いま、なぜかひそかな欣也波



北大路欣也という俳優には従来から格別興味もなく、そういえば大昔に「八甲田山」で頑張ってたなぁ、というぐらいな認識しかなかったのだけど、ワタシの愛する敏ちゃんこと三船敏郎をとてもリスペクトしてくれているという一点で、ほのかな好感は持っていた。
このキンヤ氏に昨今、ひそかに波が来ている気がする。



すっかり念頭になかったキンヤ氏の名を予想外な人から聞いたのが、ワタシがキンヤ波の来始めを感じた最初だったのかもしれないが、去年の春だったか、一昨年の秋だったか、年若い友人のhちゃんが、「早く家に帰った日はキンヤさんの出る時代劇を観るの。あの人ステキ!」とのたまったので、え゛?!キンヤって北大路欣也?あのウタさん(天下御免の市川右太衛門)の息子のキンヤ?と何度も念を押し、「ウタさんて誰?」と逆にポカンとされてしまった。
彼女がその時観ていたのは「八州廻り 桑山十兵衛」とかいう時代劇で、欣也が何者かも知らないのに、何故か「あの人イイ!」とhちゃんはぽうっとしていた。ことわっておくと、hちゃんはけして普段からオヤジ好きではなく、日頃好きだと言って騒いでいるのは伊藤英明だの小栗 旬だのという、いかにもOLが好きそうなラインである。
前にも書いた事があるが、彼女は垢抜けたオシャレさんで、一般のOLというよりは、人に見られる事を生業としている人が出すようなオーラを醸し出している。本人の努力もあるが、とにかくそこいらに山といる、という感じのOLではない。(この前、夕刻の銀座を歩いていたら黒服にバイトしない?とスカウトされたらしい。ワタシはソフトなストーカーに待ち伏せされて尾けられた事は2度ほどあるが、残念ながら銀座を歩いていて黒服にスカウトされた事はない)そんな具合なのでhちゃんは男女とも身なりに構わないとかイケてないという人が大の苦手。そうかと思えば、誰が見てもキラキラ、というのでもない人の中に意外な良さを発見する目も持っていたりして、なかなか面白い女子である。外見的には女子としてかなりのレベルでカワイイのに、中身はとっても男らしいという血中メス度の低さに加え、かなり独自の見解に基づいて色々なものをジャッジしていて、人を見る目もけっこう鋭いので予想外な面が予測しないところでパっと閃くのが面白いのだ。そんなわけで、時折、突拍子もないものをイイ!とか言うのだけど、この「キンヤにウットリ」なども、まさに久々の予想外の発言だった。
「なんか暑苦しいオッサンて感じじゃない?」と言うと、「ドラマ観てるだけだけどさ、人としてイイって感じがするんだよ、そういう空気が滲んでるのよ。kikiさんも観れば分かるって」と力説していたが、どうしても「八州廻り?」を観る気にはならず、その魅力のほどは分からなかった。

そのあたりから、「いま何故かキンヤ」というさざなみは知らぬところでうち寄せていたと思われるが、この欣也氏が再びゴールデンタイムに進出してくるようになったのは、「華麗なる一族」の出演あたりかもしれない。あれも、主演が大の苦手のオレオレタコラ先生だったし、ドラマそのものも全く興味がなく、キンヤ氏のスチールを見ても、「うわ!もみ上げだけ白髪って…」と引いてしまったので、余計に何がいいのか理解不能となっていた。


それとは別に、当初シリーズが始まった時はイマイチっぽく感じ、なんでこれ続けるんだろう、と首を捻っていたソフトバンクのホワイト家族シリーズCMが、昨年あたりからたまに出くわすとちっと面白いかも、と思うようになってきた。
継続は力。最初はスベっていた気のするホワイト家族だが、数を打っているうちに段々当ってきたみたいだ。キメの一言がいつもきっぱりしている白いお父さん犬の一言にカタルシスも覚えるようになったが、あのお父さん犬の声は北大路欣也なのだと最近知った。(知ってました?) 意外なところに忘れていたキンヤ登場である。



最後に断固として一言、家長としてキメるお父さん犬のひと声。
あの声がキンヤ氏だと分かった時、いま、何故キンヤ波がきそうになっているのか(もう既に来ているのか)が、少し分かった気がした。

コメント

  • 2009/03/22 (Sun) 13:33

    カイ君の声が北大路欣也なのは有名じゃないでしょうか?あのギャップがいいんですよね。っていうか、よくその仕事引き受けたなあ・・・と(笑)。
    ちなみに私は北大路欣也というと、「独眼竜政宗」のお父さん、輝宗のイメージが強いです。北大路欣也を見るたびに「あ、輝宗父さん」と思ってます(笑)。

  • 2009/03/22 (Sun) 20:57

    mayumiさん。みんな知ってる常識なのですのねん、お父さん犬の声が欣也氏というのは。ワタシ、あまりテレビ観ないのと、周辺の人もその件については知らない人が多かったんで、そう一般的じゃないのかしらんと思ってましたわ。でも欣也氏だと思って聞くと「黙って聞け!」などの一声に余計説得力が増しますね。(笑)「独眼流政宗」にも出てましたっけ。覚えてないわ~観てたんだけど。あれ、ゴクミが超キレイだった事が凄く印象に残ってるんですよ。主演の世界のケンさんの次に印象強くて。そうですか。あれに欣也氏が出ていたのねん。

