スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイアンマン2」 (IRON MAN 2)

~とにかくスカヨハ!~
2010年 米 ジョン・ファヴロー監督



前作からもう2年も経ちましたかねぇ。1作目は劇場で観たきりなので話を殆ど忘れていたのだけれど、トニー社長と秘書ペッパーだけは覚えていた。前作のレビュー末尾に「面白かったが次回作は観ないかもしれない」というような事を書いたのだけど、配役が発表になったらやはり観たくなり、ちょっと楽しみにしていた本作。
だってスカヨハにミッキーだもの。これはやっぱり行かなくちゃね。
前作で、自ら造りあげたパワードスーツでテロ組織と闘った軍事企業の社長トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)は、アイアンマンは自分である、と発表するが、スーツは武器ゆえ国家に差し出せ、という国の命令を拒否する。一方、TVで報道されるトニーの言動をチェックしては不気味な笑いを浮かべる男イワン(ミッキー・ローク)。彼はトニーとその父ヘンリーに、親子二代に渡って根深い恨みを抱いていた…。

というわけで、
前作の方が風刺が効いている感じでストーリーとして面白かったと思うのだけど、今回はもうお祭り状態とでもいいますかね。ドンパチも派手になり、敵方も量が増え、ストーリーが薄い分、キャストを濃くしてご提供してみました、という感じだった。
そして映像面での見せ場はキッチリと押さえてアピールしている。
例えば予告編にも出てきたけれど、モナコのレース場で電気ムチを振り回して迫ってくるイワン(ミッキー・ローク)の攻撃を辛くも交わしながら、折りたたまれてケース状になったパワードスーツを、トニーが大観衆の前でカシャカシャカシャカシャ・シャキーンと着てみせるシーンの妙なカタルシス。スーツが組みあがっていく動きがリズミカルかつスピーディで、思わず「おぉ?!」と拍手したくなってしまうような見せ方を心得てるなぁ、という気がする。
あとはマリブの自宅ラボで、トニーが立体ホログラフィを自在に操りながら、音声でコンピューターにあれこれと処理を命じるシーンも、アイアンマンとしてはお約束の見せ場なので、今回もバッチリと登場。そぉんなに簡単に捜し求めていた元素が見つかるなんて…とも思うのだけど、まぁ、いいか。こういう映画であまり細かい事言ってもね…。



ロバート・ダウニーJrという人は顔や持ち味に愛嬌があって、これがやはり強力な武器なのだなと思う。オッサンだけど、なんかカワイイものね、目がぱちくりして。睫がくりんくりんして。ワタシは彼を好きでも嫌いでもないので、他の映画で観るとあまり良いとも思わないのだけど、このトニー・スターク=アイアンマンには、とにかくバッチリとハマっている。それはもう、シャーロック・ホームズなどよりもずっとハマっていると思う。ドーナツ屋の巨大なドーナツの輪っかの中でドーナツを食べている姿は、今後のトレードマークになりそうな程にキマっていた。ドーナツ屋さんにもいい宣伝になったことだろう。



今回の宿敵イワン(ウィップラッシュ)を演じるミッキー・ロークは、それまでに散々予告編で見たので、雰囲気が分り過ぎてそれ以上でもそれ以下でもなかったが、余裕綽綽で楽しそうにヒールを演じていた。ムチを両手で振り回しながら、ツーステップでトニーに近づくところなんてギャグみたいで笑ってしまった。でも何故か最近の映画の中では、本作でのミッキーは昔の面影が少し戻っているように見えるカットもあり、なんだかんだ言っても目元が変わらないと人間の顔の印象というのは、そう変わるものじゃないんだな、と実感した。ただ、二枚目だった頃よりも地に足がついて、楽しく仕事をしているんだろうなという感じがした。あのままよりか、役の幅はずっと広がったものね。


Welcome back, Mickey !

