕を寄せ付けないんです」なんて抜かすのだ。キサマ、冗談は顔だけにしておけよ。
…と、まぁ脚本が悪いのか、原作が悪いのか、園井啓介がマズすぎるのか、このカメラマンのキャラがさっぱり立っていない為になんだかなぁ…な出来になってしまったような気もするのだけど、とにかくプロの俳優たちの中に一人ド素人が混ざって棒セリフで全てをぶち壊している感じの園井啓介は大バツである。
いずれ大した映画じゃないにしてもヒドすぎる。他に居なかったのかしらん、若い俳優。
ともあれ、後々まで名前が残るホンモノの綺羅星と、ちょっと出てあっさり消えていく星屑の違いが如実に分かる一篇でもある。


“一般人”と“映画スター”はこんなにも違う 園井啓介(左)と佐田啓二

まぁ、園井啓介なんかどうでもいいので話を佐田啓二に戻すと、この作品での彼は新聞社の文化部デスクという役で、もう何年も他人状態の妻(奈良岡朋子 ひゃ~~!適役)とは半別居状態で他人の奥様・新珠三千代と出会う前にはバーのマダムなどとも火遊びをしていた男という設定。そりゃこんな二枚目でデスクだもの、モテちゃってモテちゃってしょうがないわよ、ねぇ。
いや~佐田啓二。モノクロ画面からも織がしっかりしている事が窺われる上等の替え上着を着こなして、たゆげにバーのソファでウイスキーなどをちびちびとたしなむ様子の、なんとサマになっていることか。


♪ウイスキーが お好きでしょ もう少ししゃべりましょ

ワタシも大人な年齢になったせいか、いい年頃の艶のある男前には、ほんとうに惚れ惚れする。夜のタクシーで物憂そうに後部座席に座っている様子とか、しつこいマダムにへばりつかれて冷たい愛想尽かしな顔をしている様子とか、若いカメラマンに囲まれて写真の評をしているシーンとか、もちろん三千代さんと一緒のシーンなど、佐田啓二はどのシーンもどのシーンも魅力的で、どうせ佐田啓二を観たいんだから、映画としてイマイチでも彼のキャラがいい感じであればそれで満足だわ、こりゃ、などとも思った。しっとりした新珠三千代とのコンビネーションも良く、意外にもずっとプラトニックだった二人がついに宿で想いを交わすシーンではメロドラマ的なキスシーンもあって、さすが二枚目。キメるところは逃さずキメている。男盛りの佐田啓二を堪能させていただいた。


「この火が消えるまで待って」と言われて、そっと火を吹き消す佐田啓二 …サマになるねぇ

でたがり清張は、売れっ子作家の役でなんだかんだと3シーンぐらい出てくるし、割にセリフもある。ナイトクラブでダンスをするシーンなどもあって、傍の観る眼はともかくも、センセイは一人ご満悦、という気配がフィルムの中から漂ってきた。スターに囲まれて嬉しかったんでしょね。常にヤニ下がっていた。



冒頭にも書いたように映画としては、何がどうという事もないメロドラマである。それ以上でもそれ以下でもない。が、折々ロケシーンで映る昔の東京の街並みや、銀座の裏通りの風情、また赤プリ(赤坂プリンスホテル)ロケなどで、当時の赤プリの客室内部などが窺えるのもなかなか興味深かった。
そして、あまり大した事はない映画に出ている時にも、佐田啓二はやはり二枚目オーラ炸裂のザ・佐田啓二であるのだなぁと改めて感じ入った。

コメント

  • 2012/09/03 (Mon) 23:35

    初めまして。私もちょっと前から佐田啓二さんが好きになってしまいまして(笑)・・
    ほかの佐田さんの記事も拝見しましたが、私も数多くいらっしゃる昔の日本の二枚目俳優の中で佐田さんが一番素敵だと思います!

    若い頃とはまた違った色気をだしているようですね、不純なようですが、この映画の大人のラブシーンを観てみたい・・・

  • 2012/09/04 (Tue) 00:09

    ペネロペさん 初めまして。
    佐田啓二にはまられたんですねー。何か最近、静かに佐田啓二好きだわ、という人が増えているような気がするんですよ。佐田啓二ってあのパラリと垂れた前髪と涼しい目元が何ともいえませんわね。ちらっと哀愁もあったりして。晩年はいい人だけじゃなくて、けっこうズルイ奴や嫌な奴も演じるようになっていて、もっと色んな役を演じる佐田啓二を見たかったなぁ、と思うんですが…。
    これ、ちょっと大きなツタヤにはあると思いますので、是非ご覧になってみてください。映画の出来はともかく、佐田啓二は素敵ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する