「瞳の奥の秘密」 (EL SECRETO DE SUS OJOS)

~ウォンバットの恋~
2009年 スペイン/アルゼンチン フアン・ホセ・カンパネラ監督



アルゼンチンのサスペンス映画だという事と、タイトルに何となく引っ張られて観に行く事にしたが、シャンテ・シネはまたも満員の大盛況。幅広い年齢層がつめかけている。ハテ?と思ったらアカデミー外国語映画賞を取った映画だから、というので来た人が多いようだ。客層的にそんな気配濃厚。ふぅむ。
さてさて。アルゼンチンのサスペンスってどんな感じだろう。
冒頭、駅のホームでの男女の別れのシーンは、鋭い程にピントのあった対象と、背景のぼやけ方の落差や、色彩、質感が独特で、これは面白い絵だな、と思った。女性の瞳のアップに、おぉ、その瞳の奥にどんな秘密が…などとかなり期待は盛り上がったが…。

梗概:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、有り余る時間を使って、彼の人生で未だ忘れることの出来ないある殺人事件を小説にしようと決意する。そしてかつての職場を訪ね、当時の彼の上司で、今では検事に昇格している女性イレーネと再会を果たす。2人が関わった事件が起きたのは、25年も前の1974年。銀行員の夫リカルドの最愛の妻が自宅で暴行殺害された事件。やがて捜査は暗礁に乗り上げ、そのまま1年が経った頃、ベンハミンは駅で容疑者発見に執念を燃やすリカルドを偶然目にする。その姿に触発され、イレーネとともに捜査を再開したベンハミンは、ついに事件の核心へと迫るのだったが…。(all cinema onlineより)

ある日、突如として妻リリアナが暴行され、殺されてしまった若い銀行員リカルド。彼は「犯人に死んで欲しいとは思わない。死は一瞬だ。終身刑でいい。長く苦しんで生きてほしい」とベンハミンに語る。被害者の夫・リカルドを演じているパブロ・ラゴという俳優は、どことなくエイドリアン・ブロディに似た面差し。ブロディを小振りのラテン系にしたような雰囲気だ。リカルドが殺された妻をいかに深く愛していたかを知るにつれ、ベンハミンはどうかして犯人を捕らえたいという思いと、自分もそこまでの深さで人を愛したいという憧れのような感情を2つながら抱く。


ある日、突如妻を殺されたリカルド(右)

ベンハミンは裁判所で検事や判事の下で働く助手のようなものだろうか。事件が起きる少し前に、彼の職場に若い女性の上司がやってくる。才媛の判事補イレーネだ。イレーネを演じるソレダ・ビジャミルは南米の倍賞美津子という感じ。ベンハミン役のリカルド・ダリンよりも背が高い。リカルド・ダリンはラテン系のウォンバットおやじという感じ。
ベンハミンはイレーネに一目ぼれする。


シャキっと長身の男顔の女と、モチャモチャしたウォンバットみたいな中年男

そんなベンハミンは、ある日殺人事件の現場に行き、若い人妻リリアナの無残な死体にショックを受ける。被害者の夫リカルドに会いに行き、リリアナの昔の写真を見ているうちに、どの写真でも常にリリアナを異様な眼差しでじっと見ている男の存在に気付く。彼がその男の熱視線に気付いたのは、自分も職場で常にイレーネを目で追っているからなのだ。熱視線の男が犯人だと確信したベンハミンは部下のパブロと密かに捜索を開始する。

ベンハミンの部下でアル中のパブロを演じたギレルモ・フランセーヤがいい味を出していた。酒さえ飲まなければベンハミンよりずっと有能かもしれないのに、昼間から酒を飲んではベンハミンにバーから連れ戻されるパブロ。飲んだくれたパブロをいつも車に乗せて彼の家に送り届けては、パブロの妻に文句を言われるベンハミン。怒るより、面倒をみてもらって礼を言うべきだろうのに、パブロの奥さんはなかなかユニークだ。他人事みたいにベンハミンに文句を言う。自分の亭主なのに家に入れなかったりする。こういう奥さんは日本人にはまず居ないだろう。このパブロのベンハミンに対する命がけの友情がホロリとさせる。


パブロのキャラがなかなか良かった

過去の事件の真相を手繰りつつ、主人公の、25年も凍結されたままになっている恋愛模様をシンクロさせて描いているのだが、どうもその絡ませ方がしっくり来ないというか…。それはワタシがベンハミンを演じたリカルド・ダリンという俳優の顔や雰囲気をどうにも好きになれなかった事が影響しているかもしれない。二人が25年前に別れた駅頭でのシーンも、そこに至って何故か急に盛り上がったという感じで、イレーネは泣いて列車を追いかけるほどにウォンバットに惚れていたのかぁ?という感じで、唐突感が否めなかった。大体、それより前に他の男との婚約を決めているわけだし、そんなに好きなら他にやりようもあったでしょうに、という感じがする。

そんなのアリか?さすが南米、と思ったのは、殺人事件で逮捕され収監された男を、情報屋として使えるからといって、裁判所の人間が裏取引のような真似をして釈放することなど出来てしまうのかぁ?というシーン。そんな事が出来ちゃったら、いくら捕まえたって底の抜けたザルみたいなもんでしょうに。


捕まえた筈なのに…

ところどころいいシーンもあったけれど、ピリっと来るところが無く、途中から少し飽きてしまった。ラストに向かってギューっと収斂していく勢いが無かった気がする。オジ・オバの熟年愛再燃も、なんだかなぁという感じ。映画サイトなどでは高評価を得ているようだが、う?む、不思議。好き嫌いが分れる作品かもしれない。

妻を殺された銀行員リカルドの冷静な復讐は、彼の一貫した主義が透徹していてさもありなんという感じだった。
ただ、リカルドの老けメイクが今どきあまりにお粗末で、禿げヅラがコントみたいだったのがちと残念だった。

コメント

  • 2010/09/25 (Sat) 20:36

    kikiさん、こんばんわ。
    足早に冬支度し始めたコチラでも、これ、本日公開となり観て来ました。kikiさんがUPされていたのですが、見終わってからじっくり拝見しよーと思って、それで今読み終わったワケですが・・・ほぼ同じ感想。リカルドの老けメークについては深く頷きましたと、付け加えておきましょう。嗚呼、ワタシの心も虚無・・・。一体何を言いたかったのだ?結局25年間言えなかった想いを告白したというサスペンスを借りたラブロマンスだったのかしらね。

  • 2010/09/26 (Sun) 10:42

    吾さん。そちらでも公開になりましたか。そうなの、何かユルイのよね、これ。焦点がどこにあるのかハッキリしないというか。事件をダシにして、くたびれた中年オヤジの間延びした片思いの話を展開したいだけかよ?アホクサって感じでしょ?どこがいいのかサッパリでしたわ。テンポもユルユルだし、ちっとも盛り上がっていかないしね。リカルドの禿げヅラ、ドリフのコントよね、あれじゃ。これなんかよりもミニシアター系では「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」が良かったですよ。実話がベースだし。見終えた後で何か無常観に襲われるけどね。そちらでの公開はまだ先なのかしらん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する