バッチ君、” 5人目のビートル” ブライアン・エプスタインを演じる事が決定



色々な出演作が次々と決まっていっているベネディクト・カンバーバッチであるが、11月初めのニュースで目に止まったのは、ビートルズのマネージャーだったブライアン・エプスタインの伝記映画でエプスタインを演じるという企画である。ブロンドで生意気そうな目つきをすると、バッチ君は60年代前半頃のジョン・レノンに似ているような気もするけれど、バッチ君が、ゲイで人知れず苦悩を抱えていた人らしいブライアン・エプスタインを演じるというのは、それなりに興味深い。

ワタシも昔、人並みに何度目かのリバイバル・ブームとぶつかってビートルズはしかに罹ったので、ブライアン・エプスタインがビートルズのマネージャーで早世した人である事は知っていた。また、彼が隠れゲイで、ジョン・レノンにずっと恋していたというのも、何かで読んだ事があった。初期にはリーゼント・ヘアに皮ジャンで演奏、ステージ上で喫煙し、かなり不良っぽい雰囲気だったビートルズにスーツを着せ、一曲終わるとお辞儀をさせるようにしたのはエプスタインであるというのも、何かで読んだ。アーリー・ビートルズといえば、襟なしスーツとモップ・ヘアと、首を振りたてながらの「ヤア!ヤア!ヤア!」である。不良のローリング・ストーンズに対して、優等生っぽいビートルズのアイドル時代のイメージを作ったのは、ブライアン・エプスタインの功績ということになるのだろう。



バッチ君がエプスタイン役を演じるこの伝記映画 'FIFTH BEATLE' は、プロデューサーにトム・ハンクスが名を連ね、演出は、「Sherlock」シリーズの4つのエピソードを監督しているポール・マクギガンが担当するらしい。ふ~ん、何かちょっと楽しみである。

この映画ではきっと、エプスタインがビートルズと契約し、彼らが日の出の勢いで売れていくのを間近で見守りつつ、ジョンへの想いをひそかに募らせ、そして、60年代後半、ビートルズがライブを行わなくなった為に、マネージャーとしての仕事が減り出した時期に突如迎える、睡眠薬の過剰摂取による死、というあたりが描かれるのだろうと思うわけだけれど、エプスタインをバッチ君が演じるなら、大いなる焦点は、ジョン・レノンを誰が演じるのか、というところかもしれない。レノン役はかなり重要だ。このキャスティングに映画の成否もかかってくるような気がするので、いささかのサプライズもありつつ、誰もが見て納得のキャスティングをして欲しいものだと思う。(個人的に、ロバート・パティンソンとかはやめてほしい)が、実際問題、誰が適任かしらん。まぁ、きっとワタシが知らないだけで、おお!というような若手の俳優がUKには沢山居そうだから、ジョン・レノン役についても楽しみだし、要チェックである。ちなみに、エプスタインが亡くなったという自宅は、かのベルグレイヴィアにあったらしい。
隠れゲイで、ギャンブルと薬物に中毒していたというブライアン・エプスタイン。この陰翳の濃い人物像をバッチ君がどう演じるのか期待は高まる。



ジョン・レノンへの思慕を胸に秘めつつ、グループのマネジメント活動を行っていたエプスタイン役をバッチ君に振ったというのは、なかなか目の付け所がいいなぁと思う。でも、ワタシの印象では、バッチ君は生意気な男を演じると、どこやら若い頃のレノンと似たような空気感を出したりするので(例えば、ピーター・グィラムのルックスや、シャーロックのキャラなど、常に上から目線で生意気でアロガントな若い頃のレノンっぽい雰囲気がしなくもない)、バッチ君がヘアスタイルと雰囲気を変えて、1人二役でエプスタインとレノンを演じ分けても面白いような気がする。バッチ君はどちらを演じてもハマると思う。実際には彼が二役を演じる事はないかもしれないが、いずれにしてもレノンを演じる人は、眠そうなまなざしがセクシーで生意気で魔的かつ魅力的な、若き日のジョンを彷彿とさせるような俳優にしてほしい。


ピーター・グィラムのバッチ君は、どことなく若き日のレノンに似ていた気もする

ビートルズはしかに罹っていた少女の頃、リバイバル・ブームで単館上映された「A Hard Day's Night」を見て、ジョン・レノンの、世間や年長者をおちょくった態度、上から目線の生意気な感じにちょっと惹かれた。まぶたのすぐ上まで前髪のかぶったヘアスタイル。ジョン・レノンは若いのに妙に老成した雰囲気があって、「ま、すべからく、人生なんぞ、そうしたもんさ」というような悟ったようなナメたような眠そうな目つきがクールで良かった。萩尾望都の「トーマの心臓」に登場するオスカー・ヴェルナーなどとも共通するタイプで、ワタシはこういう頭のいい、大人びた、シニカルなリーダー・タイプに弱いんだな、と自覚したのだった(笑)作る音楽は別として、童顔のポール・マッカートニーには全く興味がなく、ジョン・レノン以外ではジョージ・ハリソンがちょっと良いなと思った。でも、ジョンの方がずっとセクシーだし、「首領」という雰囲気があり、なんとなく惹きつけられた。


