上々台湾(シャンシャンタイワン)第一夜

−秋の台北ぶらり旅 その1−



今年の秋こそはは欧州へ!と思っていたのだけど(何か毎年そんなことを言っているようだけれど)、何しろ1週間程度まとめて休みが取れないと欧州へは行かれないし、休みがとれたとしても外務省が発表しているテロ危険度の高い国に、行きたい国が指定されていたりして、しょうがない、近間でサクっと行くかねぇ、ということで台北にトリップしてきました。

積極的にではなく消去法という感じで決まった今回の台北旅行。なぜなら、近間では香港も上海もハノイ(ベトナム)もシェムリアップ(カンボジア)もランカウイ(マレーシア)もバンコク(タイ)もバリ(インドネシア)行ったことがあり、アジアで行っていないのはシンガポールと韓国と台湾(ついでにラオスも)あたりなのだが、シンガポールにはあまり食指が動かず、ラオスに行くなら5つ星のクラシックホテル、セタ パレス ホテルに泊まるために行く、ということになるけど今回はあまりそういう気分ではなく、金を使ってわざわざ韓国に行くなどワタシ的には論外中の論外なので、残ったのが台湾だったという次第。そういえば茶藝館という魅惑のスポットもあるわけだし、台北とか悪くないかもね、ということで、仕事を片付けて気分よく台北へ。

今回の台湾旅行では試してみたいことが2つあったワタクシ。1つは外国といっても凄く近いのでLCCを使ってみるということ、もう1つは現地でプリペイドSIMを買って自分のスマホをそのまま使い続けてみる、ということ。

で、初のLCCは、機体にボーイングを使っているというのでシンガポールのScoot(スクート)にしてみたのだけど、結構リーズナブルらしいのでLCCでなくキャセイパシフィックかデルタにすれば良かったな…とちっと後悔しました。なぜなら、スクートは行きはまだいいのだけど、帰りは早朝出発の便になるので、深夜にホテルをチェックアウトしなければならない、そして郊外の桃園空港に向かうために車を手配しておかなくてはならない、など厄介事が発生しますのね。台北駅から空港に向かうリムジンバスは24時間やっているようだけれど、さすがに深夜は本数が少ないらしいし、混むと乗れない可能性もあるので、あらかじめ迎えの車は手配しておくことに。



その他、スクートは機内での映画や音楽など事前申し込み制で有料、食事も有料、毛布も有料など、LCCなればこその設定になってるわけですが、とにかく台湾は近いので、食事もいらないし、映画も見なくていい、毛布もいらないとなれば別に有料でも無関係。LCCというのは預かり手荷物が有料なのが殆どらしいですが、今回、ワタシが申し込んだ席はあらかじめ20kgまでの預かり手荷物と10kgまでの機内持ち込み荷物料金が含まれたものだったので、その点での面倒はありませんでした。

成田を飛び立つまでは相変わらず滑走路の順番待ちが長く、毎度ながら、いつになったら飛ぶんだよ、と思うぐらいに待って待ってやっとテイクオフ。どうにかならんか、これ。羽田を再び第1の国際空港に戻すのはいいと思うけど、いずれにしても羽田も成田も滑走路をもっと増やさないことにはねぇ…。それがそう簡単にいかないから難儀しているわけだけど(笑)

ともあれ、サクッと飛んで台北に着き、やれやれ着いたから今度はSIMを買わなくちゃね、と思ったのだけど、仰天したのは入国審査の大行列。時間帯的に中国からの便がガンガン到着したのと重なってしまったせいか、手続きを待つ人々の列がつづら折れになって幾重にも連なり、見ているだけでもゲンナリするような光景でしたわ。台湾ていつもこんなに混んでるの?たまたま重なっただけ?いずれにしても、ここを抜けないとどうにもならんわ、というわけで、目に付いた銀行のカウンターで先に両替をしてから、しぶしぶと列に並んで待つこと小一時間。


列を折れ曲がって折れ曲がって進み、やっとカウンターが見えてきた…

やっと順番が来て入国審査を通ったものの、今度は荷物受け取りのベルトコンベアのどこにも、スクート便の荷物が回っていない。なんと、入国審査を通り抜けるのに時間がかかりすぎて、その間にスクートの時間帯は終わってしまい、次から次から着く便の荷物を回さなくてはならぬため、どこかに取り除けられているらしい事が判明。シェーーー!!なんてこった!とにかく、入国審査にこんな行列はワタシ的には初めての経験でしたわ。その間にスーツケースもどっかに行っちまうしさ。ぶつぶつ。
で、怒りつつスクートの係員を呼び出そうとカウンターに行くと、なにやらベルトコンベアの脇に固めて置かれているスーツケースの一団が。その中に紛れもなくアテクシのケースもありましてよ。あらやだ、こんなところに! でもまぁ、ちゃんとあったからいいか。やれやれ。ほっと一息だよ。

というわけでどうにかケースに巡り合って、「中華電信」のブースへGo。SIM売り場は入国審査の手前のところにも3つほど店があるのだけど、何かあった時のために通話もできるSIMをゲットしておこうと思っていたので、それならば中華電信のSIMがよさそうだ、と事前にチェックしておいた次第。実質3日分あればOKだったのだけど、余裕をもって5日分のプリペイドSIMを購入し、その場でセットしてもらいました。



