「ソーシャル・ネットワーク」 (THE SOCIAL NETWORK)

~コミュニケーションは出来ずとも金儲けは出来る~
2010年 米 デヴィッド・フィンチャー監督



さほど食指が動いていたわけでもないのだけど、一応評判の映画でもあるし、そろそろ劇場で何か映画を観たいものだわ、と思ったので、今年の劇場観賞1本目は「ソーシャル・ネットワーク」と相成り候。
ワタシはSNSの類は一切やっていないのだけど、全世界での利用者はたいそうなもんらしいですね。このFacebookも日本じゃイマイチみたいだけれど(日本でメジャーなのはmixiかしら)、ともあれ、SNSとして世界最大である事は動かぬ事実。今や押しも押されもしないビッグビジネスであるfacebookは、女の子に振られたハーバードのオタッキー学生が、腹いせに学内女子学生の顔写真で勝ちぬき投票ゲームを作った事から始まった、というこの創業秘話。オタッキーな創業者マーク・ザッカーバーグ(ユダヤ系ってやっぱり頭いいのね)に扮するのは「イカとクジラ」でけなげな長男を演じていたジェシー・アイゼンバーグ。でも、それは後で分った事で、映画を観ている時には全く気付かなかった。写真を見るとマーク・ザッカーバーグ本人と似ているわけではないけれど、いかにもSNSで在学中に起業する学生ってこういうタイプだろうねぇ、という感じを出していた。雪が降るのにサンダル履きで。変な奴。ウルトラ早口で。まぁ、いかにもなりきっていた。そうか、演技派なのだねジェシー・アイゼンバーグ。頭だけは良いのだけれども、コミュニケーション能力は限りなく落第って感じのマークを、多分、マーク・ザッカーバーグ本人よりもそれらしさを持って体現していたんじゃないだろうかと思われた。


手前がジェシー・アイゼンバーグ


マーク(右)は唯一の友達エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と起業するが…

ストーリーは、いかにも学生が起業したらそんな事もあるだろうね、途中で意見が合わなくなって仲間割れだってするでしょうよ、学校仲間が集まって仲良しクラブ状態のまま事業も大きくしていかれれば言う事はないけれどそうもいかない。その過程で方針が食い違えば切捨て御免も起り得る。筋立てや展開は予測の範囲内で、格別どうこうという事はない。失恋も裏切りも、さもありなん、というお話と言えば足りる。物事の運び方も、コミュニケーション力欠如のマークらしいといえばらしい。
脚本はとにもかくにも会話に重点が置かれている。リズムとテンポはいい。その会話のリズムとテンポは、何かと問題の多い先輩起業家ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)の台詞に殊に顕著で、ジャスティン・ティンバーレイクもそういう曰く付きの人物にやけに成り切ってるなぁ、という感じ。彼の登場するシーンを見ていると、日本でホリエモンとかが持てはやされた頃の、胡散臭い空気感を久々に思い出した。
マークのただ一人の友達で、起業の資金を出し、当初CFOだったのに会社を追い出されてしまうエドゥアルドを演じるアンドリュー・ガーフィールドも役にハマっていた。マークはエドゥアルドに幾らの和解金を払ったのか非公開らしいけれど、どれだけお金を払っても失った友情は買い戻せないに違いない。


上っ面だけの、胡散臭い、調子こいた感じのティンバーレイク

冒頭からラストに至るまで、「コミュニケーションができない男」マークのありようや、話のながれはさもありなんという感じで流れて行き、お金だけ使いきれない程儲かってもね…という感じの締めくくりもそれなりに纏まってはいる。それなりに面白くないことは無かったけれども、どこか表層的で、特に響いてくる何かはワタシには感じられなかった。

それゆえ、ハーバードの学生がハーバードに入った後に目指すのは選ばれた者しか入会できない“クラブ”のメンバーになる事だとか、学長サマには滅多な事では会えぬ、とか、ハーバードのオタッキー学生にかかるとハッキングなんて屁でもない(怖いなぁ)という部分が印象に残った。
それにしてもハッキングにはゾッとする。「ミレニアム」シリーズを見た際にも思ったのだけど、ハッキングってそんなに簡単に出来てしまうの!?という事が本筋よりも強くゾゾゾと印象に残ったワタクシ。まぁ勿論誰にでも出来るわけじゃないでしょうし、そこいらのSEレベルじゃそんなに簡単には出来ないでしょうが、その方面に猛烈に才能があれば出来てしまうんでしょうね。さして苦もなく。…あなオソロシヤ。



尚、金持ちの息子で、ボート部のエリートだけど何かお馬鹿っぽい双子のウィンクルボス兄弟を二役で演じたアーミー・ハマーはちょっとキュートだった。

コメント

  • 2011/01/21 (Fri) 15:21

    そうですか……ふぅむ。
    昨年末あたりから、あちこちの賞レースでやたらに強さを発揮しているので、どんな快作かと思ったのですが意外です。
    アメリカはなぜあんなに、この映画に入れ込んでいるんでしょうね?
    自分達の生活にあっという間に浸透したFacebookの正体を知りたい、ということなんでしょうか。
    それとも年収が数十億円のCEOがわんさか出る社会で、カネじゃないよココロだよ、という単純な話なのか。

