秋のバラフェスタ

-秋も花ざかり-


秋晴れの休日、郊外散歩にでも行こうかねぇということになり、折しも秋のバラフェスタ開催中だった、おなじみ神代植物公園へ。
神代植物公園へは年に何度か訪れておりますが、5月下旬の春のバラフェスタの旬の時期にはまだ訪れた事はないのだけど(何しろもう混雑が厭で)、秋バラは春よりは混雑が少ないのではないかと希望的観測を巡らせ、蕎麦と神代植物公園が大好きな友と連れ立って、秋晴れの日差しを浴びて東京の西の郊外へ。
神代植物公園のバラ園には、一面に見はるかすバラが咲いているのは知っていたんですが、春に比べて秋はどれだけ咲くんだろうねぇ、と思いつつ行くと、そんな懸念はさっぱり無用。秋にもバラが一面に咲いておりました。秋だけに咲くバラばかりじゃなくて、四季咲きのバラもかなり含まれるんだろうけど、晴れ渡った空の下に広がるバラ園の色とりどりの花々は壮観の一言。
バラのシーズンのお楽しみである、バラの香りのソフトクリームを舐めつつ、目の前にどーっと広がるバラ園へと足を踏み入れたワタクシら。


ほのかにバラの香りのするソフトクリーム 上品な香りと甘さで美味ざます





自分でもベランダでバラを育てているので実感することは、とにかく神代植物公園のバラは花が大きくて立派だねぇ、ということ。丈夫な花ばかりでなく、病気に弱い品種もあるのに、屋外で地続きの花壇に植えて、一株も病ませずに大輪の花を咲かせているというのは、さすがの一言でございます。日夜、丹精なさってるのねぇ。仕事とはいえ凄いわねぇ、と感心しつつ、花々の間を散策。






















神代植物公園のブルームーン レモンのような爽やかな芳香を放っておりました…いい香りなのよね…

なんだってそうもいたく感心したかというと、今年の6月、ずっと欲しいなぁと思っていた香りのよい青バラ系の品種・ブルームーンをバラ農園から通販で買ったのだけど、黒点病菌を保持していた株が来てしまい、ちょうど梅雨時期だった事も災いしてか、届いて二日か三日で、株の下の方から黒点のある葉っぱが出てきてしまったんですわね。しょうがないので、植物の病気に効くという薬液を買って来て与え、黒点病は収まったかと思ったら、梅雨に入って、今度はずっと元気だった従来から愛でている赤いジュビリー系のバラが菌をうつされて弱り、褐斑病らしき病気にかかり、棘も焦げ茶に枯れ、葉も黄色く枯れだして悲惨な事に…。それまで植物の病気などには無縁にベランダー生活を楽しんできたのだけど、今年はうっかり買ったブルームーンが病原菌の巣だったばかりに、見る見るへたっていく植物を眺める羽目に。可愛がっている植物が病むというのは、いかにトホホな気分のものなのかを初めて知ったワタクシざました。


毎年春から秋の終りまで盛大に咲いていたのに、こんな姿に…

ともかく病んで枯れた葉や茎を切り、薬液を与え続けてどうにか症状は食い止めたのだけど、結局、ブルームーンもジュビリーも、四季咲きなのに8月以降は花を咲かせる事ができずに秋に入り、いまや四季咲きのバラの開花シーズンも終りかけている始末。今年は体力をつけて病後の体を養い、来年またブワっと咲いてほしいものだと思いますが、どうなることやら。梅雨や台風など、雨の多い時期には病原菌の繁殖が活発になるので、ブルームーンなどの病気に弱い品種は、できるだけ雨に当たらないようにしなくてはいけないという事なども、今年、ベランダーとして学んだ事でざました。ただ、適当に水やっとけば咲くってわけじゃないのね。

元気な方のバラにまで菌が移って弱り、現状では2つのバラの鉢がそれぞれ花を咲かせるパワーがないので、もうひと鉢、冒険してみようと思い、神代植物公園の中の花売り場で、青バラ系のシャルル・ドゴールの苗をゲット。シャルル・ドゴールも、ブルームーンと並んでずっと欲しいと思っていた青バラ系の香りのよい品種でして、そうあちこちで売っている花じゃないので、チャンスとばかりに買うことにしました。今年はもう咲かないので来年のお楽しみらしいのだけど、来年、もし病み上がりのブルームーンがまだ咲かなくても、シャルル・ドゴールが盛大に咲いてくれればワタシ的には大満足。深紅のジュビリーの甦りにも期待したいもんでございます。


枝振りのいいシャルル・ドゴール 来年、沢山咲いてちょうだいな(花は写真)

植物公園から深大寺に下る坂の途中にある花屋さんも、このへんに来ると必ず覗いてみるお店。
今年は友も、ここでミニバラと、ぽちぽちと小さな紫の実のなる鉢を買いました。ワタシも何か紫系のものが欲しくなり、アメジスト・セージの鉢を購入。



セージはハーブだから、葉っぱからほのかに涼しい香りが漂ってきますが、秋には濃い紫の花が咲くんですと。いまは花の時期で11月の終りぐらいまで楽しめるそうな。…ふふふ、紫がいい感じです。

神代植物公園では、「秋のバラフェスタ」期間中、バラのカフェテラスや、バラ園コンサート、早朝の香りのモーニングツアーなどの企画で訪れる人をもてなしたようですが、何はともあれ、バラ園いっぱいに乱れ咲く各種のバラと、バラの香りのソフトクリームさえあれば、ワタクシらは大満足ですのよね。
植物公園では、バラ以外にもダリアが華やかに咲いておりました。ダリアってキク科なのね。知ってました?







