2017年の全豪が始まる

−錦織圭、またもヘビーなドローを引き当てる−



テニス・ファンになると、ほぼ1年中トーナメントが楽しめて、シーズンの開幕まで何ヶ月も待たなくていい、というのはありがたいな、と思う。とにかく1月からすぐにトーナメントが始まり、なんだかんだでTOP選手は11月まで公式戦をやっている。師走だけがオフで、年が明けたら、またすぐにシーズンが始まる。
というわけで2017年のシーズンが始まり、いよいよ最初の大イベント、全豪オープン本戦が迫ってきた。


年明けすぐの、全豪の前哨戦となるブリスベン国際準決勝でワウリンカを倒して決勝に進出した錦織だったが、決勝で絶好調のディミトロフと打ち合っているうちに臀部に痛みが発生。大事をとったのか無理に勝ちにいかず、準優勝で今シーズンをスタートさせた。それでもひとまずポイントを5000台に乗せ、全豪の前に4位のワウリンカとの差を145ポイントまで詰めた。

*****
グランドスラムのドローはまず4つの大きな山に分かれて選手たちがそれぞれトーナメントを戦い、それぞれの山から準決勝進出者(ベスト4)が勝ち残るという道筋だ。4つの山にはそれぞれ第1シードから第4シードの選手が入り、第5シード以降は4つの山のどこかに振り分けられていく。1〜4シードの選手は互いに準決勝まで当たらないのである。だから錦織は昨年10月に上がった4位をキープして第4シードに入りたかったのだが、パリのマスターズとロンドンのファイナルズで狙い通りのポイントを積めなかったので、一瞬上がった4位から1つ落ちて5位(第5シード)のスタートになった次第。

さて、それでは全豪のドロー運やいかに、と目を凝らしていると(2017年度全豪オープンドロー表)、錦織はまたもやマレー山になってしまった。しかも怪我から復帰のフェデラーもこの山で、17シードなどという低いシードのため、4Rあたりで錦織と当たる可能性がある。フェデラーを破っても準々決勝でマレーに当たる。マレーを破らないとベスト4にはたどり着けないという、なかなかに厳しいドローだ。

錦織の初戦の相手はクズネツォフで、楽な相手ではないだろうが、あのミュラーじゃなくて良かったじゃない、とワタシは思った。錦織が昨年、スイスインドアで苦戦した左利きのビッグサーバーである曲者ミュラーは年明けからかなり好調のようだが、今回、彼が入ったのは第3シードのラオニッチの山。錦織の厳しいドローに対してラオニッチは楽ドローだという見方もあるようだけど、そうかねぇ。ラオの山もけっこう厳しいんじゃないかと思われる。


全豪直前のアピア国際で33歳にして初タイトルを獲得 今期は絶好調か曲者ミュラー

ラオニッチのドローは、1Rブラウン、2Rミュラー、3Rシモン、4Rアグー、準々決勝ナダル、準決勝ジョコ、決勝マレー という流れと予想される。(2R以降はその選手が勝ち抜いてくれば、という感じになる)
殊にも2Rのミュラー、3Rのシモンあたりは曲者なのでラオも自慢のサーブが入らなければけっこう苦戦するのではなかろうか。ゆえにナダルと当たるまでに消える可能性もある。また、この山には新鋭アレクサンダー・ズベレフもいて3Rでナダルと当たるので、もしかすると準々決勝にはナダルではなくズベレフ弟が出てくる可能性もある。またナダル×ズベレフの勝者とモンフィスが4Rで当たる可能性があり、もしかするとラオ山の準々決勝にはモンフィスが出てくるかもしれない。ラオが準々決勝まで来て相手がモンフィスだったら勝ち抜けられそうだが、ズベレフやナダルだったらそうもいかないのではないかという感じがする。この辺もなかなかおもしろそうだ。ファンの人がいたらすみませんが、ワタシは、都合が悪くなると足が痛いとかいってシレっと棄権し、デ杯や五輪はパスして、ひたすら効率よくポイントを取る事ばかり考えている計算高くて可愛げのないラオニッチが好きではないので(あのお獅子みたいな顔も、インパクトの際に舌を出すのも、胴が短すぎて脚が長すぎるのもなんだかイヤだ。ただの難癖なのだけど…)、楽々勝ち上がってベスト4に入ったりするのは見たくないし、全豪はそうはならないのではないかという気がする。この山から準決勝に出てくるのがズべレフ弟だと凄く面白いんだけど、さて、どうなるだろうか。


