「日本のいちばん長い日」

-昭和20年8月14日正午から昭和20年8月15日の正午まで-
1967年 東宝 岡本喜八監督



前に一度見た事があったのだけど、ヘビーな内容ゆえに、その気にならないとそうそう再見できない映画なので、暫くご無沙汰していた本作。先日、日本映画専門chで放映されたのを捕獲しておいて、たいそう久しぶりに鑑賞してみた。この映画は三船敏郎演じる阿南陸相の切腹シーンがやたらに印象が強いのだけれど、今回再見して、他にも忘れがたいシーンが沢山ある見事な群像劇だと改めて感じ、この映画の放つメッセージもしみじみと受け取った。

内容は説明するまでもないと思うけれども、一応、梗概を以下に。
広島と長崎への原爆投下やソ連の参戦など、日本の敗戦が決定的となった昭和二十年八月、特別御前会議でポツダム宣言の受諾が正式に決定した。だが終戦に反対する陸軍将校たちはクーデターを計画、一方、終戦処理を進める政府は天皇陛下による玉音放送を閣議決定する。終戦反対派は各部隊ごとにバラバラに行動を開始、やがて終戦を受け入れようとする師団長を射殺したり、玉音放送を中止すべく録音物を奪取しようとするなど、その行動が徐々にエスカレートしていく。(all cinema onlineより)

日本の映画やドラマは、不敬にわたらないように、今上天皇が劇中に登場する場合、俳優が演じるその姿をはっきりとは映さないようにしていた。崩御された後はその限りではないのか、嵐寛寿郎が明治天皇を演じたり、平成に入って以降は、昭和天皇も俳優が演じる姿がはっきりと劇中に映るようになったけれども、この映画が撮影された時点では、まだ昭和もまっただ中で、昭和天皇も勿論ご存命だったので、天皇を演じているのは松本幸四郎(現・幸四郎の父)だけれども、顔などは極力映らないように背後から撮ったり、引きで撮ったり、アングルを工夫したりしている。


昭和天皇としては、いささか頬の肉が付きすぎているという感じもするけれども…

そんなわけで顔や表情は映らないものの、先代松本幸四郎(のち白鸚)の昭和天皇としての演技はさすがの一言だった。国体の護持がおぼつかないゆえに降伏することに強硬に反対する陸相と、戦争終結を推進したい閣僚との間でもめに揉めて降伏が決議できない状況の中、二度目の御前会議で、「ポツダム宣言を受諾して戦争を終わらせよう」と静かにせつせつと閣僚達に告げるシーンは、やはり、じわっと来る。
「…国民が玉砕して、国に殉ぜんとする気持ちもよく分かる。しかし、わたくし自身はいかようになろうとも、国民にこれ以上の苦痛をなめさせることは、わたくしには忍び得ない」
自分にできることは何でもする、国民に直接呼びかけもするし、陸海軍の兵士たちを自分が説得もしよう、という昭和天皇の言葉に、閣僚たちは思わず嗚咽をもらす。

この午前会議を終えたあと、徹底抗戦を主張する部下の青年将校たちに囲まれた阿南陸相(三船敏郎)が、陸軍としては戦争継続を決めていた筈なのに、どうして考えを翻されたのか!と詰め寄られ、「天皇陛下はこの阿南に、お前の苦しい気持ちはよく分かるが、我慢してくれと涙を流して申された。自分としてはこれ以上反対を申し上げることはできない。不服の者は、この阿南の屍を超えて行け!」と一喝する。最後の一人になっても戦いたい、という兵士の気持ちは勿論分かるし、そうしたいのは山々だが、国は疲弊し、抗戦は現実的でなく、何よりも天皇が国民のために、もう無条件で降伏しようと言っているのに他の選択肢などありようがない。この板挟みの苦しさを、三船敏郎の阿南惟幾は抑えに抑えた演技で魅せる。常にエネルギーを臍下丹田のあたりにたたえて、板挟みの苦しみにじっと耐える阿南陸相。実際の阿南惟幾は三船敏郎のような男前ではないけれども、このような作品で三船のような俳優が力の限りに自分を演じてくれたことを、草葉の陰で喜んでくれているかもしれない。



