「椿三十郎」

~鞘のない刀~
1962年 東宝 黒澤 明監督



2本の三十郎ものでどちらが好きかと言えば、ワタシはやはり「用心棒」の方が映画として好きだけれど、娯楽性という視点で観れば、トントンとテンポもいい「椿三十郎」は「用心棒」より上かもしれない。でも、なんといってもこれは出演者のアンサンブルですね。我らが敏ちゃんこと三船敏郎が輝きわたっているのは当然として、若侍たちは目立つところに加山雄三を始めとする当時流行っていた若大将シリーズからの顔ぶれを配して時代劇に新鮮な空気を入れたな、という感じ。(でも田中邦衛は案外これというところはない)最も際立っていたのは入江たか子と小林桂樹。アンパンこと団令子も意外におっとりといい味を出していた。
ワタシ的には入江たか子のフィルモグラフィにこの作品が加わって本当に良かったとしみじみ思う。



それにしても、三十郎はなんで血気にはやる若侍達の押しかけ助っ人をやる気になったのだろうか。
退屈しのぎ~なんだかんだ言ってお人好しだから~もしくはその双方か。ヒヨコどもがあんまりピヨピヨと危なっかしくてしょうがないので、黙っていられなくなっちゃった、と。裏を返せばそれぐらい退屈していた、という事か。「死ぬも生きるも我々九人」と若侍達が言うと、すかさず「十人だっ!」と仲間入りを宣言する三十郎。
実はさみしがりやなのか。かわいい三十郎。



上映時間も短いし、トントンと運びも速い作品なのだが、だから冒頭の若侍達の相談シーンは唐突に始まるという印象がある。なんか途中から映画をみているような感じ。それもこれも、先に「用心棒」の成功があって、本作では三十郎について紹介的な描写をする必要がないから、という事が前提としてあるのだろう。
海千山千の三十郎と、烏合の衆のような頼りない若侍達のかけあいが笑いを誘うのだが、血気にはやりつつ間抜けな若侍を相手に、敏ちゃん三十郎の、底に愛情のあるぶっきらぼうなあしらいや、えもいわれない愛嬌も全開。この頃の敏ちゃんは、地声の低めの良い声で唸らないでセリフを言っていたので、台詞廻しもとてもナイスなフィーリング。そして、持ち前の素早い動きはこの作品でも遺憾なく発揮され、城代の奥方と娘を救い出すシーンで、植え込みから飛び出し、石橋を渡って庭を突っ切り、あっという間に二人の見張りを斬り伏せる動きの早いこと早いこと。敏ちゃんは真面目な努力の人だったので、居合いや乗馬の稽古など、常にたゆまず行っていた。そうでなければ真似だけでもあんなに素早く大刀を抜くことなどできはしない。

そして、なんといってもこの作品は、入江たか子の奥方と敏ちゃんの三十郎のからみがチャームポイントである。入江たか子は戦前の大スター。美貌と抜群のプロポーションでモダンガールの筆頭だった。無声映画時代が全盛期の美人女優で、華族の生まれという異色の出自。戦前には入江プロダクションを作り、お抱え監督に溝口健二なども居た。だが、戦後は人気が衰え、結婚にも破れ、化け猫シリーズなどキワモノ映画にも出演(ご本人は「化け猫」をやって良かったわと言っていたらしい)するが、かつてのお抱え監督・溝口に「楊貴妃」(京マチ子主演)撮影中、苛め抜かれたりしてひっそりと銀幕を去り、銀座の裏通りで小さなバーのマダムをして、二人の子供を育てていた。そんな彼女のバーに、ある日黒澤が訪れ、出演依頼をした。それがこの「椿三十郎」の城代家老の奥方役だった。華族のおひいさまとして生まれ、戦前の銀幕の華として栄華を極めたあと、一転して戦後は押し寄せる過酷な人生の山坂や荒波を潜り抜けてきた、そんな入江たか子の“人間力”と、いかなる境涯にも損なわれる事のなかった天性の気品が、この奥方役にあますところなく生かされている。


奥方役で味わい全開の入江たか子 (左は戦前の全盛期)

刀と智力にかけては誰にも負けない三十郎が、この奥方の前では、人としてどうしても勝てないものを感じる。照れ屋の仮面の下に隠した素顔や、怪物的な腕を持ちつつ浪々の身でさすらっている理由などを、ほんの僅かな間にこの奥方には見抜かれたような気がするからだ。奥方はおっとりしているがタダモノではないのである。ぎらぎらしている三十郎は奥方にその殺気をたしなめられると襟足を掻くしかない。奥方にかかっては三十郎も利かん坊の若造扱いである。奥方の言うように、本当にいい刀は鞘に入っているものかもしれないが、三十郎は鞘に入っていられない刀なのだ。入っていた方がいい事は分かっているが、じっと入っていられないのだ。鞘になど入れられたら、却って歯こぼれしてしまうのである。



