kiki、献血を拒否されるの巻

先週末の開花状況

先日、会社に赤十字の献血隊が来た。会社ぐるみで献血に協力しようということだが、強制ではなく任意で、献血してもいいよという人は決まった時間内に献血会場にあてられた大会議室へ行き、献血してくるという仕組みだ。
ワタシはこれまで、ついぞ献血というものをしたことがなかった。街角で声を限りに献血を呼びかける声が耳に届かないわけではなかったが、それは大体、夏場のげんなりするほど暑い時だったりして、こんな時に献血でもないでしょう、またの機会にね、なんて思ったりして…。(言い訳)

そんなわけで職場まで来てくれるなら、仕事の合間にちらっと気分転換にもなるし、自分の血についても調べられるし、それで献血も出来るなら一石三鳥じゃないの、というわけで、午後2時過ぎ、そろそろ眠気が襲ってくるころに献血ルームに向かったら、予想もしない結末がワタシを待っていた。(大げさ)

なんとなんと、採血お断りをくらっちゃったのである。すすんで捧げに行ったのに、お断りですよ。ナンタルチア。

血を採る前に現在の健康状態や、飲み続けている薬があるか、既往症があるか、などを書く欄があり、特に持病もないし、従って飲み続けている薬もないワタシは全て「ない」にチェックした。ただ、XX年からXX年の間にイギリスに旅行したことがあるか?という項目もあり、まさにその期間中に二度、旅行に行っている、と書いたら、受付のおじさんは非常に困った顔をされた。

「この期間に間違いございませんか?」

「はい、まさしくその期間内ですけど」

「ああ?、そうですか?。あ?……残念ですねぇ。その期間にイギリスでクロイツフェルト・ヤコブ病(いわゆる狂牛病)が発生していたので、イギリスに旅されて一泊以上された方は用心のため、献血できないという決まりになっているんですよ、いまのところ」

「へ!?そうなんですか?」

「そうなんですよ。…大変に残念ながら」

おじさんは本当に残念そうだった。あまりに巷で献血してくれる人が少ないので、赤十字が企業に協力を頼み込んでわざわざ献血隊が出張して来るぐらいだから、本当に血を集めるという事は至難の業なのだろう。ワタシなどは見るからに健康そうな上に、自分からすすんで献血に来たのに、それを狂牛病の時期にイギリスに行ったというだけで(それも、もうかなり前の事だというのに)断らなければならないというのは無念この上なかったのだろう。その狂牛病コードはあと1年か2年すると外れるとかで、「その暁には是非、またお願いいたします」とおじさんは言い、こっそりと「それまでの間に献血してくださろうという時には、イギリスにその時期に行った、というところをノーチェックで出していただけると…」なんて余計な事まで口走っていたが、まぁ、よくよくの事なのだろうと察しられた。

そんなわけで、うちのフロアでも、折角血をあげようと思ったのに指定期間内のイギリス渡航歴が引っ掛かってお断りを食ったという人がワタシ以外にもちらほらと居て、受付係のおじさんはその度、無念な思いをかみ締めたに違いない。献血しよかしらん、という人に女子が多く、とっとと行って少しぐらい献血してきたら?と思われるようなオッサンらが「…いや、遠慮しとくわ。血をみると貧血おこしちゃうから、ボク」とか「注射針が苦手なんだよね…健康診断で血を採られるので、もうイッパイイッパイなんだよねぇ」とかヤワな事を言って席を動こうとしないのも、さもありなんと思われた。が、こういうオッサンらはあまり成分のいい血を持っていそうもないので、献血しないほうが世のため人の為かもしれない。それにしても、忘れた頃にヤコブ病の影はまだ長く伸びていた。ひとつ何か伝染病が発生すると、長らくいろんな事に影響が及ぶわけである。
こんにち、世界はますます狭くなり、献血ひとつにも様々な要素が絡まり合って一筋縄じゃいかないのよねん、と改めて思ったkikiでございました。

