「ありふれた奇跡」 第4話



エンドタイトルに出てくる長い石段がどうも本門寺臭いし、先週の夕焼けの高台は前に本門寺で観た景色にとても似ていたので、そうじゃないかと思っていたら、今回はハッキリと翔太の家の最寄駅が「池上」と出てきた。やっぱりそうでしたねぇ。本門寺は五重塔があり、力道山のお墓があり、節分の時には相撲取りが豆まきに来るというのでちっと有名かもしれない。それにしてもレアなところを選んだものだけど、ナイスなチョイスって感じがする。蒲田に近く下町的なエリアということだろうけど、京浜東北の蒲田じゃなく東急池上線沿線を選ぶところが太一風。山田は山田でも洋次だったら、東京の反対側の荒川区尾久あたりを選んだに違いない。
で、今回は加奈と翔太、おずおずしつつもそれなりに接近。あらら、ついにChuもしちゃいましたね。でも傷ついている臆病者どうし、急にジャンジャンと状況は進まない。

「今日は少しつけ上がったから、スピードを落さないと」

このつけ上がった、つけ上がってる、というのも山田太一お気に入りのフレーズだ。

アイリッシュダンスのステップを踏む加瀬 亮の体の動きにセンスあり。スムーズな足さばき。一見不器用そうに見えてなんでもあっという間に出来てしまう人らしい。うまい役者ってみんなそういうところがあるようだ。

今回は前回に輪をかけて、風間杜夫扮する翔太の父がどんどん前に出て来ている。そして、怪しい一徳さんは小娘と援助交際でもしてるのかな、と思っていたら、遊んでいたのは加奈の母(戸田恵子)のほうだった。このお相手が吹越 満(ひゃっはっは!)こういう役にはまさにドンピシャ。 人形教室のセンセイか…。このテはいい年してヨーロッパとかに自分探しに行くタイプ。うっふっふ、うまいな、山田太一。

一徳さん、女房に浮気されてボヤっとしているだけの亭主じゃあるまいと思ってたら、なんと翔太父の杜夫と顔見知り。 しかも人に言えない秘密の場所での顔見知り? 出てきた、出てきた。 たいした事じゃなさそうだけど、何か出てきたぞよ。

というわけで、主役二人を囲む周辺の事情が段々と水面上に浮かび上がってきた四回目。仲間嬢の加奈ちゃんも、だいぶ山田節がこなれてきて、ちゃんとキャラが作れている様子。


次回、また本門寺ロケ出て来ないかな。
でも、あそこは夕方行くと烏が多くて怖いのよねん。

コメント

  • 2009/01/31 (Sat) 00:05

    kikiさんはすっかりこのドラマに乗りきれたみたいですね。私はようやくぼちぼちと(笑)。
    2話目はチトしんどくて、3話目はまずまず(でもまだまだ)。そして今週は・・・ひゃー!なんて急激な・過激な展開!! 今までの抑えたゆったりした空気はどこへ? まあ面白くはなってきましたが。双方の父親が以前から知り合いでってのも出来すぎで(笑)。それにしても秘密ね~、ふふふ。 加奈の海外で受けた傷というのも、そのうち明かされるんでしょうけどね。
    風間杜夫はたしかに落ち着いて安心して見てられますね、余裕だわ。岸部一徳は相変わらずいい雰囲気だし、こうなると陣内クンちと厳しいですかね、かすんじゃってるかなぁ。
    二人のキス、あら、いつの間に~でしたね。おっしゃるように、加瀬亮はようやく山田ドラマにこなれてきたようで、今回は安心して見られましたよ。私はあんまり彼の作品見てないんですけど、「硫黄島からの手紙」と「犬と私の10の約束」は好演でしたね。初めて見たのはNHKの自閉症の青年の役で、その印象がずっとあったんですよ。

    そして、kikiさ~ん、私も蒲田行の電車を見てハッとしたんですよ。東急池上線、五反田から出てる2両編成の可愛い電車。姉の家がこの界隈なので(東雪谷)2・3回乗ってるんです。といってもだいぶ前で古い車両の頃ですけど。いつも話には聞いてた池上本門寺は、残念ながら一度も行ってないんですよね。あんなきれいな町並みが眺望できる高台や遊歩道があると知って、今度是非行ってみなくちゃ。あ、もちろん本堂、五重塔も見ますわよ~。そうそう洗足池へはお花見に行きましたよ。ここもふたりのデートコースでロケされないかしら。そういえば「思い出づくり」で一遍あったかもしれない? kikiさん家(ご実家?)はこの辺りからそう遠くない所なのでしょうか~?

  • 2009/02/01 (Sun) 12:21

    いや~、まだ乗り切れてはいないですねぇ、やっぱり半身になりつつ観てますよ。
    一徳さんと杜夫が知り合いだったという設定は偶然すぎてなんだかなぁ、って感じだけど、それも「ありふれた奇跡」のうちって事ですかしらんね。(笑)陣内君は初回からどうも浮きまくりですね。顔も芝居も必死過ぎるのが痛いし、なんというか、病気でもしてるのか、ちょっと顔が衰えてますね。痩せてるし。役作りとかじゃなく、どこか具合悪いんじゃないの?という感じがうっすらとしてるんですけど、ジョディさんの見解は?

    ところで、我が家(実家)は本門寺周辺ではないですね。でも目黒・品川・大田エリアにあります。従ってワタシのテリトリーもその界隈です。ジョディさんのお姉さんは東雪谷にお住いなんですね。ジョディさんがそこらへんにお住いだったらもっと良かったなぁ。(笑)そうそう、洗足池は春の桜も見事ですよね。お気に入りの散歩スポットです、で、本門寺は、昨年秋に南馬込に住む友人のところに遊びに行った時、「本門寺でも散歩に行こうか」という事になり、ワタシも子供の頃に一度行ったきりだったので凄く久々に訪れました。あの長い石段を昇って高台の本堂をお参りし、赤い五重塔を見物しましたが、その塔の背後に広大に広がっているのは墓地なんです。ついでに力道山のお墓も見ていこうというので墓地の脇の遊歩道を歩いていきましたが、本門寺の墓地って都内の寺としてはかなりの広さで、おまけに力道山のお墓は最も奥の方にあるんですよ。でも、本門寺の墓地は暗さや陰惨な雰囲気などはなくて、風雅な感じのするいいところでした。本門寺にお墓があるっていうのもいいなぁ、なんて思ったりしましたわ(でも宗派が違うけど)。我が家の菩提寺は高輪にあって泉岳寺の近く。そんなわけで、ドラマや映画で自分のテリトリー内のエリアが出てくると、なんか親近感を感じたりしちゃう傾向はありますね。…って今回はやたらにローカルな話題になりましたね。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する