それにしても、この奥方役に忘れられていた入江たか子を持ってくるというこの慧眼。全盛期の黒澤はやはり冴え渡っていたと思う。モノクロ作品の黒澤と後半のカラー作品の黒澤は全く別物、別人だとワタシは思う。
人は生涯を通じて輝き続ける事はできない。いかに人生が長くなろうとも、そのプライムは10年ほどしか無いのだ。

捉われた敵方の侍を演じる小林桂樹のとぼけた味わいも忘れ難い魅力がある。このひょうひょうとしたとぼけた味は彼でなくては出せないだろう。東宝十八番のサラリーマン喜劇で培われた絶妙の間合いと味が生きている。徹底的に娯楽に徹した本作において、黒澤は当時の東宝の看板だったサラリーマン喜劇と若大将シリーズのエッセンスを取り込んでコラボレーションしているのだ。観客サービスである。こういう遊びに徹した軽みが、黒澤作品の中でも本作がいま特に受ける理由の1つなのだろう。軽やかなコメディタッチで軽快に話を進めつつ、モノクロの絵はどこから切り取ってもビシっと絵になっている。流れを下ってくる赤い椿は実は黒かった(モノクロで撮るとその方が紅く見えるらしい)というのは有名だが、このシーンをカラーで観てみたいとは思わない。モノクロのままでもちゃんと白い椿と赤い椿が映っている。



三十郎に同類としての何かを感じる適役・室戸半兵衛の仲代達矢の不気味なギラギラ感もバッチリと効いているが、室戸も凄んでいるわりに間抜けなところもあり、腕と柄になんとなく惚れて三十郎に腹を割ったのに裏切られた(三十郎も室戸に同類としてのシンパシーを感じてはいたのだが…)というところにもモノノアワレを感じる。大目付・菊井を演じる清水将夫が悪賢い感じをよく出ていて目立っていた。最後の最後に長い顔で登場する伊藤雄之助も、もちろんいい仕事をしている。

ワタシは、晩年の唸ってばかりいる敏ちゃんからは消えてしまった愛嬌が、この時代の敏ちゃんにはふんだんに溢れているのを観るのがとても好きなのだが、この作品でも、本当にいい味が出ている。根はお人好しのくせに、そんな事を人に知られたり、感謝されたりするのは嫌でたまらない三十郎。褒めたい時にも悪口しか言えないのは照れ屋だからだ。「いい人だ」なんて思われるぐらいなら「なんだよ!あいつ」と思われていた方がいい。この偽悪者・三十郎のありようがとても好ましいのである。ワタシは偽善的な人や事柄に非常に強い拒否反応を示す傾向がある。生理的にキライなのだ。他の人は騙されても、そういうものには鼻が効くのですぐに偽善を見破ってしまう。同時に偽悪的なものもすぐに感じ取れる。その照れくささがぶっきらぼうさの後ろから漂ってくるのが分るのだ。三十郎のキャラはそんなワタシの感覚にピタっとフィットする。
ましてやそれを敏ちゃんが演じているのだ。堪えられない味わいである。


コリン・ファレルに似て見える時もある

ラストの一騎打ち。敏ちゃんの抜き手の鮮やかさにはDVDをスローモーションで観ても早いなぁ、と感心するのだけど、問題はその後だ。いくら動脈を斬ったって、あんなに噴水みたいに血は出ないでしょうに。オーバーよ。黒澤は時折演出がオーバーになってしまうのだけど、ポンプを使ったというこの血の噴水はその最たるものか。それと、小倅たちに平伏されて去るなんて、あんまり三十郎らしくないなという感じがするので、そういう点でもワタシは「椿三十郎」より「用心棒」の方が好きなのだ。
それはさておき、三十郎と室戸との間に通う同類としてのシンパシー。互いに鞘のない刀としてしか生きられない因果なさだめ。どうにもやりたくなかった決闘には勝利したものの、後味の悪さはいかんともしがたい三十郎。室戸の死にざまは、いつか訪れる鞘のない刀の末路なのである。がしかし、鞘におさまっていられない三十郎は様々なしがらみや想念を肩をひとゆすりして振り払い、また、足の向くまま気の向くまま、一所不在の旅に出るのである。


血が噴水すぎ



三船敏郎は日本映画界が生んだ最高のスターだ。彼の衣鉢を継ぐことなど誰にも出来ない。到底及ばない俳優を使って同じ脚本でリメイクするなんて馬鹿げた企画もあったようだが、つくづくと愚かな事だと思う。そんなリメイクに一体どんな意味があるのだろうか。ワタシにはなぜそんな無意味なリメイクを作ろうと思うのかが、どうしても理解できないでいる。

コメント

  • 2010/04/03 (Sat) 00:41

    kikiさん、今月は敏ちゃん月刊なのですね!