それからもちろん、深大寺とくれば、蕎麦は欠かせません。深大寺通りぞいには両側にお蕎麦屋さんが何軒もあるのだけど、一軒だけ大層もない行列のできている店がありました。「湧水」というお店で、とにもかくにも大行列。行列を見ただけで並ぶ気が失せるぐらいに並んでいたのだけれど、何がどれだけ他の店と違うのか、好奇心は湧きますねぇ。ちなみに、店の玄関脇の蕎麦打ち場で、イケメンの職人さんが蕎麦を打ってました。
休日に行ったら、かなり待たないと入れないので、ここは平日にぽかっと休暇を取って深大寺を訪ねた時にでも行ってみようかしらん。あの行列は、職人がイケメンなだけでなく蕎麦が格別に美味いからに違いないものね(笑)

並ぶのが嫌いなワタクシらは、前にも一度入った事のある蕎麦屋さんを再訪。深大寺ビールと蕎麦を楽しみました。それから、深大寺参道入り口にある鬼太郎茶屋でカフェタイム。
友は、一反木綿のかんてんが入ったパフェを注文。一反木綿の目の吊り上がり具合がナイスな出来映え。





ワタシはおとなしくアイス・カフェオレ。ストローでカフェオレを啜りつつ、コースターに刷られた水木先生のご託宣を楽しむこともできるこのメニュー。「なまけ者になりなさい」という水木先生の嬉しいお言葉に、既にかなりの怠け者だけれど、ええ、もっともっと怠けますことよん、とニマニマしたワタクシでござるのでした。

やっぱり秋ってステキです。

コメント

  • 2014/11/26 (Wed) 15:05

    kikiさん

    神代植物公園のばら・バラ・薔薇。思い出します。この公園近くに住む知人がピースやブルームーンを撮って絵葉書を作ってくれましたっけ。

    kikiさんちのベランダはまだ花ざかりなんですね☆
    羨まし〜です。私んちは、カサブランカ以降ほとんど花がないベランダに逆戻り。昨年の疾風怒涛なんてかわゆいくらいの人生の嵐に見舞われてこの夏お花の世話ができませんでした。kikiさんがバラの病気と格闘中もエールを送れなくてごめんなさい。

    私もわけのわからないとこからクレマチスの苗を買っておじゃんにしてしまったり、懲りもせず近所のDIY店でペチュニアを購入したらこれもすぐに枯れてしまった。。。

    でもそんな時もkikiさんのお花を見て楽しんでましたよ。まるで昇り龍のように元気な藤や涼しげなアメリカン・ブルーいいなって。アメジストセージってメキシカンセージの事よね?以前友人宅のひろ〜いお庭にたいそう茂っていて感動したのだけど、次に訪ねたらきれいさっぱり無くなってた!友人は草花にあまり興味ないようでこのお花の名前さえ知りませんでした。モッタイナ〜イ!!

    嵐も一段落したので(笑)さてと、これから来春のお花の球根をしようかな。今回は浮気せずタキイさんに注文しましたww。そういえば昨年末から今春にかけて、友人知人の間でクリスマスローズがけっこう話題になってました。一人の方から苗をあげるって言われたのだけど育てるの大変そうだったので遠慮してしまいました。いつか育ててみたいと思っています。

    それから「ベニシアさんの四季の庭」やっと観ましたよ。やっぱりいつものベニシアさんでした!最後の“大事な贈り物は心の庭にある”って言葉にグッと来ました。心の庭・・・インナーガーデン。実際にお庭をもってなくても作れなくても心の中にあればいつでも幸せでいられますものね。

  • 2014/11/27 (Thu) 21:32

    ジェーンさん
    うちのベランダは、まだ咲いている鉢もある、という程度で、花盛りとまではいきません。
    人生の嵐に見舞われたんですか。ジェーンさん、なにか定期的にすごい事に巻き込まれているご様子ですが、大丈夫ですか?

    そういえば、クリスマスローズって流行ってましたね。
    手間ひまのかかる花はちょっと二の足ですね。ほったらかしておいても、適宜水をやっていれば育つ系の花が、一番気楽でよいですわ。

    「ベニシアさんの四季の庭」ご覧になったざますか。確かに、いつものベニシアさんでしたね。インナーガーデンね。現実に土のある庭を持っていなければ、心の庭を持つしかない、という感じもありますが、まぁ、それも大事な贈り物といえるのかもしれませぬね。

  • 2014/12/11 (Thu) 11:28

    kikiさん

    こんにちは!

    訂正です これから来春のお花の球根をしようかな
              ↓
         求婚!いえ、球根植えをしようかな

    “なにか定期的にすごい事に巻き込まれているご様子・・・”って、このご指摘大いに感じ入りました。現在の自分の状況が客観的に把握できたような(笑)今月に入っても、またまた結構な事に巻き込まれておりまするorz

    ですが「HOMELAND」のキャリーほどじゃないので(爆)ご心配なく!という事でHOMELANDの方にもコメント入れますね。

  • 2014/12/14 (Sun) 19:12

    ジェーンさん
    定期的に、一体なにに巻き込まれておいでですの?(笑)
    これから球根植えるんですね。ワタシは昨年の球根が再びそのままで芽を出すのかどうか試してみようと、チューリップもユリも、土の中にそのままにしてあります。さぁて、来年そのままでまた咲くのかどうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する