ソメイヨシノがなくっても

−味わい深い東北の春−



今年は桜が早くて、東北の桜も4月の下旬に満開になり、GWにはすっかり散ってしまうということに。
桜と紅葉は盛りの時期に行き当てるのが本当に難しいざますね。
でも、桜ばかりが花でもないさ、と出かけた5月初めの東北の旅は、なかなか楽しい、いい旅でした。




今年のGWは東北に行きたいと思っていたワタクシ。桜も間に合うかもしれないし、と予約を取ったのは3月後半。でも東北の桜は4月に咲き、散ってしまい、ガッチョ〜ン!花は無しか〜とガックリ。でもまぁいいか、温泉もあるし、と気をとり直し、随分前にスキーと温泉で山形に行ったことがあるだけで、ほぼ未踏の地である東北を旅してきました。
今回は秋田、青森、岩手をサックリと。記事は文章控えめ、風景写真どっさりで(笑)



まずは、秋田の角館。確かにソメイヨシノは散っちゃって、もう、葉っぱは青々してましたが、角館は武家屋敷の風情が良かったですね。ワタシ的には金沢とかの武家屋敷街より角館の方が好ましい感じでした。









花は終わったと言っても、しだれ桜はまだ所々残ってるものもあって、その盛りを過ぎた名残の姥桜的な風情もなかなかOKでした。








角館名物の「ババヘラアイス」シャーベット風味のアイスでバラの花のような盛り付けが特徴とか

角館を流れる桧木内川。この川の堤は2kmにわたるソメイヨシノのトンネルで花の時期は壮観らしい。花がなくても、いかに壮観かは想像できましたわよ。



この日は秋田の温泉に宿泊。露天風呂と源泉かけ流しの大浴場でたっぷりと温泉に浸りました。やっぱり温泉はいいですね。夕餉にはビールと日本酒で美味しい食事もさらに美味しく。ふっほっほ。

一夜明けた翌日は青森へ。
りんごの花が見頃だというので、まずはりんご公園へ。


秋田から青森へ


お岩木山 常にてっぺんに雲がかかっていて、山頂まですっきり見えることは稀らしい


りんご公園

可憐なりんごの花




こんな派手な色のもあるんですねぇ


足元にも可憐な黄色い花


丘の上には見晴らし台 この日は雨のち晴れで、嵐が丘という感じの空模様が面白かった

可憐なりんごの花もいかにも青森らしくて良かったのだけど、ワタシ的に今回の旅のハイライトは弘前公園でした。ここもソメイヨシノは終わっていたのだけど、枝垂れ桜や八重桜、鬱金桜などはまだ健在で、静謐な弘前城の佇まいを華やかに彩っておりました。歩いているだけでα波が出るような美しい公園で、大変にけっこうざました。


お堀の水に散った桜の花びら











当初、今回は東北の桜のタイミングを外したな、と諦めていたのだけど、弘前公園、やってくれました。八重と枝垂れが日差しの中で微風にふるふると揺れる様は、夢の中のようで、実にウットリする光景でした。








花にウットリしながら東内門をくぐると


緑の向こうに天守閣






桜祭りも終わっていたせいか、この日は観光客もさほど居ず、でも晴れて良い天気になっていたし、ソメイヨシノ以外の桜もかなり咲いていたので、散策にはベストな状態でした。桜とお城、じんわりと堪能しましてよ。

今回の東北旅は、この後、岩手の中尊寺なども巡ってなかなかに盛りだくさんな旅でした。
中尊寺は、金色堂の写真は撮れないので、本堂など、撮れるところをちょこちょこと。


中尊寺の本堂

本堂の山門内から外を臨む

金色堂の入っている建物 いわば外箱のようなもので、この中に金色堂が安置されております


中尊寺の中庭かな 奥に茶店がありました

秋田、青森、岩手と周った今回の春の東北旅。東北は、名所と名所の距離がかなりあり、ポツンポツンと点在しているので、あちこち巡るには車が好都合ですね。東北自動車道は快適に流れていて、福島や仙台のあたりでは、高速の脇に野生の藤がわんわん咲き乱れているのが散見されました。野生の藤は放ったらかしておいても勝手にあんなに咲くのに、なんでうちの藤はなかなか花芽が出ないのかしらん。過保護にしすぎて花芽が出ないのかしらん。野生環境に習って、ちっと厳しくするかなぁ、などと思ったりもした東北の春旅でした。

ともあれ、東北。なるほど、いいですね。あまり行った事がないので新鮮だったし、かなり満足度の高い旅でした。なんかちょっと病み付きになりそうです。

コメント

  • 2016/05/16 (Mon) 23:31
    No title

    kikiさん、
    ばぁばです。たびたび訪問しておりますが、あなたのあまりにも整然とした評論のような記事には、それなりの長さのコメントが必要な気がして、ついつい躊躇しているうちに、時が過ぎるという感じで、失礼しております。
    栗原はるみさんの記事はとりわけ面白く、いつか、感想を、と思っているあいだに、自分のブログのほうが忙しくなって、これまた失礼してしまいました。