    「椿三十郎」、大好きです。敏ちゃんものではこれを一番多く見たかもしれません。
    好きなシーンも盛りだくさんですが、kikiさんの挙げていらっしゃる、奥方とお嬢さんを助け出すシーンで、石橋をたたた~っと突っ切って切りつけるところ、このシーンに最近妙にひかれます。
    ふすまに書かれている文字をなぞる敏ちゃんも愛嬌満点ですねえ。

    コリン・ファレルに似てるという、この写真に見られるような上目遣いの敏ちゃんを「椿~」ではよく見れる気がするんですけど、この角度の敏ちゃんがわたしはとってもお気に入りです(目がハート状態)。

    入江たか子さん、昔は美しかったのに、そのうち「化け猫女優」と言われるようになった、などと聞いていましたが、若いころのお姿を見たことがなかったのですが、こんなに愛らしいお顔をしていらしたのですねえ。かなりのビックリ度でした。

    わたしも森田ナニガシ監督がリメイクをするなんてなんという身の程知らずか!と思いました。
    テレビで放映されたのをちらっと見ましたが、織田前髪侍が真新しい着物を着ているのを目に入るや、「ありえない!」と思って見るのを即座にやめました・・・
    ただ、織田三十郎を見た人たちが「オリジナルがあるらしいぞ」とミフネ三十郎に行きついて、「あれ、こっちのほうがカッコいいじゃん!」って思うことになれば、まあリメイクの意義もあったのでしょうかね。だって悲しいかな、やはりいくら黒澤映画がスゴイ!と聞いても白黒だというだけで見向きもしない輩もたくさんいるようですし。

    次はどの作品かなあ、楽しみにしてまする!!

  • 2010/04/03 (Sat) 09:14

    ミナリコさん。敏ちゃんオンリーにはならないかもしれないですが、いつもに較べると多くなるとは思います。お楽しみに。
    ほんとに、「椿 三十郎」では、あの植え込みから走り出て見張りを一気に斬るまでの時間の早さ、動きの早さに惚れ惚れしますよね。ワタシは「用心棒のテーマ」も大好きなので、走り出るあたりから見張りを斬るまであの曲が流れるのも、えもいわれませんわ。この頃までの敏ちゃんは、ああいう愛嬌のある顔つきや愛嬌のあるセリフ廻しが折々出て、それが大きな魅力でしたね。いつからそういうものが陰を潜めたのか…。軍人ものなどをやりだして以降ですかねぇ。あの飄々とした愛嬌がいつからか消えたのが、とても残念です。
    入江たか子さんは、離婚して二人の子供を育てるために戦後はどんな端役でも声が掛かれば出演したので、「化け猫」も夏場のキワモノ映画だけれど躊躇なく出演を決められたそうです。その後、溝口に「あなたの芝居は猫芝居だ」などと撮影現場でキメつけられたけれど、「猫をやってよかったわ」と後年言ってらしたとか。なかなかのお人です。戦前の代表作に溝口の撮った「滝の白糸」(無声映画)がありますが、実に綺麗です。スチール写真しか観た事はないんですが…。そうそう、萬屋錦之助の宮本武蔵シリーズでお通を演じている入江若葉は入江たか子さんの娘さんです。

    リメイクの件ですが、せめて脚本を新しく書いたならまだしも、同じ脚本を使ってリメイクすると聞いて余計に「なんでそんな無意味な事を…」という感じが強くなりましたね。TV放映された時に数秒だけ観たけれど、あまりにも予想通りだったので早々に見るのをやめました。ミナリコさんもご同様でしたのねん。そのリメイクを観てオリジナルを知らなかった人達が関心をもってくれるなら一応の意味はあるか、とワタシも思いましたけれどね。「用心棒」もリメイクするとかしないとか言っているようなので、「用心棒」はやめときな、ヤケドするよ、と言いたい気持ちしきりです。(笑)

  • 2010/04/08 (Thu) 10:45

    約一年前にNHK放送にて観たのが最初でした。そして、「用心棒」は録画ミスで、未だに未見というていたらく^^
    もともと三船という俳優は凄いと思っておりましたが、改めてその感をもった鑑賞でした。

    拙記事、名前にリンクさせております。
    リメイクは、観ておりません。

  • 2010/04/08 (Thu) 22:20

    十瑠さん。「椿三十郎」を観られたのなら、是非「用心棒」も、今度何かの機会に放映されたら必ず捕獲してご観賞下さい。ワタシはやはり「用心棒」が黒澤のNo.1だと思いますし、三船敏郎とのコンビ作としても頂点の作品だと思ってます。ぐわし!

    あのリメイクは、ワタシ的には存在しないも同然でございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する