計算ポコちゃんラオニッチ

第2シードのジョコビッチ山には、TOP10選手としてはティエムが入った。ティエムはいい奴っぽいので好感は持っているが、ジョコビッチの刺客にはなれなかろうので、準々決勝まで来れば、まずジョコがベスト4に残るのは間違いないだろうとは思うけれども、今回のドローはジョコにとっては序盤がややハードなのではないかと思う。ジョコ山にはベルダスコが入り、ジョコと初戦で当たることになった。ベルダスコは全豪の前哨戦の1つであるドーハの250大会で、あわやジョコに勝ちかけたファイターである。きっと捲土重来を期して臨むにちがいない。ジョコも二度も同じ冷や汗をかきたくないのでガッチリと対応策を講じそうではあるけれど。このベルダスコを乗り越えると、ジョコは4Rで、ブリスベンで錦織に勝ったディミトロフと当たる可能性がある。ディミがジョコに勝てるとも思えないけれども、簡単に負けることもない気がする。ディミは今年、絶好調でシーズンを始めたので、かなり善戦するのは間違いないだろう。もしかするとやってくれるかもしれないし。(…う〜ん、無理かな)その他、ジョコ山にはゴファンも入っているが、ゴファンもジョコを止められるとは思えない。この山ではベルダスコとディミの健闘に期待したいと思う。



今回、4つの山の中で一番楽だと言われているのが第4シードのワウリンカの山。この山にはTOP10としてチリッチがいるが、チリッチは今年最初の大会(チュンナイの250大会)で1回戦でコケているので、全豪でベスト4まで上がってくるかどうかはかなり疑問だ。(ワウリンカとチリッチは調子の波が激しく、いい時と悪い時の差がまさに雲泥の差なのが特徴)
この山にはキリオスもいて、かなりのダークホースであると大方のテニスファンは思っているし、ワタシもそう思う。いま、膝を痛めているらしいのだけが懸念事項だが、炸裂してほしいものだと思う。


キリ坊 大暴れよろしくね

ワウリンカは昨年、全米で優勝してからなかなか好調モードに戻れず、今年最初のブリスベンでも錦織に本気で勝ちにいって負けていた。脚が少し調子が悪いという感じもあるので、もしかするとこのワウリンカの山から準決勝に抜け出してくるのはキリオスではないかと思われる。キリオスが出てきたら面白い。キリ坊も膝を怪我して万全というわけでもないらしいのだけど、地元開催のグランドスラムだし、大舞台に強いキャラだし、調子に乗ったら大爆発しそうな気配はある。すべてはワウリンカが獰猛な月の輪熊になるか、捨てられた子犬のような目をした小熊になるか次第だろうとは思うけれども、キリオスの爆発力に期待したい。


強い時は凄く強いが、弱い時は格下にスコっと負ける そこが憎めないピンクの熊さん

*****
錦織のドローは確かにタフなので、決勝までたどり着くのは至難の技だ。今回はマレーを倒してベスト4に出られれば上出来という感じではなかろうかと思う。ベスト4に残れたとしても、その先の2試合を勝ち抜く体力が残っていない気がする。
本人も今年はまずマスターズで優勝する事を目標にしているらしいので、グランドスラムは、優勝!というよりは、できるだけいいところまで行きたい、という感じなのだと思う。いずれにしても現時点では、2014年の全米準決勝で勝って以降、負け続けているジョコビッチに勝つ方法を見出していないので、決勝でジョコに立ちはだかられたら負けてしまう状況は変わらない気がする。
こうすれば勝てるという方程式を見つけ出すとともに、過剰な苦手意識を変えないとジョコには勝てそうもない。錦織は不必要なまでにジョコに恐れ入りすぎている感じがする。そんなものはサラリと捨てて、ケツを捲っていかないといけません。


どこまで復調したのかは、全豪で明らかになるのだろう

さてさて。
今年、錦織はマスターズで優勝できるのか。希望的観測を含めると、年間9大会もあるんだから1つぐらい優勝できるのではないかとは思う。ドローでジョコとは違う山に入り、ジョコを途中で誰かが負かしてくれたら、かなり可能性は高くなるだろう(笑)
今回も、デルポトロが出場してジョコ山にでもノーシードで入ったとしたら、かなり面白かったろうと思うのだけど、デルポは昨年11月末にデビスカップ決勝で頑張りすぎて、1月からトーナメントに参加するには休養が足りないという事で欠場となった。残念だけれど、2月から戦列復帰らしいので、残りのグランドスラムやマスターズで大暴れしてくれる事を期待したい。

