羽田の空は大丈夫?



映画に関係ない雑感記事をもう一発。
今年は、夏の旅行も秋の旅行も、羽田から飛行機で飛びたち、また羽田に飛行機で戻ってきたのだけれど、いずれの時も強く感じたのは羽田の空の大混雑ぶりでしたね。まぁ、羽田は実際、いつの季節も混んでます。みんな猛烈に移動している。ビジネス・トリップの人も観光の人も入り混じって目的は様々だけれども、とにかく羽田のロビーは人で一杯。そして飛行機も休みなくジャンジャン飛んで行き、ジャンジャンと羽田に戻ってくる。それはもう、空を縫うようなせわしなさ。
凄い離発着数なんだろうねぇ、というのは、空港に行かなくても、常日頃から感じていることでもあるんです。というのは、今住んでいるマンションはベランダから飛行機の行き交うのが見えるので、羽田に向かっている飛行機と、羽田からどこかに飛んでいくのだろう飛行機が双方、小さく見えるのね。別に羽田に近いわけではないので爆音などは聞こえませんが、小さく空を飛んでいる姿は見えるんです。夜なんて、あんな間隔でひっきりなしに出たり入ったりしてるのかぁ、と感心するほど飛行機は東京上空を飛んでいる。管制官はさぞかし大変だろうなぁ、と同情したりもするわけですね。

久しい以前から、羽田から海外に飛べたらいいのに!とずっと思ってきたのだけれど、遂に羽田の実質的な国際空港復帰が実現して、国際線のターミナルもオープン。成田まで行く必要がなくなるのは嬉しいけれども、羽田の国際線の滑走路は短いのが1本しかないそうで、羽田発の国際線が増えるほどに混雑は必至。それでなくても、国内線だけでも、羽田の空は既にあんなにも過密なんだのに、この上、国際線なんて大丈夫なの?とワタシはマジに心配しております。

国際線と国内線は管制官や管制塔も別なんだろうとは思うけれども、国内線だけでも、もうオーバーフロー気味じゃないかしらん。管制官をあまり疲労させると大事故の元だし、あれこそはOJTで実際に仕事しながら覚えていくことが多い仕事って気がするし(経験が何よりモノを言いそうな専門職って感じ)、となると、一人の新人が一人前の管制官になるまでにはけっこう年数もかかりそうな気配。でも、どうにか頑張って人材を育成して、余裕のあるシフトを組まないと、そのうち管制ミスによる大事故が起きるような気がしてしょうがないのね、ワタシ。それでなくても昨今、管制の誘導ミスで大惨事になるところを危うく免れた、というニュースはよく耳にしますわね。まぁ、あんなにジャンジャン出入りしてたら、何が起きても不思議じゃないだろうな、という感じではありますが。

そうやって飛行機が増えて過密なのと、更には日本の空は日本だけのものじゃない、という現実もありますね。随分前にドキュメンタリーで見たのだけど、日本の空はけっこうな範囲を米軍に押さえられているんですね。その米軍の空域には、民間の旅客機は入れないんですね。(手続きをすれば入れない事はないけど、手続きは煩雑すぎるので回避されることになるらしい)その頃から較べて範囲は幾分減ったかどうか分からないけど、日本に米軍基地がある以上、状況はさして変ってないでしょう。首都圏は米軍の横田空域にかなりの部分を押さえられちゃってるとか。だから余計な旋回をして高度を上げて、横田基地の管制エリアに入らないように飛行ルートを設定しなくちゃならぬわけです。で、さなきだに狭い日本の上空は更に狭くなる。その狭いところをジャンジャン飛行機が行き交うわけだから、こりゃもう大変です。その過密の中心に羽田があるわけですわね。言うまでもないけれど羽田の規模と過密は他の国内の空港とは桁違い。段違い並行棒。旅先から羽田に戻る時、到着地混雑のため出発を遅らせる、なんていうアナウンスがよく聞かれます。え?!と鼻を鳴らすよりも、あ?、羽田はあんなに年がら年中ラッシュだから仕方ないわね、と思うのだけど、これでさらにその狭い空域に国際線が入ってきたらどうなるの?にっちもさっちもいかないんじゃないの?ほんとに廻して行けるの?などとハテナマークが山のように頭上に湧いてくるワタクシ。まぁ、国内線と国際線は飛んでいく方角などが違うのだろうけれど、それでもあんまり混雑するとねぇ。

羽田は便利で好きだけど、実質的にはかなりパンク状態のようにお見受けしますが、国際線まで飛び始めて、ほんとに大丈夫なんざましょうか。秋の旅行から戻った時、羽田は過密だなぁ、としみじみ感じたワタクシ。それでも改めて仕切りなおした時間通りにピッタリと到着するパイロットの腕前とか、きっちり到着準備をして待っている羽田の整備員の人たちなど、実にお見事だと感心したけれども、これ以上増えたらヤバくない?いっぱいいっぱいじゃない?という気配も。
国際線が飛ぶのは便利だけれども、くれぐれもムリに便数を増やさないように徐々にやってってね、などと余計な心配をしたりしているkikiでございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する