    とにもかくにもアカデミー賞本命と言われる映画なので、そのうち私も見に行きたいと思います~。

  • 2011/01/22 (Sat) 00:09

    xiangさん、これはあくまでもワタシの感想なので、ご覧になったら、また別な印象があることだろうと思いまする。ワタシは特にこの映画に対して期待も思い入れも何もなく観たので、期待し過ぎて空振り、という事ではないんですが、何もかも予想の範囲内でそれ以上でもそれ以下でもない、という感じが残りました。でも、凄く面白かったという人も多いだろうし、xiangさんがご覧になっての感想を楽しみにしておりますル。(笑)

  • 2011/01/23 (Sun) 14:48
    こんにちはー^^

    わたしも観てきました!
    面白いのは面白かったけど、主人公に同情出来ないのでイライラすること度々^^;
    マークやショーンのようなタイプの人とはお近づきになりたくないわー^^
    5億人のネット上の友達が出来たって、たった一人の本当の友達を失うようでは・・・
    天才だからってなんでも許されるわけじゃないよねー^^;勉強ばかりではなく、中身も学習して貰いたいわ^^

  • 2011/01/23 (Sun) 20:18

    みすずさん。面白くない事はないんだけどね…という感じありますよね。みすずさんはシンパシーを持てない主人公にイラツキを感じたのかな?
    ワタシは機関銃のような台詞の応酬と機関銃のようなタイピングのテンポだけが脚本の売りで、話自体には何らこれというところもないし、女の子に振られたオタクが、他人からパクった思いつきを膨らませて、友達を裏切って大金持ちにはなったけれども、結局人間としてはマイナスのまま、というオチも予定調和にすぎる感じで、なんらハっとするような部分がなかったな、という印象でした。悪くはないんだけど、別にそんなに騒ぐような出来じゃないんでは?という感じでしたね。やたら賞とか貰ってるのだけど、一応、時代を表現してるってことでの高評価なのかしらん。何か浅い感じがしますね。あ、それが今の時代に合ってるのか(笑)

  • 2012/02/05 (Sun) 23:35

    Sherlockついでにこちらにも寄り道を・・・。やっと最近見たんですこれ。kikiさんは別に~って感じだったのね。私はとても楽しめちゃったんだよねえ。確かにお話自体はよくある話かもなとは思うんだけれども、友達なくして大金持ちになってもね、っていう話の焦点はそこじゃないような気がするのよね、じゃあどこ?って言われても焦点ない話のような気が。

    じゃあそれなのにどうしてこんなに人気が出たのかな~と私も考えてみたのですが、一つ思いついたのは、この映画にはアメリカたるものが詰まっているなと思ったのよね。最高峰エリート大学のハーバード、そこに出てくるいかにもな双子の超金持ち坊ちゃんと対比される(あの体格の違い)ユダヤ系のマーク。お金持ちのたった一人の親友がどれだけ頑張っても結局アメリカ東部ではなかなか学生が起業したベンチャーにはお金を出す人はいない、でも西海岸はベンチャーだらけでスポンサーもすんなり見つかる、ハーバードのあのお堅い雰囲気と伝統を背負ってる感じに比べてスタンフォード(だろうね)の学生の自由な感じとかね。もちろんFacebookの話だからということもあると思うけど、その辺りを見るのが皆面白かったのかな?と勝手な私の推論ですが。そう考えると、基本的にkikiさんアメリカにそんなに興味ないじゃない、だからあまり惹かれなかったのかしら・・・って。どうでもいいんだけどさ、みんな感じ方が違うのが面白いなって。それでちょっと分析してみちゃったのよ~。

  • 2012/02/06 (Mon) 00:25

    あ~、これねー。うん、ワタシはなんだこれ?って感じでした。so what ? の連続というか。(笑) それは多分、あなたが言うようにアメリカという国にさっぱり興味ないし、facebookにも興味がない、ということがあるかもしれませぬわね。まぁ、友達なくして大金持ちになってもね、というだけの話とも思わないけれども、一応それが表層的なテーマではあるわけじゃない?(でも、そこらへんがどうでもいい感じに浅く描かれていて、こちらもそこに興味はないんだけど)あなたはアメリカ好きっぽいし、アメリカ人に友達もいるんだろうので、映画のテーマとは別に「アメリカという国の背景」的なところで面白かったんじゃないかしら。でも、アメリカ人でない場合に、そんな部分がそれほど観たいような要素かなぁ、という気もしないでもないけれど(笑)  まぁ、好みや感じ方は人それぞれということよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する