ダウニーJrもミッキー・ロークもいい味を出していたのだが、ワタシ的には、この映画の印象を全て浚っていったのはスカーレット・ヨハンソンだった。いいですねぇスカヨハ。出てきただけで嬉しくなる。今の彼女はまさに時分の花。パーっと光り輝いている。ブロンドもいいが、ブルネットもこれまたOK!君は両方似合うのか。鬼に金棒だねぇ。



スカヨハがびゅうびゅうといい女オーラを放っているので、横にカカシのように立っているペッパー役のグィネス(パルトロウ)はどこから見ても引き立て役にしか見えなかった。…お気の毒。
グィネスといえば、「アイアンマン」シリーズでの彼女は毎回、魅力薄。赤毛でそばかすでやせぎすの秘書という役作りなのか、常に「私が一番」でいたい彼女としてはあまり面白くない役じゃないのかしらん。どうかしらん。


赤毛のノッポのカカシみたいなグィネスのペッパー

今回はなんたって、スカヨハが全部持って行ったもの。グィネスなんか出てたかしら?というぐらいに霞んでいたものね。あまつさえ、グィネスの出てくるシーンは全て苛々したというか…。ワタシはグィネス・アレルギーはないのだけれど、「アイアンマン」のグィネスはちょっとイケてない感じである。今回も、登場するなり社長の世話女房気取りで、あれ?いつ結婚したの?もう結婚してたんだっけ?とポカンとしてしまうほどだった。

対するスカヨハは常にピチピチのタイトなワンピースにハイヒールか、ピチピチのボディスーツにブーツ、といったいでたちで現れ、いずれも実にキマっている。それでも前半はお色気ぐらいしか見せ場はない感じなのだが、大詰めに至って、黒いボディスーツでめくるめくアクションを決め、カッコイイ事限りなし。アクションも上手いじゃないの。
あなたったら何でもできるのね。10点さしあげる。
このアクションシーンのスカヨハは必見。このシーンだけもう一度観たいかな、と思うぐらいにカッコよかった。


また一段と引き締まってメリハリボディに磨きがかかっていた ヒュ?ヒュ?!

今回、新たに登場した、トニーの亡父も設立に関与していた組織が、今後のシリーズにも再々登場してきそうな気配。サミュエル・L・ジャクソンもレギュラー入りという事か。

正直、ちょっと中弛みして冗長な感じもあったので(15分ぐらい刈り込んでも良かったかも)次回はもう見なくてもいいかな、と思ったりするのだが、ゲストのキャストが発表されて、それに甚だ食指が動くと、また観に行っちゃうのかもしれない。
キャストに乗せられてついつい観に行っちゃうのかしらん。ワタシったら。ふふふ。

コメント

  • 2010/06/17 (Thu) 23:37

    「アイアンマン」は WOWOW にて鑑賞。
    一気に観ちゃいました。面白かったーー!
    痛快ですね、トニーのセレブなモテぶり、アイアンマンでの闘いぶり。
    パワードスーツもカッコいいし。 でもマスクがちょっとのっぺり? でもそこがまたいいのかも。
    最初誰かわからなかったジェフ・ブリッジス。つるつる頭にしもぶくれの顔・・・あっ!布袋様だ!(笑)

    2 も面白そうですね。確かにこのゲストなら観に行きたくなるでしょう。
    ふむふむ、スカヨハそんなにかっこいいんですね。
    今月観たい映画が他にもいろいろあって迷います。行けなかったら一年後またWOWOWかな。




  • 2010/06/18 (Fri) 00:05

    ジョディさんはWOWOW契約されてるんですのねん♪
    「アイアンマン」、案外面白かったですよね。「アイアンマン2」も悪くなかったけど、ワタシは1作目の方が面白かったな、という印象があります。でも1作目をみている間中、なんでダウニーJrがこれに主演してるんだろ?なんでダウニーJrってあっちこっちに引っ張りダコで売れっ子中年になってんだろ?なんでだろ???みたいな事をぼんやり考えてましたね。結局のところ、上手くてカワイイからなんでしょね。で、「アイアンマン2」。ミッキーも楽しそうでしたが、スカヨハは猛烈に良いですよ。一人で光り輝いてます。「ゴーストワールド」あたりからムードのある子だなと思ってたけど、演技も上手いし、昨今メキメキといい女になってきましたね。今後の活躍も楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する