バッチ君はやっぱりダークヘアが似合う



世界にさきがけて日本でいの一番に公開された、「Star Trek Into Darkness」の60秒のフッテージ。別に「スター・トレック」はどうでもいいけど、例によってバッチ君がその声の威力を発揮しているというので視聴してみましたのよ。なるほどね。やっぱりいい声ですね。そしてやっぱりバッチ君はダークヘアがよく似合うなぁと今更に実感。



このトレーラーで、バッチ君は「世界は平和だと思っているだろうが、そんなものは幻想だ」などと声を低く響かせてモノローグを入れております。復讐をしに戻ってきた、というこの男の名前は一体何なのか?と「Star Trek Into Darkness」関係のニュースではワヤワヤ言っているけど、ワタシ的にはそんな事は別にどうでもいいざますわ。ただ、この作品でのバッチ君はなかなかクールでハンサムに映ってますね。あの声もふんだんに聞けるし、アクションもやってるみたいだし、バッチ君的には、初のハリウッド・メジャー映画への出演という事でもあるし、世間的な大ヒットを記録すれば結構な事だと思います。またそれとは別に、バッチ君のファンにとっても、ひそかなツボがあれこれ発見できるような映画だと面白いな、と思っています。こういうのはDVDで見てもあまり意味ない映画のような気がするから、封切られたら映画館の大画面と大音響でバッチ君の姿と声を堪能するのもいいかもですね。

この記事の真ん中へんに日本語の字幕のついたトレーラーが掲載されてます。

このティーザー・トレーラーを見た「Star Trek Into Darkness」の共演者ゾーイ・サルダナが、その声の深い響きに魅了されたとの事で、ふふふ、バッチ君、声だけで女子をウットリさせられるわよん、とニヤニヤしましたわ。彼の初のハリウッド・メジャー作品という事なのだけど、ワタシとしては別にバッチ君にハリウッド(つまりアメリカ)でメジャーになって欲しいという感覚はありませんで。メジャー作品が当るとチャンスは増えるけれども、ハリウッドのお祭り映画でバッチ君を観るよりも、UKの出来のいいドラマや映画に出ている彼を楽しみたいなぁ、という気分が強いかな。
まぁ、ハリウッドで幾ら成功したとしても、活動拠点をアメリカに移してしまわずに、あくまでも軸足はUKに置いて俳優活動を続けるというスタンスの方が彼には合っているような気が致しますのね。余計なお世話だけど、なんとなく。



「Star treck into darkness」は、日本では来年の9月に公開だそうですが、それは「Sherlock」のUKでの放映の前なのか後なのか…。ワタシだけでなく多くの人にとって、バッチ君といえば「Star Trek Into Darkness」よりも「Sherlock」Series3で観たいところですわね。Series3の撮影が、1月の予定が3月にずれ込んだというのは何かで読みましたが、いつ放映なのかは分らないので(2013年の秋か冬ですかしらね)、9月までに放映されていなければ、「Star Trek Into Darkness」でダークなvillainを演じるバッチ君でも楽しみつつ、本命が来るのを待ちましょう、という感じでしょうかしらん。
ふほほ。

なお、今週は忘年会が多いのであまり記事を書けぬかも、です。

コメント

  • 2012/12/12 (Wed) 08:37

    トレーラー拝見させて頂きました。
    知ってる声より何才も年上の男性の、つまり中年以降の渋い声に聞こえたのは役柄でしょうか?
    ヴィラン役がとても期待大ですね。
    映画自体はなんだかkikiさんが酷評なさった(笑)プロメテウス思い出したけど。宇宙や惑星の暗さや色調や音が。

    >>活動拠点をアメリカに移してしまわずに、あくまでも軸足はUKに置いて俳優活動を続けるというスタンスの方が彼には合っているような気が致しますのね。

    バッチくんも英国人の「暗さ」を漂わせる期待のアクター。
    その雰囲気やイメージを大切にしてもらいたいkikiさんのお気持ち良くわかります。
    アメリカ人には真似できない雰囲気なだけに向こうからお呼びがあっても、ハリウッド路線にだけは染まらないで欲しいですよね。
    「暗さ」が必要なアクターです、彼は。
    (*注:ここで表現した「英国人の暗さ」とは根暗とは違います。まあ、kikiさんはおわかりかなと)

  • 2012/12/12 (Wed) 14:10

    ベネさんに関してはおっしゃるとおり 拍手させていただきました
    ひたすら活躍を応援するのもファンなんでしょうけれど 私はBBCのシャーロックのファンなので 他の作品はお顔が見られるなら観ようかな みたいな…笑 もちろんどんな役でもベネさんはステキです 
    早くシャーロックに帰ってきて欲しい!

    • ましゅまろ #-
    • URL
    • 編集
  • 2012/12/13 (Thu) 07:38

    sanctuaryさん 低めの声でクールなテイストですよね。彼自体は悪くなさそうだけど、「スタートレック」に興味がないのでどうもねぇ。映画そのものはSFアクションだし、何しろ大掛かりなCGで宇宙船がぐわーっと出てくるようなものだろうからハリウッドのそういう系の映画とトーンは似てそうですよね。

    ワタシ、バッチ君にはアメリカナイズされてほしくないんですわ。(ワタシがアメリカをあまり好かないって事もあるんですが)彼自身は今年やたらに注目されてポッシュ・バッシングなんかにも遭ったので一時UKが嫌になってUSに移住しようかなんて思ったりもしたようだけど、それはしない方がいいんじゃないか、と思うんですのよね。時折呼ばれて出るのはいいけど、ハリウッド的、アメリカ的にはならないで貰いたいもんです。英国的な「暗さ」ね。おっしゃりたい事のニュアンスは分かる気がします。バッチ君のような俳優には特に、そういうテイストは大事だと思います。

  • 2012/12/13 (Thu) 07:41

    ましゅまろさん
    彼はやはり、「Sherlock」で見るのが一番魅力的ですわね。他の役ではどれも、あのキャラを演じている時ほどの魅力が感じられませんわね。でも、彼としてはあれだけでイメージを固められてしまうのも嫌だろうので、きっとあれこれと演じるんでしょうけども。早くSeries3が観たいですねぇ。来年のいつかしらん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する