戦争はただでさえ、ぬきさしならない集団ヒステリー状態だけれども、このような瀬戸際にあっては尚更にたわめられたエネルギーが暴発してしまう。阿南を取り囲む青年将校達はみな、血気にはやり、アドレナリン大放出状態で、目玉を剥いて、常に喉も裂けよとばかりに叫び、鼻の穴は広がりっぱなしである。その最たるものが畑中少佐を演じている黒沢年男だろう。終始、人だか類人猿だかさだかでない形相でワオワオ叫んでいた。
鼻といえば、常に小鼻を怒らせている感じの高橋悦史が映ると、ワタシはどうしても、その特徴的な鼻ばかり見てしまうことになるのだが、今回はいつもより更に鼻に目が行ってしまった。
死神博士こと天本英世も、降伏なんかあり得ない!と叫びまくる幽鬼のような将校を声を裏返らせて演じていた。



天皇の静かな決意表明により、ポツダム宣言を受諾することには決まったものの、終戦の詔書を審議するのが、これまた並大抵でない。文言を巡ってケンケンガクガク。一筋縄では進まない。海軍大臣の米内光政と陸軍大臣の阿南惟幾はある言い回しについて、互いの意見を主張しあって譲らない。が、そのうちに、意外にも米内が折れて阿南の主張に合わせる。降伏するというのに、陸軍と海軍でいがみ合っても不毛というものである。物事を前に進めるためには、どちらかが折れなくてはならないのだ。



飄々とした鈴木貫太郎総理(笠智衆)は、ポーカーフェイスでいながらも軸をぶれさせず、折々に舵取りをしながら、困難な手続きを進めていく。予定より大幅に遅れてどうにか詔書が出来、陛下の御名御璽をいただく、と言っている最中にも、児玉基地からは次々に特攻隊が飛び立って行く…。
詔書を巡って、内閣官房と宮内省、外務省の間でヤキモキしたやりとりが適宜入るのが、緊迫した場面でもどことなくユーモラスで、しかもリアルでいい。

詔書に全閣僚が署名をするシーンでは、三船敏郎が「阿南惟幾」と毛筆で署名するシーンがある(実際に映るのは阿南というところまで)。達筆だった三船敏郎。だから多分本人が文字を書いているのだと思うのだけど、大写しになっても堂々としていながら端然とした署名の文字が美しい。毛筆で美しい字を書く事ができるというのは、日本人としては基本的には持っていたい、奥ゆかしい教養だと思う。戦前の人は誰でもあるレベルの字を毛筆で書けたのだろうけれど、昨今は、ペンでもまともな文字を書けない人が増えた。殊に、男性に、コマバエを連ねたような、チマチマと小さく小学生のような未熟な文字を書く人が多いような気がするのだけど、いい年の大人がそんな文字しか書けないのか、とゲンナリする事も多い。しかし、男性がそういう情けない文字を書いている方が戦争にもならずに平和でいいのかな…と思ったりもする。微妙である。



鈴木首相を演じる笠智衆と阿南陸相を演じる三船敏郎の印象的なシーンがある。
午後11時を回って終戦の詔書を作成しおえたあと、阿南は、鈴木首相の執務室を訪れる。いろいろと強硬な意見を述べたけれども国を思えばこその事なので、ご容赦願いたい、という阿南に、よく分かっております、私はあなたの率直なご意見に心から感謝を。それもこれもみな、国を思う熱情から出たものです。と言い、鈴木首相はポンポンと陸相の肩を叩く。このあたりはいかにも笠智衆らしい雰囲気だ。



阿南は小脇に抱えた包みを開き、「南方の第一線から届けてくれたものですが、自分は嗜まないので、総理にと持参しました」と高級な葉巻の箱を渡す。その後、礼をして部屋を出ていく阿南の後ろ姿を見送りながら、笠智衆の鈴木総理は「阿南君は暇乞いに来てくれたんだね…」とポツリとつぶやく。この時の笠智衆の表情がえもいわれない。笠智衆は眉毛のあたりを少しメイクして、鈴木貫太郎に面差しを似せていた。茫洋とした雰囲気が、写真で見る鈴木貫太郎に少し似ていた。



