うちの朝顔が咲きまして



咲きまして、と言うか8月の頭から咲いております、という感じではあるけれど、大好きな「桔梗咲き」がベランダで咲いておりますのよ。毎朝、毎朝ジャンジャンと。ふふふのふ。
映画やドラマの記事を楽しみにされている方には申し訳ありませぬが、今回はちと気分転換に、うちの朝顔の写真なぞをひとつ。
5年前に初めて買った桔梗咲きの鉢は、青紫と赤紫の2色の桔梗咲きでしたが、今年タキイから取り寄せた桔梗咲きはそこに白が加わって3色混合なんざますわ。白というのが、これまたなかなかいい感じでしてね。青紫と赤紫の花が多い中にぽちっと白が入ると差し色として効果満点。



きっと、3色が均等に咲くように種も配分されてあったんでしょうが、プランターに植えて芽が出るまでに淘汰があり、芽が出てからも、ちょっと雨風が強かったりすると、双葉から少し伸び始めたぐらいのところでご臨終になっちゃうものも出てくるんですわね。


色合いがなかなかいいざましょ? 桔梗咲き だから好き


ワタシの桔梗咲きもそんなこんなで、種を蒔いたものが芽を出して、その後、安定して蔓を伸ばすようになるまでに5分の2弱がうまく成長できずにオシャカになってしまいました。オシャカになってしまったそれらの中に白い花が咲くものがけっこう有ったのかもしれません。
結果として、青紫が最も多く、続いて赤紫、白は一番少ないという結果になったけれども、一応、3色全部咲いたから、ワタシとしては満足ですの。ある程度伸びた蔓の途中から新しく蔓が伸びて、そこにまた小さな蕾が沢山ついているのを見ると、わぁい、まだまだ楽しめるわ、と毎朝、水をやりながら、今年も長く朝顔が楽しめそうだ、とニンマリするわけですのね。



そして、蔓をできるだけ縦横に伸ばし、ベランダの窓辺に基一の朝顔図を現出しようというワタシの目論見は、まぁ、それなりには上手くいったんじゃないかしらんと、かなり甘い自己採点でOKを出してみました。同時にもっと沢山花が咲くとそれらしいんだけど、蕾は多いけれど同じタイミングで咲くものはそう多くないので、縦横無尽に乱れ咲く、という雰囲気にはなかなかならないんざますわね。でも、ま、ワタシ的には満足しております。


ワタシの桔梗咲き基一風(笑)

基一の朝顔図屏風(右) 

朝顔って、夏の間だけしか咲かないわけではなく、けっこう秋に入ってもよく咲くんざますわ。9月を通り越して10月ぐらいまでチラホラと咲くんですね。去年の朝顔は桔梗咲きではなかったけれども、かなり長らく花が咲きました。確か11月の初旬までチョロチョロと花が咲いた記憶があります。でもまぁ、ポピュラーな、いかにも典型的な、よくある朝顔だったせいか、けっこう長い間、毎日咲いたのに写真もあまり撮っていず、そういえば去年の朝顔ってどんなんだったっけ?と写真を探しても、ほんの数枚しか出て来ない有様。


去年の朝顔 まぁ、これはこれで悪くないんざますけれどね

それに引き換え今年の桔梗咲きは、やれ白が咲いたといっては写真を撮り、今日は花の並び具合がいいといっては写真を撮りで、かなり撮りまくっております。ナンタルチヤ。去年の朝顔となんたる差。差別はいけません、差別は。 …でも、仕方なくてよ。愛は残酷なものなのよ。ワタシは桔梗咲きを愛しているのよ。









というわけで、ワタシの愛に応えて、桔梗咲きはきりっと鮮やかに毎日よく咲いております。今回タキイから2袋取り寄せて(1袋の種の数はあまり多くない)、1袋の半分ほどを、やはりベランダで朝顔を育てたいという友にあげたのだけど、芽がでて蔓が伸び、葉っぱはそれなりに生えているものの、蕾は少なく、今に至るもさっぱり花が咲かないとか。友は2つのプランターのうち、1つに桔梗咲き、1つに去年の朝顔の種を蒔いて楽しみに水をやっているのだけど、どちらもサッパリ花が咲かないらしい。聞くと、友のベランダはあまり日当たりがよくないとのこと。やはりある程度の日当たりはないと、なかなか花は咲かぬのかもしれませんわね…。

ワタシがなぜベランダーになったかというと、そもそも花が割に好きだったところへ持ってきて、今のマンションは比較的ベランダが広いんですね。その上、そこそこ日当たりが良く、風がよく通るんですわね。だから、水さえやっておけば植物がよく育つ。花もよく咲く。去年買った鉢植えに今年もちゃんと花が咲く。新たに蒔いた種や、植えた苗も成長して花が咲く。よく咲くので面倒をみるのが楽しくなる。そしてそれらが翌年もまた咲く、というわけで、気づいたらいつしかすっかりベランダーになっていた、という次第。今年は花ばかりでなく、ゴーヤもよく繁って実が成ったけれども、巡る季節を彩って花がジャンジャン咲きましてね。だからベランダーはやめられぬのなりね、と改めて思った次第。でも、もしもベランダの日当たりが悪くて、花があまり咲かなかったとしたら、ベランダーにはならなかったかもしれませんわね。
ちゃんと咲かなかったら、つまらないから花の鉢を買うのはやめたかも。



