ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON)

~人間のいとおしさ、人生のいとおしさ~
2008年 米 デヴィッド・フィンチャー監督



S・フィッツジェラルドの短編が原作だというこの作品は167分の長尺なのだが、全く長さを感じなかった。
フィッツジェラルドの原作は読んでいないのだが、肉体が若返っていくというモチーフを取り入れた作品としては、山田太一の「飛ぶ夢をしばらく見ない」を随分前に読んだ事がある。どんどん肉体が若返っていく女と中年男の交渉を描いた話で、こういう題材は、妙に人生のプライムの短さや、人生の一回性について考えさせられるものだなぁと思った記憶があった。そんなわけで、梗概を知った時からとても楽しみにしていた本作。ブラッド・ピットケイト・ブランシェットとの顔合わせも、コンビネーション的に興味をそそる。  というわけで、いざ劇場へ。
80歳で生まれて年々若返っていく奇妙な男・ベンジャミン・バトン。老人で生まれたために、その怪物性を忌んだ実父に老人ホームの玄関に捨てられ、そこで働く黒人女性クィニー(タラジ・P・ヘンソン)に拾われる。老人で生まれたベンジャミンは、老人たちの中で育つのだ。おとっつぁんも薄情なようだけど、いいところに捨ててくれたものである。この育ての母、クィニーを演じるタラジ・P・ヘンソンがとてもよかった。南部の黒人女性の雰囲気(「風共」のマミーから延々と引き継がれている雰囲気)が出ていて、いたずらをすれば叱り、心配し、老人のような養子を実の息子のように愛する気のいい母さんの暖かい懐が感じられた。7回も雷に打たれたという爺さんや、ピグミーの男、ピアノを教えてくれた老婦人などとこの施設で知り合いつつ、ベンジャミンは成長し、少しずつ若返っていく。そしてここで、入居者の孫だった5歳のデイジーと、運命的に出会うのだ。

老人ホームでベンジャミンが育つというところが、この物語の最大のミソかもしれない。そこでは「死」は日常であり、常に優しく柔らかく世界を覆い、ある日突然、誰かの上に舞い降りる。人の人生は一回しかなく、そして人生のプライムはいつまでも続かない、ということをベンジャミンは肌で感じながら育つのだ。

登場した瞬間に極限の老人メイクのブラピ。老眼鏡の向こうで青い目がくるくると動く。思う存分枯れた爺さんの姿だが好奇心に満ちた幼児のようでもある。この二律背反する不思議な個性。これぞまさしくブラピの真骨頂。これまでブラピを上手いと思ったことはなかったが、今回初めて上手いかもしれない、と思った。天然の愛嬌があり、なんとなく人に愛されるチャーミングな老人少年の雰囲気をとても自然によく出していた。脚が弱って立てなかったベンジャミンが、養母クィニーの通う教会の牧師に励まされて車椅子から立って歩くシーンは、ちとフォレスト・ガンプを思いだしてしまった。ベンジャミンを励まし、歩かせた牧師は、その場で心臓発作で倒れる。…そう、それこそが人生。



17歳になったベンジャミン(見た目はまだ60代の爺さん)は、老人ホームの外の世界を観るべく旅だつ。タグボートの雑役夫になり、海へ出て、広い世界と戦争を知るのである。途中、ロシアのホテルで知り合うイギリス女性エリザベス(ティルダ・スウィントン)とのロマンスもある。表向きは立派な肩書きがありつつも、実は英国諜報員でもある夫と愛のない結婚をしているらしい彼女に、ベンジャミンはなぜか惹かれる。「若くもなく、綺麗でもない」のに。この時のベンジャミンは50代前半ぐらいの外見。ちょっと「ラスト・タンゴ・イン・パリ」のマーロン・ブランドを想起させる熟年の味わいで、妙にセクシー。深夜、誰もが寝静まったホテルのサロンで少しずつ進展する二人。当初ガウン姿だったエリザベスが、やがておめかしをして階段を降りて来るベンジャミンを待つようになる女心が微笑ましい。彼女は、19歳の頃に「大西洋横断水泳」に参加したものの、潮に流され、あと3キロというところでリタイアしてしまった。それ以来、何にも挑戦していない(本当の人生を生きていない)…と語るのが印象深い。この女性が映画後半になって思わぬ形で再びベンジャミンの前にその姿を表す。心憎い。エリザベスがキャビアとウォッカの味わい方をベンジャミンに教えるシーンも良かった。外見的にはベンジャミンの方が年長なのだが、エリザベスは大人の女の味わいと嗜みを漂わせ、ベンジャミンの前から姿を消す。



タグボートに乗っているうちに、戦争にも直面することになるベンジャミン。ここで、潜水艦と遭遇したタグボートが攻撃を受けつつ応戦するシーンが出てくるのだが、浮上した潜水艦から放たれてくる機関銃の光跡がやけにリアルで、あぁ、海の上で、機関銃(機関砲?)の弾がこっちに向かってくる時は、ああいう風に見えるんだな、と思ったりした。どこに逃げても弾が当りそうな感じ。これじゃ誰一人助かるまい。 が、どうにか助かったベンジャミンは故郷に帰り、そしてあのデイジー(ケイト)と再会する…。