ワタシのスマホは1年前まで大手キャリアのiPhoneだったのだけど、使い勝手は良くないし、2年縛りが終わっても料金が下がらないどころか却って割引がなくなって高くなったりしたのでほとほと愛想を尽かして解約。以来SIMフリーのスマホを使っているのだけど、そういえば海外旅行の時にはSIMを入れ替えるだけで自前のスマホが旅先で使えて便利だ、と思ったのも変更した理由だったっけ、と今回思い出した次第。ワタシのスマホはデュアルでSIMを挿せるタイプなので、なくさない用心に、日本のSIMはスロット2の方に挿しておいてもらいました。スロット2は2G回線の通話用のSIMを入れるスロットなので、現地では使わない日本のSIMを紛失防止のため挿しておくにはちょうどいいんざますわ。海外でスマホが使えると便利なのは、ご存知Google mapが活用できるからというのが大きな理由ですわね。値段もお手ごろで5日間ネット使い放題、無料通話も50台湾ドル分付いてくる、というのは悪くないざます。

そんなわけで、両替して、入国して、SIMをゲットし、いざ、バス乗り場へ。宿泊予定のホテル最寄にバス停のある路線バスの切符を窓口で買い、小一時間かけて台北中心部へ。台北には2つ国際空港があって、郊外にある桃園空港は成田みたいなもの、台北市内にある松山空港は羽田のような感じなのかな。松山空港に着く便の方が便利なのは当然だけど、LCCは桃園離発着が殆どのようざます。今回はLCCを使ってみるという方針だったので、これはまぁしょうがないのね。

どうにかホテルに着いたのは夕方。このホテルは台北の中山エリアに位置していて、どこに出るにも便利そうだし、周辺にも色々な店があり、コンビニも各種そろっているし、MRTの駅も徒歩10分圏内と立地がすごく良いのと、部屋も落ち着いていて悪くなさそうだったので決めたのだけど、正解でした。ワタシはクラシックホテル好きで、泊まりたいホテルがあるからそこに行く、という旅もけっこう多いのだけど、台北には特にどうしてもここに泊まりたい!というホテルはなかったので(Wとかのおしゃれホテルにも食指動かず、中華的キンキラキン世界の円山ホテルにも興味が持てず)、今回は中の上クラスの、落ち着いた居心地のいいホテルにした次第。
部屋に入って一息ついてから、フロントで、近所に美味しい小籠包の食べられる店を教えてもらい、早めの夕食に。


定番中の定番ってところだろうか

当初は飛行機を降りて入国したら、空港で軽く何か食べておいて、夜はしっかと美味しいものを食べよう、と思っていたのだけど、入国審査の大行列で予想外に時間を食い、空港には殆どこれという店もなく、バスで台北市内に入る頃にはけっこうとっぷりと日も暮れて完全にお腹も空いてしまったので、改めてどこかに出かけるよりも、徒歩で行かれるところでとにかく夕食を食べたい!という気分に。とりわけ、飛行機の中からもう頭の中が小籠包とビール、小籠包とビール、という感じでぐるぐるとイメージが巡っていたので、何はさておき、それらを食しに行かなければ!って気分に。

教えてもらったお店は徒歩6分程度。かなり日本人の客が多い店のようだったけれど、繁盛していてお味もけっこうざました。


店の入り口の脇に調理場があり、せっせと小籠包などをこさえていた

ここで脳内に渦巻いていた小籠包と台湾ビール(青島ビールのような味)と牛肉麺を賞味。かなりの満腹感でほーーーっと長く息を吐きました。気持ち良くホテルに帰ると、バスタブにやや熱めのお湯を張ってゆったりとバスタイム。
いや〜、疲れた体に熱めのお湯が染みわたるね。至福至福。

お風呂に入って一息ついたら、台北名物の夜市をひやかしに行こうと思っていたのだけど、考えたら翌日は夕方から九份に行くバスツアーをセットしてあるし、お風呂に入ってマッタリしてしまうともう出歩く気になれませんわね。今夜はもう部屋で寛ぐことに決め、のんびりとTVを見ながら就寝。台湾ではNHK BS1、BSプレミアム 及び NHK国際放送が入るんですわね。へ〜って感じだけど、いかにもだな、という感じもあり。まぁ台湾に来てまでNHKを見なくてもいいので、BBCやCNNのニュース番組、およびHBOなどで映画やドラマを流しているのを見るともなく見ているうちにいつしか眠ってしまった第1夜でした。BBCやCNNでは間近に迫った大統領選関連のニュースで持ちきりって感じ。そうか、もう11月だものね。そろそろよね。ここに来てトランプが優勢になってきてるらしいけど、さてさて、どうなることやら…。

というわけで、続きは次回。

コメント

  • 2016/11/11 (Fri) 06:51

    kikiさん、お帰りなさい。
    ご旅行、大変楽しまれたようで。
    台湾!
    今、近場で一番行きたいところです。ちょうど先週末にテレビで台湾グルメ特集やってたので(台湾グルメ特集自体しょっちゅうやってるけど)。
    食べ物は美味しいし、親日家も多いし、場所場所も見所があったのでは。
    今回のように、なにかテーマ性をもって旅の仕方を練ってゆくと楽しいですよね。LCCも結構問題起こってましたし、イミグレは他社より後回しになるのかしら?



    • Sanctuary #V0sVL5lk
    • URL
    • 編集
  • 2016/11/12 (Sat) 02:11

    Sanctuaryさん どうもどうも。
    台湾、なかなか癒されましたわ。何がいいって、近いけど異国、というのが一番いいですかね。あまり遠くに行く時間もないし、飛行機に長く乗っていたくもないけど、日本じゃないところに旅に出たい、という時にもってこいだと思います。

    イミグレ後回しになったわけじゃなくて、ただ、その時間帯にものすごくたくさん飛行機があっちこっちから到着しちゃったんでしょうね。それにしても前代未聞の行列でしたよ。いつもあんなだとエライコッチャ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する