朝顔がジャンジャン咲いている脇では、バラが折りしも三度目の開花を迎えています。来年はもう1種類、四季咲き大輪のバラをゲットしようと計画中。百合も今あるのとは違うオリエンタルハイブリッドの球根を入手して、秋に植えようと思っています。また、晩秋には藤の苗が届くことになっていますのよ。藤って難しいらしいんだけど、ベランダに藤の鉢があるなんてス・テ・キ!という思いつきに抗いきれず、難易度の高さを承知で苗を予約してしまったざますわ。来年の春、藤が無事に咲くといいんだけど…。

というわけで、早くも来年の春に想いを馳せつつも、秋に入っても目一杯咲くであろう桔梗咲きに目を細めるkikiでございます。

コメント

  • 2013/09/11 (Wed) 12:05

    ハイハーイ!kikiさん、こんにちは。
    桔梗咲きの朝顔さんたちは三色でしたか。オハイソな朝顔さん達。。。なかなか乙な風景ですね。「ワタシの桔梗咲き基一風」と「基一の朝顔図屏風」は構図的に蔓のしなり具合がよく似てますね・・・っとkikiさんのは写真が横なのね。でもとっても素敵ですわ。去年の朝顔ちゃん達もかわいいですよ。

    うちのベランダのこぼれ種から生えてきた名も知らぬ朝顔は、支柱代わりにギンバイカにまとわりついて手すりの一角をジャングルにしてましたが、夏じゅう花はほとんど咲かない。あきらめ半分ギンバイカは元気なので日よけがわりになって良かったかなと思っていたところ、今朝七つほど咲いてました!色はうすーいパープルで儚げですが。。。やっぱりお花が咲くって嬉しいナ~と素直に思ったよん。

    ところで、「ベニシアさんの四季の庭」今週土曜ロードショーですね。劇場をチェックしていたらジャンヌ・モローの「クロワッサンで朝食を」がまだ掛かっていたので先週の土曜に見てきたの。パリ16区、エストニア等々興味深い題材だったので私的には面白かったけれど、あのジャンヌ・モローが?!という感慨で一杯になってしまいました。
    さすがモロー老いても存在感あり・・・なんだけど「突然炎のごとく」や「黒衣の花嫁」のモローが好きだった私にはなんだか別人に思えて仕方なかった。彼女独特の色香がすっかり抜け落ちてるというか、それはそれで役者として別の味が出てきて良いのだけど。一緒に見に行った連れと話したのはシャーリー・マクレーンがよくやる役どころだね、と。お金には困らないけど気が強くてわがままな高齢のご婦人。でもバリバリ現役なのには頭が下がりました。
    あ、ベニシアさんの映画でしたね。14日行きたいけれど座席数が少ない小劇場で混雑が予想されるなり。人混みが苦手でね。でも大画面で予告編みたらやっぱり見に来たいと思ったことでした。

    ベランダに藤棚を作る気でしょ?kikiさん!果敢な挑戦に拍手です。期待してますわ。




  • 2013/09/11 (Wed) 23:00

    ジェーンさん こんばんは。
    桔梗咲きっておハイソかしらん。生垣とかに向いているらしいですけどね。
    基一の朝顔図は横長なのでね。桔梗咲きの写真も横に倒さないと雰囲気が出ないのよね(笑)

    ジェーンさんちのパープルの朝顔も咲いたんですね。めでたし、めでたし。
    西洋朝顔は秋に咲くものが多いんですってよ。これからジャンジャン咲くかもですわよ。

    そうそう、ベニシアさんの映画、この土曜日からなんですよね。来週あたり見に行かなくちゃ。
    あのTVと近いテイストなんだろうけど、TVには出て来ない部分も紹介されるのかもしれませぬわね。
    そうそう、東京でもジャンヌ・モローの「クロワッサンで朝食を」とベニシアさんの映画は上映劇場が同じです。クロワッサンとベニシアさんが入れ替えになるみたいですわ。「クロワッサンで朝食を」って妙に単館ロングランなので一応観てみたけど、ワタシの感想はイマイチだったかなぁ。まぁ、大体予想された通りだったけれども、可もなく不可もなく、ちょっと物足りないって感じでした。ジャンヌ・モローはスゴイ婆さんになっても相変わらず我儘を押し通し、女としても現役であるという、彼女らしい役ではありましたね。ああいう映画を婆さん主役に撮れるというのがおフランスのいいとこかなと思います。日本じゃありえないものね。岩下志麻みたいにキレイでも主演映画はかなり難しくなってきてる現状だし…。お志麻さんもフランス人だったら、いい企画が目白押しなんだろうに勿体ない。日本じゃ彼女のようなベテラン女優を活かせませんね。…と脱線しましたが、ベニシアさんの映画は観に行かなくっちゃですわね。ふほふほ。

    さすがにワタシも藤棚までは考えてませんわ。ともかく鉢植えで毎年咲くようにしたい、というのがささやかな願いです。はい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する