それを最高に入念にやって自然に見せないと話そのものが成り立たないとはいえ、この作品ほど、俳優を若返らせたり、老けさせたりの「エイジング」を自由自在に、しかも自然な姿で見せた作品はなかっただろう。CG技術が向上して、あれだけ大きな劇場の画面で見ても、なんら不自然さのない若返りや老化を表現できる手法を映画は確立したんだなぁ、と妙なところに感慨が湧いたりもした。



徐々に、段階を経て若返るブラピ、そして年を取っていくケイト。うんと老いた姿というのは、特殊メイクでこれまでにもよく観た事はあったが、今回凄かったのは微妙な変化。中老け状態の多様なグラデーションを見事に表現していたことだろう。少しだけ老いた、または少しだけ若くなった、というその微妙なところを実に手抜きなく精妙に見せていた。ここに、ブラッド・ピットというある種の年齢概念を飛び越えた男を主演に持ってくるという事の妙が生きてくる。40代を主軸として、その前後を爺さんから少年になる手前までブラピが演じるのだが、爺さんでスタートして徐々に若返り、そしてある日、颯爽とバイクにまたがり、あるいはコートを翻した長身の姿で現れるベンジャミンに、若さの輝きと儚さ、そして40代というのは人生の中間地点で、もっとも華の時期であるのだなぁ、というある種の感慨が湧いてくる。

終盤近く、年々に若返って、とうとう20代前半の若者になってしまったベンジャミンと、50代にさしかかったデイジーの再会シーンで、ブラピは24歳ぐらいな青年に自然になっている。CGでちょっと目の下の衰えや細かいシワをなくせば、あっという間に20代にも化けられる。昔、実年齢より若いのは東洋人だけの特権だったのだけど、昨今ではブラピやジョニデなど、ハリウッドスターは妙に若い。このシーンはブラピの生来持っている「青年性」が活きて、外見年齢がどんどん乖離していくデイジーとの落差が際立つシーン。50代相応に見えるケイトの中老けも見事だった。

観客にはストーリーの外で、ブラピという俳優の肉体の若さにも感慨が及ぶように作られている。爺さんメイクで始まったストーリーを追いつつ、その姿を見守りながら、彼自身の実年齢とフィックスするあたりのところへ来て、ブラピ自身が今、華の40代を生きているのだな、という部分に思いが行くのだ。好きでも嫌いでもない俳優だったが、頭が小さく長身で、ロングコートを羽織って歩く姿に、今更にブラピって姿のいい男だなと見惚れた。そういう気分になるように、映画が作られているのである。スター性を生かしつつ俳優としても存分にチャレンジできる役。これはブラピ一世一代の当り役になるだろう。まさに彼が演じてより一層光る役、彼のための役だと思う。



そして若い娘時代を演じる時には、本当に20代の娘のように見えるケイト。バレエ・ダンサーという事でレオタード姿も出てくるが、子供二人産んでいるとは信じがたい引き締まったプロポーション。ただ引き締まっているだけじゃなく、張りがあって体の線が非常に美しい。そして体の動かし方の美しさ。「バレエはライン(線)の美しさなのよ。動きのライン、体のライン」 おっしゃる通りのラインをお持ちでございます。いやぁ、さすが女優。さすがケイト。お見事。彼女も臨終近い老婆メイクでスタートするので、うら若い娘時代の姿は「おお!」と目に眩しいが、凄いのは30代、40代、50代と年齢を経ていく姿が非常に自然で、メイクやCGだけの力ではなく、ケイトの演技力が生み出すアトモスフィアがその年代に相応しい空気を纏わせているということ。つくづくと上手いキャスティングである。興行的に華があるばかりでなく、役柄的にもまさにこの二人でなければならないというところで、唯一無二のチョイス。違和感のないキャスティングだと映画が本当に心地よく観られる。



デイジーと再会したベンジャミンは壮年で、20代初めの彼女と感覚的に何かがズレてしっくりいかない。二人が真に理解し会えるのは共に40代になってから。普通に年を取るデイジーと、若返っていくベンジャミンが互いにワン・アンド・オンリーの関係であると、心情的にも外見的にもしっくりくるのは互いに対極から歩いてきて、中間地点に差し掛かった時なのである。

しかし、その輝き、その幸せは長くは続かないことをベンジャミンは知っている。知っているからこそ、一瞬の輝きをいとおしむ。二人してヨットでセーリングに出る。古い屋敷を売り、新しい部屋を借り、殆ど家具もない部屋で終日ベッドの上で気儘に過ごす。このシーンはブラピもケイトも本来の魅力をあますところなく発揮していて、いやおうもなくキラキラしく、ロマンティックで、美しい。人生の、一瞬の輝き…。
湖に面した実父の別荘で二人で夜明けを眺める。その間にもどんどんベンジャミンは若返っていき、デイジーは衰えて、年を取っていく自分が哀しくてたまらない。
…だが、本当に年を取る事は哀しい事だろうか。