*****
全豪は誰が優勝するだろうか。昨年後半の乱調から少し立ち直りかけているらしいので、ジョコがやはり最有力だろうとは思われる。マレーは昨年後半のような連戦連勝状態が続いたら凄いとは思うが、今年はややトーンダウンするのではないかしらん。どうかしらん。全豪の優勝は何となく無いような気がする。ともあれ、当面マレーの1位は変わらないだろうけれど。


ナイト爵を受けることになったマレーはどこまで1位をキープできるか

ワウリンカが優勝するには、今回は何となく勢いが足りない気がするし、ラオニッチも最大限行きついて準決勝止まりだろうと推測。
だからといって、またジョコが勝つんじゃ面白くも何ともないので、錦織が優勝する可能性が薄い以上は、誰かダークホースに飛び出してきてほしい気持ちしきりである。キリオスかズベレフ弟が準決勝に出てきて、ジョコとマレーを脅かしたらかなり面白くなると思う。その辺も含めて全豪を楽しみたい。もちろん、錦織がマレーとの準々決勝を突破してさらに勝ち進む事ができればいうことはないけれど。まぁ、あまり年の初めから過大な期待は抱かずに、広く全体を楽しみたいな、という気分ではある。

なにはともあれ千里の道も一歩から、という事でまずは初戦に勝たなきゃね。
錦織の初戦は、なんと初日(1月16日)の第一試合とか。
まずはここを無事に勝ち抜けるかどうか、刮目しましょう。

コメント

  • 2017/01/19 (Thu) 11:08

    kikiさん、こんにちは。
    広島に旅行に行っておりました。厳島神社や弥山、その他市内を観光しておりました。牡蠣をたらふく食べてきました。
    さて、コリコリKei頑張ってますね。
    初戦、あれだけ苦戦して3時間以上闘って辛くも勝ったけどこの先どうかなぁと思って2戦目…本領を発揮して勝ち進んでますから、体力面は心配ないかなあ。
    この先、フェデやマーレー、ジョコとぶつかる可能性あり。
    立ち塞がる高い壁であります。
    えぇ!?フェデラーはランキング17位ですか。わたしは今も彼の苦虫を噛み潰したような顔とスウィングが好きなので、コリコリがフェデと闘うとなると同時応援となりそうです。
    ダイジェストで結果のみの鑑賞ですが、密かに楽しみにしております。

  • 2017/01/19 (Thu) 15:43
    No title

    kikiさんこんにちは。
    いよいよ新しいシーズンが始まりました。

    とはいえ、kikiさんのおっしゃるとおりオフがたったの1ヶ月、
    ほとんど年間通してやってる感がありますね。
    特にデ杯が絡んでくるとますます大変、
    錦織くんからもそのあたりの日程をどうにかしてとのコメントもありました。
    見かけによらず、ほんと過酷なスポーツですわ。

    デルポくんは休養不足ですか。
    出ていないのでひょっとして手首の故障が再発?と心配しておりましたが、
    長いシーズン、年間通しての調整とあらば残念ですが致し方なし。

    今年こそビッグ4でタイトルたらい回しの状態を抜け出せるよう、
    次世代にがんばってほしいものです。
    そしてそれを牽引するのがわが錦織くん、デルポくん、ちょっとお気に入りの
    きらきら王子様ズベレフ弟くんであってほしいな~。

  • 2017/01/20 (Fri) 23:10
    Re:

    Sanctuaryさん こんばんは。
    年明け早々に旅行ですか。いいですねぇ。広島ってまだ一度も行ったことないんですわ。有名な尾道には一度行ってみようと思ってるんですけどね。

    で、コリコリですが、ご期待通りにフェデおじと当たることになりましたよ。ベルディヒ戦、まさか一応TOP10のベルディヒがストレートで負けるとは思わなかったけど、ほぼ手も脚も出ずに負けちゃって、ベルディヒが出てきたほうがコリコリ的にはかなり楽だったろうと思うんだけど、復活フェデおじが勝ち抜けました。正直、かなり調子が良さそうだし動きも速いので、コリコリが勝てるかどうかは五分五分のような気がしますが、ジョコも敗れ去り、マレーもまだ本調子じゃなさそうなので、フェデおじを倒せば、かなり優勝が現実的になってきますわね。乾坤一擲、ここはフニャコリに頑張って男になってもらいましょう。

  • 2017/01/20 (Fri) 23:23
    Re:

    akoさん こんばんは。
    全豪もいよいよ佳境に入ってきましたね。
    デ杯については、地元開催だし、コリコリは1回戦に出るだろうと昨年までは思ってたんですが、年末にいろいろなインタビュー番組を見たりしているうちに、もしかすると出ないってこともありうるな、と思ってたら、やはりフランス戦は出ないことにしたようですね。国や日本テニス協会には去年さんざん五輪やデ杯で奉仕したので、今年から向こう3年ほどは、個人のタイトルを取る方に時間を使いたい、というのが本音だろうと思うし、もう27になっちゃったから正解の決断だと思いますわ。ウカウカしてると光陰矢のごとしだものね。