思い込みの激しい青年将校に撃たれる師団長を演じている島田正吾も、出番は多くないのだけれどもしっかりと印象に残る。
小林桂樹は、いつもの飄々とした、とぼけた味を活かして玉音放送の録音盤を死守する徳川侍従を演じていた。機転を利かせて隠し場所を工夫し、いきりたった将校に殴られても、もちろん録音盤の在処は言わない。



「今更枢密院会議を開いて改めて終戦の儀を決定しなくても、もう終戦は決まってしまっているんですからね」という情報局の秘書官(江原達怡)に、情報局総裁(志村喬)が「いや、そうでもないよ。あらゆる手続きが必要だよ。儀式と言った方が正しいのかもしれないがね。…日本帝国の葬式だからね」と言う。
確かに、はっきりと終わった、という手続きは必要なのだ。葬式がそういうものであるように、儀式が人を納得させるという事もあるのだろう。



上記に限らず、登場する俳優はみな、それぞれに演じどころがあり、それぞれにキャラが立つように描かれている。大勢の人物が登場する群像劇ではあるが、ここまで見事に登場人物の全てに演じどころのある作品も珍しい。橋本忍の見事な脚本ありきではあるが、岡本喜八、まさに渾身の一作である。157分の長尺だが、全編を覆う緊迫感とテンポの良さは澱みなく、しかも重いテーマを描きながら、時折コミカルなシーンも挟み込みつつ、情に訴える場面では、心の底にしっかりと届く余韻を残す。

宮城に、降伏を潔しとしない不穏分子が雪崩こんだころ、阿南は自宅でしめやかに遺書をしたため、白木の短刀を脇に置いて切腹の準備をしていた。当初は徹底抗戦派だった井田中佐(高橋悦史)と、竹下中佐(井上孝雄)がその傍に侍っている。いよいよ切腹するという阿南に、自分も後を追う、と井田は叫ぶが、阿南は井田の頬下駄を張り飛ばし、「死ぬよりは生き残る方がずっと勇気がいるのだぞ!」と諭す。そして、お前たちは生きて「生き残った人々が、二度とこのような惨めな日を迎えないように、なんとしてでも、そのような日本に再建してもらいたい」と言う。

このセリフこそが、この長い映画の肝である。



そして、あの壮絶な切腹シーンとなるわけだが、三船敏郎の渾身の力演で、本当にその腹部から真っ赤な血が吹き出しているのではないかと思えてならない迫真の切腹シーンは、見ている方も痛みを感じてしまいそうなほどにリアルで、壮絶でいながらも、しかし品格があり、端然としている。



確かに印象的だし、ショッキングでもある。しかし、ワタシは今回、切腹シーンよりも、その前に阿南陸相が部下の将校たちにせつせつと訴える「生き残った人々が、二度とこのような惨めな日を迎えないように、なんとしてでも、そのような日本に再建してもらいたい」というセリフが深く心にしみた。このセリフこそは、今こそ、日本人ひとり一人が、心に刻まねばならないセリフなのではないかと思う。

終戦の間際まで、それぞれの立場で国を思えばこそではあるが、血を流し、争いあって、もつれながら意思を統一し、どうにかこうにか戦争の幕引きをして、多くの犠牲の上にやっと手に入れた平和なのだから、70年やそこいらで易々と手放すような事をしてはならないのだ。もう二度と、こんな事を繰り返してはならないのである。
国益を守るのも、隣国とのトラブルを解決するのも、血を流さずに、外交手腕を磨いて舵取りをしてほしいものだと切に思う。それこそが政治家の目指すべき道ではあるまいか。