この映画を観ていると強く感じるのは、老人で生まれて赤ん坊で死んでも、赤ん坊で生まれて老人で死んでも、結局、人間の人生は一度きりであり、流れ去る時を止めることはできないということ。刹那に過去になり、流れ去って戻らない、その過ぎゆく一瞬がいとおしいから人生がいとおしいのであって、永遠に若く、年を取らなかったら、人生の味わいなど何もなくなってしまうだろう、という事だ。

何があろうといずれ無に戻る。どんな栄光も、どんな悲惨も、いずれ全ては無に帰してしまう。だからこそ、人生は一瞬一瞬に輝くのであり、いずれ衰えて消え去るものだからこそ、人間はいとおしいのである。  …そんな事を今更に深く感じさせられた。

観ていて何度か瞼が熱くなり、どのシーンも納得のいくシーンばかりだった。
久々にじんわりと映画を観て感動を覚えた。デヴィッド・フィンチャーにとっても、ブラピにとっても、これは特別の1本になったことだろうと思う。

もう一度観に来よう、と思いつつエンディングが終わって明るくなった劇場の通路を出口に向かっていると、脇の方に座っていた小娘どもが「な?んか、重くなっちゃったねぇ」「な?んかねぇ」と言っている。 
小娘たちよ、あと10年か15年生きてから、もう一度この映画を観てごらん。今とはきっと違う感想が湧いてくるはずだから。それでも何も変わらなかったら、君たちはちゃんと年をとれなかったという事かもしれないね。

誰にとっても人生は一度きり。一人で生まれて、一人で死ぬ。
死ぬ時に、瞼に思い浮かべる顔は誰の顔だろう?何が脳裏を巡るのだろう?
それとも、自分でもそうと思わないうちに、ふっとそれは訪れるものだろうか。
そのときに、せめて精一杯愛した、でもいいし、精一杯仕事をした、でもいい。両方頑張った、でも無論いい。何か、これだけは自分として精一杯やったという満足感を持っていられれば、それが幸せってものじゃないかしらん、と思ったkikiでございました。

コメント

  • 2009/02/12 (Thu) 00:52

    この映画、長すぎるのがネックで、観に行くのを迷っていたのですが・・・kikiさんのレビュー読んだら俄然観たくなりました!マーロン・ブランドを彷彿とさせるブラピっていうのを観てみたいです。でも確かに、↑の写真、「ラスト・タンゴ・イン・パリ」みたいですねー。髪型とか。

  • 2009/02/12 (Thu) 07:43

    mayumiさん。きっとこういう映画だろうな、と予想していた通りの映画だったので、期待通りのものを見られたという満足感もあってじんわりしましたよ。2月は観たい映画があれこれある上に、プライベートもけっこう多忙なんで体がひとつしかないのがもどかしいって感じですが、これはもう一回観たいですねぇ。

  • 2009/02/14 (Sat) 13:43

    kikiさん
    私もこの作品のプロットを聞いて「飛ぶ夢をしばらく見ない」を思い出しました。フィッツジェラルドの短編は映画を観た後にWebに掲載されているのを探して読みましたが、年寄りとして生まれて若返っていくという設定以外は大幅に改編が入っていてちょっと驚きました(原作では、ベンジャミンの妻にあたる女性がどんどん老けていくのに嫌気が差して別居したり、(娘ではなく)成長した息子に気味悪がられて邪険にされたり)。
    この作品の滋味深さはkikiさんが書かれている通りだなあ、と読んでいたのですが、その多くが原作によらないエピソードなので、むしろ、この作品に込めた製作者側の心意気が伝わってきました。久しぶりにブラッド・ピットを大画面で観て「ああー、いい俳優だなあ」と思いましたし。私もこの映画、好きですねえ。

  • 2009/02/15 (Sun) 09:48

    yukazoさんは原作読まれたんですのね。そしてやっぱり「飛ぶ夢をしばらく見ない」を思いだされた?そういうプロットの作品てあまり無いですものね。yukazoさんのお話聞くと、映画版は結局アイデアというか、骨子のところだけを原作から持ってきて、その骨組みを最大限に活かして、もっとこうした方がずっと良くなる、と思った方へ話を変えて行った、という感じなんでしょうね。原作はフィッツジェラルドの作品としては有名なわけじゃないし、映画の出来は素晴らしかったから、アイデアだけで原作として謳って貰ってフィッツジェラルドも得しちゃったってところでしょうかね。(笑)
    そして本当に、改めてブラピって、ただ華のあるスターだというだけじゃなく、俳優としていいものを持っているなぁと再認識させられましたね。監督がこの映画で伝えたかった事を十二分に伝えていたと思います。梗概を聞いて、こういう映画であって欲しいと願った通りの作品だったので、観ている最中から見終えた後までとてもカタルシスがありました。生きるということや、人生についてしみじみ思いを致させる、いい映画でしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する