  • 2009/03/23 (Mon) 00:32

    北大路欣也だなんて、kikiさんにしては珍しい。
    そういう私は・・・実は昔は結構好きだったりしましたが~(笑)。
    見た映画は少ないけれど「戦争と人間」「朝やけの詩」「火まつり」など。そういえば「仁義なき戦い」は未見なんだわ。テレビでは、渡辺淳一原作の医師ものとか・・・さなざまな役を演じてましたね。正義感あふれる男らしいまっすぐな男というキャラが多かったかな。大河は「竜馬がゆく」に始まってかなり出てたと思いますね。独眼流の他に「炎立つ」でも確か渡辺謙と親子役で共演してるはず、あの二人は合うんですね。
    彼は芝居がうまいし声も良い。そして何より役者としての姿勢が良いみたいですよ。kikiさんの後輩hちゃんの「人としてイイって感じがする」は当たってますね。
    若かりし頃は今よりもっとハンサムだったし、いい体してたしって、ふふふ。
    あ、私もソフトバンクのCMの声、知らなかったわ~。上戸彩がどーも苦手でこのCM、せっかく樋口加奈子が出てても、好きになかったんだけどだけど、kikiさんと同じで最近慣れてきたのか、フツーに見れるようになって来ましたよ。

  • 2009/03/23 (Mon) 07:04

    欣也氏は、そんなに色々と出てたんですか。ワタシはもう、欣也氏といえば「天は我々を見放したか!」の八甲田山のイメージしかないんですわ。その後ボーンと飛んで昨今の白髪のもみあげ姿になっちゃうんですけどね。そうですか。ジョディさん、お好きでしたのねん。欣也氏。確かに声がいいですね。でも若い頃はともかくあんなオッサンになってから、いまどき女子のhちゃんを魅了するとはかなり意外でした。北大路欣也、侮り難し。そして、やっぱりジョディさんもお父さん犬の声が欣也氏だというのはご存知じゃなかったのですのねん。あまり世間一般的に誰でも知っている、という事でもなさそうですわね。知らない人の方がワタシの周辺には多いし。あのCM、かなりイマイチだと思ってたけど、最近やっとふふふ、と思うようになってきましたわ。缶コーヒーのBOSSもそうで、トミー・リーのシリーズになって最初は「この惑星とか言ってるけど、星じゃなくて日本じゃないのよ」とか、面白くもないのに幾つもパターン作るわね、とか斜め目線だったんですが、昨今少しだけ面白くなってきた気がします。このへんのCMは同じプランナーだと思うんだけど、一本ごとのクォリティがさして高くなくても、いろんなパターンをジャンジャン流してすり込ませ、浸透したところで、少しだけ内容を面白くする、という感じで作っているように思いますね。…って、まぁCMの話は別にいいですね。ふほほ。

  • 2009/03/23 (Mon) 20:03

    え~、ワタシもソフトバンクのお父さんの声は知らずに面白がってましたワン。
    昨日ね、BOSSの缶コーヒーのCM見て吹いちゃったわ!欣也氏と紋次郎が出てる「食後の余韻」って商品で、欣也氏は終始ここでもお父さん状態です。笑えます!見ましたか?

    • 吾唯足知 #uqr/pqJA
    • URL
    • 編集
  • 2009/03/23 (Mon) 23:01

    吾さん。「食後の余韻」CMはまだ見てないわ~。それが出たって事は、トミー・リーのシリーズは終わったってことなのねん。何しろ朝出かける前におはよう番組をちらっと観る他は、限られた番組しか観ないから、その間に提供スポットで入ってこないとなかなかCMって観られないのよね~。でも、今度出くわすのを楽しみに致すわ。ふふふ。

  • 2009/03/23 (Mon) 23:35

    あら?そのCM、私も注目してますよ~♪ 吹越満も出てます!最近のCMでは、なかなかの出来なんでは? そういえば紋次郎の敦夫さんもニヒルでかっこよかったっけね、昔むかし。
    こうして二人が推してるんだから、kikiさん是非見なくちゃですね~。

  • 2009/03/23 (Mon) 23:53

    そんなにお薦めされちゃ見ないわけにいきませんな。というわけで、偶然出くわすのを待ってたらいつになるか分からないので、サントリーのサイトへ行って見てきましたよ「食後の余韻」。BGMが「ひまわり」ってのがいいですね、はははは。あの大袈裟なメロディが妙なおかしみを醸してて。吹越 満の木っ端秘書っぷりもピッタリですわ。そしてもみあげの白髪を利用して日本のドン状態のキンヤ氏と間延びした紋次郎。紋次郎、年取ったなぁ。確かに昔はニヒルだったんだけど…。でも今見ると楊枝が長すぎてちと滑稽ですけどね、木枯し紋次郎。ふふふ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する