ジョン・レノンは、生意気そうで物憂げな、このまなざしに魅力がある

ワタシがビートルズはしかに罹った頃には、ビートルズはとっくに解散して4人はそれぞれオッサンになり、別な道を歩んでいたが、ワタシの中では、見ている方がゲンナリするほど、オノ・ヨーコといつもベッチョリとくっついている丸メガネをかけたロンゲのオッサンと、ヤア!ヤア!ヤア!の頃の、生意気で魅力的な若造だったジョン・レノンは全く別物として存在していた。写真や映画やコンサート映像などで見る、1962年から66年ぐらいまでのジョン・レノンは素敵だったと思う。



映画に登場するのは、まさにそのへんの時代のジョン・レノンだろうので、誰がどう演じるのか、とても興味深い。そして、セクシーなアンファン・テリブルだったジョン・レノンに片恋をするブライアン・エプスタインの切ない想いや、それを表に出せない苦悩を、バッチ君はきっと、せつせつと演じるのであろうし、いや~、これはちょっと、まだ撮影にも入らない今から封切りが楽しみではあります。

バッチ君はこの他にも、モンティ・パイソンの‘Absolutely Anything’の映画化にジェマ・アタートンと共演する事が決まっているし、「BOND24」には敵役で出るという噂もあるし(ダニエル・クレイグはまだ暫くボンドを続けるようだ)、とにかく仕事は次々に舞い込んできている様子で、いろんな役を演じるたびに、髪の色や髪型を変え、体重も幾らか増減させたりしているようだけれど、「Sherlock」を演じる時には、きっちりとあのヘアスタイルで、あの贅肉のない体に戻ってイメージを壊さぬようにしなくてはならないわけで、俳優は楽じゃないとつくづく思うけど、みんな首を長くして待っているので、がんばってね、バッチ君。

それにしても、撮影が2013年の1月なんて随分先だな、と思っていた「Sherlock」Series3の撮影も、もうそんなに先でもない感じになってきて、1年がたつのって本当に早いなぁ、と今更ながらビックリ。今年の年明け早々に、「Sherlock」Series2のUKでの放映を見たくてジタバタし、1月末にUKからDVDを取り寄せて観たのに、気がつけば、もう来年の1月もそう遠くないんだものね…。こうして毎年、矢のように歳月は過ぎていくのだな、とひいき俳優の新作を楽しみにしつつも、気がつけばもうじき師走という事に、ふと感慨なきにしもあらずのkikiでございます。

コメント

  • 2012/11/11 (Sun) 22:54

    kikiさん こんにちは。
    私はビートルズの音楽にハマったことはないのですが、なんとなく彼らの来た道というか、彼ら自身のドラマとかには興味があるので、「5人目のビートル」に焦点を当てたこの映画も、バッチ君が複雑そうなこの人物をどんな風に表現するのかも楽しみです。
    レノン役は確かに重要ですよね。演技力や雰囲気はもとより、それなり若い俳優でなくてはならないだろうし・・でもバッチ君も実年齢より結構若い役をやるわけだから、あまり気にしなくてもいいのかな。2年ほど前にNHKBSでジョン・レノンの半生を描いたBBCのドラマを見た時のレノン役はクリストファー・エクルストン、実年齢はかなり上でしたけど雰囲気はよく出ていました。ポール役はアンドリュー・スコット。「シャーロック」で知る前だったので、ずいぶん似てるなあと思った程度でしたが。
    バッチ君、引っ張りだこですけど、体が空かないから「シャーロック」は次回限り、なんてことなく、まだまだ続けてほしいです。

  • 2012/11/12 (Mon) 00:01

    annaさん こんばんは。
    エプスタインは孤独で物静かで、秘密を抱えてじっと一人で耐えている、という感じの人だったんじゃないかと想像するのですが、そういう謎の多い、早世した人物をバッチ君が演じるというのは楽しみですよね。しんしんと切なくなるような映画に仕上がると成功かな、という感じがしますが、どうなりますかね。ふふふ。
    2年前のBBCのレノンのバイオ・ドラマではクリストファー・エクルストンがレノン役だったんですね?あー、鼻ですねきっと。鼻の形がレノンぽいという事で選ばれたのかも。クリストファー・エクルストンは「シャロウ・グレイブ」しか記憶にありませんが、割にドラマによく出ているみたいですね。アンドリュー・スコットがマッカートニー役を演じた事があるというのは知っていましたが、それでしたか。実にピッタリですね。あの垂れ気味のくるっとした目とか、顔はかわいいけど、したたか者っぽい感じとか(違うかな(笑))
    バッチ君、「Sherlock」のための時間はきっちりと作ると思いますよ。ワタシ的には希望的観測も含めてSeries5ぐらいまでは作って欲しいです。そのぐらいまではやるんじゃないかな、と。ふほほ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する