コメント

  • 2009/03/30 (Mon) 22:29

    そうそう。ダメなんですよね。イギリス。
    私の友人もイギリス留学していたから献血断られたって言ってました。
    ちなみに私は献血ってしたことないです。健康診断でいつも血液検査ひっかかるので(全体的に成分薄いんです)、きっと私も断られると思います・・・。あと、血管細くて採血さえやっと採ってる状態なのに(←看護婦泣かせ)、献血はさらに難しそうです・・・。

  • 2009/03/31 (Tue) 07:17

    そう、ダメなんですよね、イギリス。献血してみようと思うまで、ついぞそんな事でお断りを食うなんて考えもしませんでしたけど。そういえば、血管がなかなか出なくて採血が難しい人っていますよね。mayumiさんは看護士泣かせの血管だったんですね?(笑)
    あと、見るからに元気そうな人が、いざ採血してみると血が薄くて結局献血に至らなかったという例もあるようですね。血が薄いのはやはり女子に多いのかな。

  • 2009/03/31 (Tue) 07:46

    断られた理由がそーゆーことでしたのね。ワタシの職場にも年に2~3度、大型献血車がやってきて人様に差し上げるものが血くらいしかないので、せっせと献血に向います。が!8割ほどの確率でワタシも断られます。比重不足ってやつですな。おまけにDrが「貧血気味ですからね~」と言いながら、チラッとワタシのネームプレート見るから恥ずかしいのだ。(職名も記してるから) 「お疲れ様でした」と言われつつ、しっかりジュースだのお茶だの戴いてしまうオバチャン化。血が薄いのは女子に多しよ!kikiさん、折角のチャンスもったいなかった…1度是非献血してみてね。

    • 吾唯足知 #uqr/pqJA
    • URL
    • 編集
  • 2009/03/31 (Tue) 22:46

    吾さん。うちの職場には年に一回の割りで献血隊が来ていると思うけど、今年初めて献血しようと行ったのに、拒否られるとはビックリでしたわい。狂牛病シードを外れたらまたトライしてみるけど、今度は別の理由でお断りを食ったりしてね(笑)ドロドロ血だからダメです、とか言われないように気をつけようっと。吾さんは貧血気味なのねん。あなたったらあんなに栄養価の高そうなものばかり食されて貧血だなんて(笑)マラソンのためにも血を増やして体力と筋力を増強せねヴぁ!じゃないのぉ~?ワタシも献血できなかったにも関わらず、御菓子や飲み物をくれたので、頂きましたざんすわよん。次回はちゃんと献血してお持たせを貰いたいもんでございますル。

  • 2009/04/03 (Fri) 11:50

    こんにちは。私は痛いの苦手ですが献血は好き(?)でよくしていたのですが、何時の頃からかイギリスに該当年に行った人は駄目!って事で献血出来ません。街頭で必死の形相で献血をお願いしているんだからよほど血が足りないのでしょうが、私が進んで提供しようとしているのに断られちゃうんですよ!私なんてたった3,4泊しかもかなり昔のことなのに・・・買い物で歩きつかれた時など少し痛いの我慢すれば飲み物、お菓子付でゆっくり座って休憩出来るし、健康チェックにもなるので良いのですよ。おばさんチックな発想だけど!勿論世のため、人のためでもありますが(爆),

  • 2009/04/05 (Sun) 09:11

    Rikoさん。ワタシの友にも、若い頃から献血が趣味の人がいますわ。献血手帳を見せてくれたりして、ふぅ~んと思ってましたが、他人事のような顔ばかりしていずに、いい加減一度ぐらいは献血してみなくちゃね、と思って行ったのにお断りなんかされると意気阻喪しますわね。まぁ、指定期間内の英国旅行チェックを外れたら、Rikoさんも献血生活に戻ってくだされ。ワタシの周辺でも血が薄いってことでお断りを食らっている人がけっこう居たので、献血がちゃんとできるという事だけでも十分に健康の証にはなるかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する