    デルポはとにかく1年を通して怪我なくプレイするために、手首を十分休めて全体の状態がよくなってからツアーに参加しようって感じみたいですね。アルゼンチンでトレーニングを開始しているようです。パンツ一丁で筋トレとかしてるようです(笑)

    今年はマレーとジョコのTOP争いかと思ったら、ジョコが予想外のところで転げ落ちましたね。3位と差があるから当面2位はキープするだろうけど、あれだけ闘争心が薄らいで集中力も落ちると、勝負の世界で勝ち抜いていくことはできなさそうです。やはり、もう燃え上がるものが無いんでしょうね。ジョコがTOPを覆わなくなると、いろんな選手にチャンスが出てくるので見ている方にとっても今年は面白いシーズンになりそうですね。ジョコに立ちはだかられなければ、コリコリにもかなりチャンスが増えてくるでしょうし。今年はトーナメントごとに楽しい試合が多そうでワクワクです。

    ズベ弟は次はナダル戦ですね。ナダルに通用するのか、あるいは勢いで凌駕できるのか、非常に楽しみです。お獅子っちことラオニッチにはそろそろ敗退してもらいたいんだけど、どうなりますかね。ふほほ。目が離せませんね。

  • 2017/01/22 (Sun) 15:29

    kikiさんこんにちは。

    全豪。NHKで深夜に放送してくれてるのでわたしも見ることが出来ています(●´ω`●)

    テレビの方かから歓声が上がったりするとチラと顔を上げて、丁度いい具合に入るスローモーションでプレイをチェック…なんていうダラダラ見なのですが…(^^;)

    長時間だからつい、何か他のことをしていまいます。夕べなんてナダルの試合を放送してたんですが、途中でお風呂に行っちゃいました(^.^)

    今夜、錦織とフェデラーが激突するということで、私はリアルタイムでは見れませんが、草葉の陰から応援の念を送りたいとおもいます!

    民放の何かの番組で、錦織がグランドスラムで勝つには、もっと楽にポイントを取れるようにならねばならないと指摘されていて、その通りだとおもいました。
    そのために錦織は、相手をコートの外に弾き出すサーブを打ち込むことを体得して来たそうですが、そういうサーブがいっぱい決まれば良いなと思います!
    観戦する立場からすると、白熱したラリーの末の1ポイントが最高に盛り上がったりするんですけどね♪
    でも、最強サーブを身に付けて、優勝してほしい♪
    トロフィーを掲げて達成感の中にいる錦織を、みたい!!

    kikiさんのブログで、こんな選手もいるんだぞとキリオス等の存在と、それぞれのキャラを知り、なんとなくキリ坊良いんじゃないかと、思い始めています(^.^)

    さぁ錦織!
    頑張ってもらいましょう!!

    (現地の日本人応援団、礼儀正しく応援頼みますよ、、ですね!)

  • 2017/01/23 (Mon) 01:18

    edyさん こんばんは。

    全豪はNHKも錦織の試合メインにカバーしているようですね。残念ながらフェデラーとの対決は負けてしまいましたわ。集中力とここという時のショットの精度がフェデラーの方が上だった感じです。ま、次の機会にリベンジですね。

    確かにテニスの試合は長いので、なかなかずっと見ているのは大変ですわね。ワタシはサッカーがそんな感じで、とても最初からずっと見ていられません。というか、サッカーは全然見ないかも(笑)テニスだったら見られるのに不思議だな、と時折思いますわ。

    錦織は体格、体力的にもグランドスラムはちょっと取れないんじゃないか、という気がしていますが、マスターズの方だったら今年1つぐらい取れるかもしれませんわね。ひとまずマスターズを取りに行くんじゃないかなと思います。マレーの調子が戻らないうちにサクっと取ってしまえればいいですね。

    キリ坊、今回は割りに早く2回戦で負けてしまいました。最初はリードして飛ばしてたんだけど、相手に粘られているうちに集中力が切れてきて逆転された感じです。彼の場合はメンタル面がネックなんですわね。なにせ、何がどうでも!という感じでテニスに打ち込んだりできないタチらしいので(笑)

    P.S.
    「草場の陰」というのは「あの世」という意味で、陰ながらひそかに、という意味ではないので、ご用心ざます〜。ぺふぺふ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する