「ナイロビの蜂」

~蟷螂の斧と愛の成就~
2005年 英 フェルナンド・メイレレス監督



邦題がうまいな、と思ったら原作本の邦題が「ナイロビの蜂」だからだった。映画よりは翻訳小説の方が、やはりうまい邦題をつけるものである。ジョン・ル・カレの本は「寒い国から帰ってきたスパイ」を辛うじて斜め読みしたぐらいなので、「ナイロビの蜂」についてはさっぱり知らなかった。
レイフ・ファインズが、事なかれ主義でそよそよとガーデニングにいそしむ事が楽しみの外交官を演じている。もう、はまり役というもおろか。その彼が惹かれるのは、激しい正義感と情熱を持つラテン系の女性テッサ(レイチェル・ワイズ)。おかしい!間違っている!!と思うと、その場で激しく糾弾し、徹底究明しなくては気の済まない直情径行の女性である。自分にないものに惹かれるといってもお互いに両極端。そして、彼女には彼に秘密の活動があった。


死に至る副作用があるという不完全な結核の特効薬をアフリカに売りつける事で巨利を得る製薬会社と、それを後押しする欧米政府。様々な証言と証拠を集め、問題提起のレポートを書いていたテッサは、共に行動していた国境なき医師団の黒人医師アーノルドと調査の為、奥地に行く途中で命を落す。事故死にみせかけた他殺。なぜ、彼女は死んだのか?


庭いじりが好きなのよ

夫は妻を愛しながらも、彼女に微かな疑念を抱いている。彼女が自分と結婚したのは愛情からではなく、何かの便宜を得るため…外交官としてアフリカに行くことになった彼の妻になり、かの地に行く為だったのではないか、と。また、彼女の周囲には常に黒人医師アーノルドと、夫の同僚サンディの姿があった。この男達と怪しいのではないか、自分は知らぬ間にカヤの外で、コケにされていたのではないか…。
アフリカ駐在の間に妻は妊娠し、臨月の大きなお腹をかかえてナイロビのスラムなどに出没してはあれこれと調査活動をしていた。そしてスラムの病院で出産するが、子供は無残にも死産だった。ガーデニングに没頭し、殺虫剤を使う夫に当り散らす妻。「間違った結婚からは死産の子しか生まれない」などと言っているのを聞くにつけても、夫には疑念が湧くばかり。
妻が奥地で事故死したというニュースを聞いて、みすぼらしい死体置き場に行き、妻の遺体を確認しても、夫は呆然と佇むばかり。一緒に付き添った同僚のサンディの方が遺体の顔を見ていきなり吐くほどのショックを受ける。亭主を差し置いてそのザマは何ゆえか…。

レイフ・ファインズは自らも植物さんになってしまったように、妻を怪しいと思っていても、直接疑念をぶつけず、腹の中でじわ?っと溜めている男をそのままの感じでやっている。実際にもこういう人なんじゃないかしらんと思われるほどだ。レイチェル・ワイズは今回も大層気前よく脱いでいる。肌がチーズケーキのようなので、「スターリングラード」もそのお尻の印象だけ鮮烈に残っていたが、今回は妊婦姿で堂々とヌードになっている。この妊婦腹は物凄く自然でこしらえものをくっつけているようには見えなかったので、本当に妊娠している時に撮影したんじゃないかと思われるが(違ったら失礼)、その「なんだろうと私は私よ」という腰の座り方にはケイト・ウィンスレットと同様なものを感じる。気の強そうな顔といい、激しい信念の女性には持って来いである。この夫婦がもうじき産まれる子供について、妻は男児と決めこみ、夫は女の子がいいという。変った名前をつけたがる妻に対し、夫はよくある名前でいいと言う。性格の違いがよく顕れているシーンだ。

そして、「お!」と思ったのはビル・ナイ。ナンと今回はイギリス外務省のアフリカ局長の役でサー付きの上流階級紳士の役である。でも、ビル・ナイがあの顔でただのお上品なサーなどやるわけもなく、限りなく黒幕に近いサーなのは言うまでもない。そして、新薬開発に関わっていた医師役で偽カイザー・ソゼとして印象も深いピート・ポスルスウェイトが、その一度見たら忘れない風貌で登場していた。


偽カイザー・ソゼ、ピートさん

妻を疑い、その死にもあまり実感の湧かない様子だった夫が、妻の従兄弟のイタリア系弁護士に会った事から、彼女の本当の気持ちが自分にあった事を知り、初めて妻を失った事に涙できるようになるくだりは印象深い。悲しい時に手放しで泣けるというのはある意味幸せな事なのかもしれない。人間、泣くに泣けない時もあり、そのほうがずっと辛いのだ。
そして愛を確信してからは、彼女の遣り残したことを引き継ぐ決意をし、妻の足跡を辿りながら、今はなき妻との距離がどんどんと近くなり、深く妻を理解していく。外交官クエイル(レイフ)にとっては、至高の愛の成就。しかし、夫婦が追求していた問題は、少しぐらい世間に知れても構造的な陰謀ゆえに今更どう変る事も動く事もなく、このまま巨大な利権を生み出しつつ、厳然と存続しつづけるのだろう。欧米が第三世界を食い物にしてきたのは今に始まったことではない。日本もキレイ事を言える立場でもない。貪られ、侮られつづけるアフリカ。が、貧しい弱者がただ片隅へ追いやられて搾取される一方になるという構図は、今の日本の社会だってその縮図のようなものでもある。革命は簡単には起こせない。また革命の無残な帰結を20世紀中に見てしまったからには、もう革命という名の幻想を人は抱けなくなったのだ。



アフリカの微妙な茶のグラデーションが織成す大地の上を、白いセスナや、白い鳥の群れがすーっとよぎっていく映像がことのほか印象に残った。広大な暗黒大陸。21世紀に入っても、アフリカは貧しく、乾いているのだ。

コメント(10)