この夏、松竹で制作された本作のリメイク(原田眞人監督・脚本)が封切りになる。普通の映画なら、岡本喜八のメガホン、橋本忍の脚本のもと、邦画を代表する名優達が全員必死に演じていた、この見事なオリジナルがあるのに、今更、現在の俳優でリメイクなんて笑止な…と思うのだろうけれども、昨今、年ごとにキナ臭い方向に近づきつつあるような今の日本の様子を見ていると、今、活動している俳優たちによって新たに演じられた「日本のいちばん長い日」が新たに放つメッセージが、せつせつと濁りなく日本中に浸透するといいのだけど…と願わないわけにはいかない。
ただ、それだけ。

コメント

  • 2015/05/14 (Thu) 14:51
    結構良い映画だったと思います

    結構良い映画だったと思う。この原作を書いたのは、実は当時「文芸春秋」の編集者だった半藤一利さんです。

    一番印象的なのは、最後に江原が、「なんでこんな面倒な手続きをするのでしょうか」と聞くのに対して、志村喬の下村情報局総裁が、「儀式が必要なんだ、日本帝国を終わらせる儀式が」と言うような内容の台詞を言うところです。
    安倍晋三に見せたくなる映画の1本ですね。

    あの原田真人がリメイクするの? 『椿三十郎』並になるのでは。

  • 2015/05/14 (Thu) 22:29

    kikiさん

    この映画は1967年製作ですか~48年の間に監督も俳優もスタッフもみな鬼籍の人となってしまい、改めて戦後70年もたったのだと感慨に耽ります。
    でも戦後70年だろうが100年だろうが戦争体験者が誰もいなくなろうが、同じ過ちを繰り返すことほど虚しく愚かなことはないです。菅原文太さんは晩年、国のやるべきことは国民を飢えさせないこと、戦争をしないこと、この二つしかないと発言してましたが...前の世代の渾身の表現を次の世代が継承していくことを望みます。

  • 2015/05/16 (Sat) 11:20

    実際は半藤一利が書いているというのは知っています。この映画が制作された頃は版元の社員だったので大宅壮一の名前しか表に出せなかったということですね。

    その下村総裁の「日本帝国の葬式だからね」というシーンは本文中にも言及しています。日乗さんにとっては、そこが一番印象的というわけですね。

    安倍晋三がちゃんと観るといいんですけれどね…。
    リメイク版の質がオリジナルの足下にも及ばないのは自明のことですが、今回は、新しく作って世間の耳目を集めることに意義があるのかな、とは思っています。

  • 2015/05/16 (Sat) 11:33

    ふうさん
    もう、50年近く前の映画なんですよね。戦後70年て、長い歳月ではあるけれど、風化させてはいけないので、折節、引き継いでいかないといけないんですよね。「前の世代の渾身の表現を次の世代が継承していく」ことが出来ればいいですけれど、出来は及ぶべくもなくとも、心構えだけは引き継いで問題提起できればいいのかな、とは思います。何もしないで手をこまぬいているよりもね…。昨今、みな、漠然とイヤな予感に晒されているのは間違いないですし。

  • 2015/05/20 (Wed) 00:02

    この映画が封切られる直前、宣伝を兼ねた番組がテレビで放送されました。
    当時まだご存命だった本物のひとたちが、映画の場面の思い出を語っていました。かなり史実にもとづいた映画であることが、テレビを見ていた私にも分かりました。

    素晴らしい映画感想文だと思うのですが、この映画は安倍晋三氏よりも中国と中国共産党の首脳たちこそ、見るべきだと思います。

    どう考えても、安倍首相や日本の自衛隊から中国に対して先制攻撃する可能性より逆パターンの可能性が高いのは、尖閣諸島の領海周辺を見れば自明ですよね。

    • リベラリスト #-
    • URL
    • 編集
  • 2015/05/22 (Fri) 01:08

    リベラリストさん
    そんな特番が放映されたんですね。随分昔の映画だけど、当時からそういう宣伝もしてたんですね。

    確かに今の状況だと日本の首相よりも、中国共産党の首脳たちが観た方がいいのかもですが、あの連中はまず観ないだろうし、観たとしても何も変わらないんじゃないかと思われます。残念ながら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する