    よいご旅行をなさいましたね。さすがです。角館はいつか行きたいと思っている場所です。
    リンゴ園の見晴台、いいなあ、出かけてみたい、とうずうずしてきました。
    弘前公園も美しい、枝垂れと八重の配合は最高ですね。

    これだけ好感度の高いブログを書いていらっしゃるkikiさんのご旅行計画に質問があります。
    今回お宿はどういうところになさったのですか?
    ぜひお教えいただきたいです。
    それと、私はいま、ひざを傷めており、旅行を先延ばしにしておりますが、角館、リンゴ園はかなり歩くのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  • 2016/05/17 (Tue) 23:37
    Re: No title


    ばぁばさん こんばんは。
    コメントはお気の向くまま、短く書いていただくのもよし、長く書いていただくのもよし、いずれでも歓迎でございます。

    東北、前から一度行かねばと思っていたんですが、今回、春に旅することができて良かったです。角館、とてもナイスでしたよ。駐車場から武家屋敷街まではさほどの距離でもないですが、膝を痛められているとなると、どうかな…。
    りんご園は専用駐車場があり、車を降りたらもうりんごの木が目の前に並んでいるという感じですが、見晴台には坂道を登っていかねばならないので、膝が痛いとしんどいかもですね。
    いずれにしても、膝のお加減がどの程度かにもよりますが、回復されてから行かれた方が楽しめるのは間違いないですわ。

    今回の宿は秘湯系の温泉地にある和モダンの宿でした。とってもいい雰囲気でじんわりと温泉が心身にしみいる、という感じでしたよ。ふほほ。

  • 2016/05/28 (Sat) 23:56
    No title

    Hi,kikiさん!

    連休明けから超忙しかったので書き込み遅くなりました。東北旅行記、文章と写真で堪能させていただきました。西日本に住む私には未だに東北って遠くてユーミンの昔の「緑の町に舞い降りて」って曲(30数年前?)の♩MORIOKAというその響きがロシア語みたいだった〜ってイメージから抜けられないのです(笑)

    弘前公園の思いもうけぬ光景がより印象的な旅の思い出となったようですね。なんだか私もその場に居合わせたかの様な錯覚に陥りました!ああ、私も東北自動車道に乗って旅がしたいなぁ。5月に山道を走っていると桐の花もよく見かけます。藤の花と似ていますが少し色味が藤より青いのですぐにわかります。

    kikiさんちのお藤さん今年剪定されたら来年はきっとバッチリですよ!私もそのうち青薔薇にも挑戦してみますわ。今はピースとラ・フランスのお世話で精一杯なの。でも本当に薔薇が咲くとその花びらまで愛おしくなりますね。では、またの旅行記楽しみにしています。

    あ、それから何だかいま日本の桜が大変革の時を迎えているようで街路樹には病気に弱いソメイヨシノに代わってジンダイアケボノが植えられているようです。原木は神代植物公園にあるそうです。う〜ん名前からして強そうな桜ですね。

    • ジェーン #io8unDfk
    • URL
    • 編集
  • 2016/05/30 (Mon) 00:14
    Re: No title

    ジェーンさん
    旅記事、楽しんでいただけて何よりざます。
    そうそう、ジェーンさんが東北に行くとなると、ほぼ日本縦断って感じになりますよね。日本も狭いようで案外、広いざますわ。

    東北、一度訪ねてみる価値ありですよ。風景が、東北はやはり特有の空気感をもっていて、空とか山とか、何か忘れ難いです。

    桐の花って見た事ない気がしますよ。見ていても認識してないだけかな。見てみたいけど。

    バラが咲くと嬉しいですよね。この時期、他の花も芽吹いて日々蕾が大きくなって、今かいまかと咲くのを待っているのは楽しいですわ。最近の品種はバラも病気に強かったりするのだけど、青薔薇は弱いざますわ。シャルル・ドゴールもブルー・ムーンもご臨終となりました。梅雨と真夏を乗り切らせるのが至難のワザです。でもそのうち挑戦してみてください。きっと気に入りますよん。

    ジンダイアケボノがソメイヨシノに取って代わっていってるんですか。知りませんでした。神代植物公園も季節代わりに割と行くところなので、その桜も見てるんだろうけど、認識してないんでしょうね。ジンダイアケボノか。覚えておこうっと。

    で、そうなんですか。京都。そこは寡聞にして知りませんでしたわ。いいことを教えていただきました。来年にでも、その夢のような楽園に是非、行ってみたいと思います。狂気のように写真撮りまくりそうだな(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する