謹賀新年 2015



何かあっという間に新しい年が来ましたね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。元日はいつもからりと晴れる事の多い東京ですが、今年は鈍い雲の合間からちょっと陽が照ったかと思ったら、急に雲が垂れ込めてきて風が強くなり、小雪がちらつき、うっひゃぁ〜、寒い、と思いつつ屋内で集って飲み食いしているうちに小雪はさくっとやんで、また少し陽がさしたり、かと思うと曇りになったりと、実に奇妙なお天気でした。面白い。
2014年はみなさまにとって、どんな年だったでしょうか。
まずまずでした? 苦しかった? 横ばい? 一長一短?
ワタシにとっては、何かとイレギュラーな事の多かった年、これまでずっと動かずに膠着していた事がぶち破れた年、つまるところ、はからずも転機の年という事になるのだろうかな、と今、2014年を振り返って感じています。

しがらみを抜け出して気分的にとても自由なものを感じている、とでもいうのか、何か新しい局面が開けていきそうな、ワクワクすることが起こりそうな、そんな予感がしています。年が明けてこの元日は、どこにでも行かれて、なんでも出来るような、刹那的な万能感に満たされていたりして、妙に素敵な気分です。

ブログ関連で言えば、年々歳々、この映画が観たくて封切りを待っている、という作品が減っているのが物悲しいところではありますが、ここ数年はやはり映画よりも海外ドラマの方が質がいいものが多いので、幾つかの海外ドラマチャンネルで新しく始まるドラマの中に面白そうなものがあり、楽しみにしています。

映画館も次世代に突入しつつあり、もう3Dでは間が持たないのか、匂いや動きを体感できる4DXのアトラクション・シアターが登場してきて、どんどんディズニーランドチックになってきてますね。SFとかアクション大作とかを4DXで観るのも一興かもですが、そういうので観なくてもいいかも、な気分もあったりなかったり(笑)

それとやはり写真には興味があるので、今年は一眼レフ元年にしてみようかしらん、と思ったりしています。これまでも一眼レフについては、再々始めようと思いつつも手を出すに至らなかったのだけど、なぜかといえば、一眼の妙味というのは様々なレンズを時と場合に応じて使い分けるところにあるので、歩きながら思いつきでささっと気軽に写真を撮りたいワタシには、一眼は何かとヘビーすぎる、という点がネックなんですわね。でも、いつまでもコンデジというのも物足りないものね。写真て何かウズウズしますのよね。 ふほほ。

一眼に限らず、今年は幾つか、これまでやらずに来た事にトライしてみようと思っています。

昨今、また細かい地震が増えてきたのがちょっとイヤな感じでもありますが、光あるうちに光の中を歩め、というわけで、今年もあれこれと楽しんで参りましょう。

2015年が、誰にとっても意義深い、よい年になりますように。
今年も気ままにおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

kiki拝